世界大会予選 環境デッキと対策 その3

Pocket

デュエルリンクス世界大会の予選が始まるので、現時点での主な環境デッキの解説と、その対策について考えます。


スポンサーリンク


主な環境デッキ その3

現在ランク戦で見かけるデッキと、その対策についてそれぞれ考えていきます。

  • ピエロスタチュー

「ガーディアン・スタチュー」「ドリームピエロ」をひたすら守り、ボードアドバンテージで押し切るデッキです。大量の防御カードを採用しています。

→対策としては、「クロス・ソウル」などのモンスター除去や、「心鎮壺」が有効です。

 

  • 創造の代行者 ヴィーナス

「創造の代行者 ヴィーナス」によって大量展開し、「突撃指令」「玉砕指令」などで制圧します。スキル「スリカエ」弱体化に伴い弱体化しましたが、先行での強さは圧巻です。

→対策としては、「嵐」などで魔法・罠から破壊していくのが有効です。

 

  • マインド軍曹

スキル「マインドスキャン」と「エレクトロ軍曹」主体のデッキで、厄介な魔法・罠をピンポイントで封じます。

→対策としては、「エレクトロ軍曹」を除去できる「死の4つ星てんとう虫」「クロス・ソウル」などが有効です。

 

  • 魔導雑貨商人

スキル「悪魔送り」や「魔導雑貨商人」で墓地を肥やし、「死霊の巣」「終焉の精霊」で攻めるテクニカルなデッキです。「混沌空間」を採用している場合もあります。

→対策としては、とにかく「死霊の巣」を破壊することが大切です。

 

  • フライング寄生

スキル「フライング寄生」と「翡翠の虫笛」を中心としたロックバーンです。「逆ギレパンダ」や「進化の繭」の採用率が高いです。

→対策としては、「逆ギレパンダ」を警戒しつつこちらのモンスターゾーンを埋めてしまうのが手っ取り早いです。モンスターゾーンを埋めてしまえば、「寄生虫パラサイト」をドローしても、ダメージを受けなくなります。

  • 偽トラップ

スキル「偽トラップ」と「嵐」により、伏せカードを除去しつつ「地獄将軍 メフィスト」などの上級モンスターを展開します。

→対策としては、手札誘発で「嵐」に強い「クリボール」が有効です。ただし、「盗人の煙玉」には注意が必要です。

 

  • デッキ破壊「ウォーム・ワーム」型

「ウォーム・ワーム」「悪魔の偵察者」を中心にデッキ切れを狙います。「ダメージ・ゲート」で強化されたので、地雷として環境に食い込むかもしれません。

→対策としては、とにかく攻めることです。「エネミー・コントローラー」は表示形式変更によってライフを削ることができ、コントロール奪取してリリースすれば「ウォーム・ワーム」の効果を発動させないので有効です。

  • デッキ破壊「ワンダー・バルーン」型

「ワンダー・バルーン」を「マジック・ガードナー」で守り、「執念の剣」をひたすらデッキに戻すことで相手のデッキ切れを狙います。

→対策としては、速攻で攻めることです。「マジック・ガードナー」にチェーンして「ツイスター」などを発動できればほぼ勝ちです。

 

いわゆる地雷デッキも紹介してしまいました。これで終わりです。皆さんはどんなデッキで挑みますか?

私は「墓守」デッキで挑もうと思います。それでは!

スポンサーリンク





Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です