遊城十代LV.40 8000点安定周回デッキ

Pocket

遊城十代Lv.40を安定して8000点周回できるデッキを紹介します。




遊城十代40

遊城十代LV.40のデッキ構成

 

  • メインデッキ(20枚)

 

「E・HERO ネオス」×1

レベル7、光属性・戦士族、攻守2500/2000の通常モンスター

 

「E・HERO ネクロダークマン」×1

レベル5、風属性・戦士族、攻守1600/1800の効果モンスター

テキスト
(1):このカードが墓地に存在する限り1度だけ、自分はレベル5以上の「E・HERO」モンスター1体をリリースなしで召喚できる。

 

「E・HERO エアーマン」×1

レベル4、風属性・戦士族、攻守1800/300の効果モンスター

テキスト
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このカード以外の自分フィールドの「HERO」モンスターの数まで、フィールドの魔法・罠カードを選んで破壊する。
●デッキから「HERO」モンスター1体を手札に加える。

 

「E・HERO ワイルドマン」×1

レベル4、地属性・戦士族、攻守1500/1600の効果モンスター

テキスト
(1):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、罠カードの効果を受けない。

 

「E・HERO ブレイズマン」×1

レベル4、炎属性・戦士族、攻守1200/1800の効果モンスター

テキスト
「E・HERO ブレイズマン」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「融合」1枚を手札に加える。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「E・HERO ブレイズマン」以外の「E・HERO」モンスター1体を墓地へ送る。
このカードはターン終了時まで、この効果で墓地へ送ったモンスターと同じ属性・攻撃力・守備力になる。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は融合モンスターしか特殊召喚できない。

 

「E・HERO バブルマン」×1

レベル4、水属性・戦士族、攻守800/1200の効果モンスター

テキスト
(1):手札がこのカード1枚のみの場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。
この効果は自分の手札・フィールドに他のカードが無い場合に発動と処理ができる。

 

「E・HERO スパークマン」×2

レベル4、光属性・戦士族、攻守1600/1400の通常モンスター

 

「E・HERO クレイマン」×2

レベル4、地属性・戦士族、攻守800/2000の通常モンスター

 

「融合」×2

通常魔法

テキスト
(1):自分の手札・フィールドから、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。

 

「融合賢者」×1

通常魔法

テキスト
自分のデッキから「融合」魔法カード1枚を手札に加える。

 

「H-ヒートハート」×1

通常魔法

テキスト
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで500アップし、このターンそのモンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。

 

「E-エマージェンシーコール」×1

通常魔法

テキスト
(1):デッキから「E・HERO」モンスター1体を手札に加える。

 

「R-ライトジャスティス」×1

通常魔法

テキスト
(1):自分フィールドの「E・HERO」カードの数だけ、フィールドの魔法・罠カードを選んで破壊する。

 

「O-オーバーソウル」×1

通常魔法

テキスト
(1):自分の墓地の「E・HERO」通常モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

「闇の量産工場」×1

通常魔法

テキスト
(1):自分の墓地の通常モンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 

「摩天楼―スカイスクレイパー―」×1

フィールド魔法

テキスト
(1):「E・HERO」モンスターがその攻撃力より高い攻撃力を持つモンスターを攻撃した場合、
攻撃モンスターの攻撃力はダメージ計算時のみ1000アップする。

 

「攻撃の無力化」×1

カウンター罠

テキスト
(1):相手モンスターの攻撃宣言時に、その攻撃モンスター1体を対象として発動できる。
その攻撃を無効にする。
その後、バトルフェイズを終了する。

 

  • エクストラデッキ(5枚)

「E・HERO サンダー・ジャイアント」×2

レベル6、光属性・戦士族、攻守2400/1500の融合モンスター

テキスト
「E・HERO スパークマン」+「E・HERO クレイマン」
このモンスターは融合召喚でしか特殊召喚できない。
自分の手札を1枚捨てる事で、フィールド上に表側表示で存在する元々の攻撃力がこのカードの攻撃力よりも低いモンスター1体を選択して破壊する。
この効果は1ターンに1度だけ自分のメインフェイズに使用する事ができる。

 

「E・HERO ダーク・ブライトマン」×1

レベル6、闇属性・戦士族、攻守2000/1000の融合モンスター

テキスト
「E・HERO スパークマン」+「E・HERO ネクロダークマン」
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えていれば、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。
また、このカードは攻撃した場合、ダメージステップ終了時に守備表示になる。
このカードが破壊された時、相手フィールド上のモンスター1体を選択して破壊する。

 

「E・HERO ネクロイド・シャーマン」×1

レベル6、闇属性・戦士族、攻守1900/1800の融合モンスター

テキスト
「E・HERO ワイルドマン」+「E・HERO ネクロダークマン」
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動する。
その相手モンスターを破壊する。
その後、相手の墓地からモンスター1体を選び、相手フィールドに特殊召喚する。

 

「E・HERO マッドボールマン」×1

レベル6、地属性・戦士族、攻守1900/3000の融合モンスター

テキスト
「E・HERO バブルマン」+「E・HERO クレイマン」
このモンスターは融合召喚でしか特殊召喚できない。

 

遊城十代LV.40の要注意カード

 

「E・HERO エアーマン」×1
「R-ライトジャスティス」×1

魔法・罠除去効果を持ちます。どちらも対象を取らない除去であり、複数枚破壊してくる可能性も高いです。
どちらにも対応できるのは「カードガード」「マジック・ガードナー」「神の摂理」「神の忠告」などごく少数のカードしかなく、魔法・罠に依存するのは厳しそうです。
除去されても対応できるようにするか、そもそも魔法・罠に頼らない構築にするのが無難です。
ちなみに「偽物のわな」は発動できません(破壊が不確定のため)。


「E・HERO ブレイズマン」×1

「E・HERO ネオス」を墓地へ送ると、そのターン、攻撃力が2500になります。
また、放っておくと毎ターン、デッキ圧縮をしてくるため、「迷宮作成」ロックなどでは注意が必要です。

 

「融合」×2

モンスター除去効果持ちの融合モンスターを展開してくるため、非常に厄介です。
「E・HERO ダーク・ブライトマン」は貫通効果を持ち、自爆特攻してくるので特に警戒が必要です。
「E・HERO サンダー・ジャイアント」「E・HERO ネクロイド・シャーマン」もモンスター除去効果を持ちます。
「超魔導剣士―ブラック・パラディン」などで「融合」を封じるか、「陽炎獣 スピンクス」などのモンスター効果の対象にならないモンスターや「ディメンション・ゲート」で戦線維持するのが良いでしょう。

 

「H-ヒートハート」×1

「E・HERO ダーク・ブライトマン」と同じく、貫通効果があるので、ライフ調整の際は注意が必要です。

 

「摩天楼―スカイスクレイパー―」×1

攻撃力が1000も上昇するので、高攻撃力モンスターを場に維持する際は警戒が必要です。

 

「攻撃の無力化」×1

攻撃を防がれます。
「封魔の矢」「トラップ・ジャマー」「カウンター・カウンター」などで簡単に対策できます。
手札から発動でき、除去される心配のない「封魔の矢」が最も確実です。

 

→魔法封じのできる「超魔導剣士―ブラック・パラディン」や、「陽炎獣 スピンクス」「ビーストライザー」を使ったデッキが安定します。
「迷宮作成」ロックもありですが、モンスター除去と魔法・罠除去、「E・HERO ブレイズマン」によるデッキ圧縮全てに対応する必要があり、やや不安定です。

 

 

 

今回紹介するデッキ

遊城十代40 ハイスコア安定周回

デュエル評価「ノーダメージ」or「逆転勝利」+「アドバンス召喚実行」、シャインカード4枚で8000点いきます。

 

使用デッキ解説

「陽炎獣 スピンクス」を「ビーストライザー」で攻撃力9300以上にし、「墓守の従者」で10000ダメージを狙うユニアタ従者デッキです。

スキル「香水戦術」により、「陽炎獣 スピンクス」の蘇生効果を確実に使います。

「陽炎獣 スピンクス」「ビーストライザー」両方に対応する炎属性・獣or獣戦士族モンスターを複数枚採用しています。

 

各カード解説

「焔虎」

「ビーストライザー」のコストにでき、墓地から蘇生できるので、リリース要員としても優秀です。
「炎王獣 キリン」で墓地に落とせます。

 

「陽炎獣 スピンクス」

キーカードです。蘇生効果で「ビーストライザー」のコストを確保し、強化していきます。
相手の効果の対象にならないので、戦闘以外で除去されることはありません。

 

「不幸を告げる黒猫」

「ビーストライザー」をデッキトップにサーチできます。
一応、「ビーストライザー」のコストにもなります。

 

「アマリリース」

「陽炎獣 スピンクス」の召喚をサポートします。「黄泉ガエル」などでも構いません。

 

「炎王獣 キリン」

デッキ圧縮しつつ「焔虎」を墓地へ送れます。自身も「ビーストライザー」のコストにできます。

 

「封魔の矢」

「攻撃の無力化」対策です。

 

「ビーストライザー」

キーカードその2です。
「陽炎獣 スピンクス」を場に出すまで手札に温存し、「R―ライトジャスティス」などで除去されるのを防ぎます。
相手モンスターの攻撃宣言前までに効果を使用しましょう。

 

「陽動作戦」

時間稼ぎ、「陽炎獣 スピンクス」のリリース確保ができます。
フリーチェーンなので除去に強いです。

 

「超魔導剣士―ブラック・パラディン」デッキでも安定しますね。「超魔導剣士―ブラック・パラディン」は今後も周回に役立ちそうです。
報酬の「ハネクリボー」「クリボーを呼ぶ笛」は優秀です。
それでは!

 







Pocket

あわせて読みたい