世界大会予選 環境デッキと対策 その1

Pocket

デュエルリンクス世界大会の予選が始まるので、現時点での主な環境デッキの解説と、その対策について考えます。


スポンサーリンク


主な環境デッキ その1

現在ランク戦で見かけるデッキと、その対策についてそれぞれ考えていきます。

  • 「三星降格」デッキ

今、最も旬なデッキです。スキル「三星降格」によって、最上級モンスターを展開していくハイビートデッキです。

回復のできる「守護天使 ジャンヌ」、モンスター除去効果を持つ「リボルバー・ドラゴン」、自身の効果でも場に出せる「森の番人グリーン・バブーン」、専用サポートカードや「王者の看破」を採用できる「ブラック・マジシャン」「真紅目の黒竜」、メタカードに対応できる「カオス・マジシャン」が主流です。「フレイム・オーガ」「燃え上がる大海」を軸とした炎属性中心のデッキも増えています。

→打点で張り合うのは不利なので、対策としては、「サクリファイス」「黄泉を渡る船」「道連れ」「クロス・ソウル」などのモンスター除去や、厄介な「王者の看破」を破壊できる「撲滅の使徒」がおすすめです。(ただし、「黄泉を渡る船」等のモンスターは「リボルバー・ドラゴン」を警戒する必要があります。)

特に「道連れ」はデッキを選ばず、手軽に発動できるのでおすすめです。戦闘をトリガーにできればダメージステップで発動できるので、「ディメンション・ゲート」や「亜空間物質転送装置」で回避されません。(「ハーピィの狩場」には弱くなります。)

デッキとしては、「スタチューピエロ」デッキは相手の打点が高くても対応しやすいため、立ち回りやすいですね。ただし、「リボルバー・ドラゴン」を警戒する必要があります。

自分の場のモンスターが1体の時に「燃え上がる大海」にチェーンして、自分の場のモンスターをエスケープすれば、相手の場のモンスターが破壊されます。

ピンポイントメタとなりますが、「三星降格」デッキはライフを消費し回復するデッキなので、バーンカードや「シモッチのによる副作用」も有効です。

 

  • 「青眼の白龍」デッキ

「正義の味方 カイバーマン」や「ミンゲイドラゴン」によって、素早く「青眼の白龍」を場に出し、「王者の看破」や「亜空間物質転送装置」でサポートするハイビートデッキです。

→対策としては、「三星降格」デッキと同じく「サクリファイス」「黄泉を渡る船」「道連れ」「クロス・ソウル」などのモンスター除去や、厄介な「王者の看破」を破壊できる「撲滅の使徒」などがおすすめです。

 

  • 「ハーピィの狩場」デッキ

強力なフィールド魔法「ハーピィの狩場」によって、魔法・罠を破壊しながら攻めることのできるビートダウンです。「ハーピィの狩場」下で、1900打点の「音速ダック」や、攻守1800でサーチ効果を持つ「バード・フェイス」、魔法・罠を破壊する「ハーピィ・レディ」(と「突撃指令)が主力です。「サクリファイス」と混ぜた、事故率が高くなる代わりにモンスターに対しても対処しやすくした「狩場サクリ」デッキなどの派生もあり、よく見かけます。

→対策としては、「ハーピィの狩場」を破壊すると大きくパワーダウンするので、「ツイスター」「荒野の大竜巻」「嵐」などで「ハーピィの狩場」を割るのが手っ取り早いです。「セキュリティー・ボール」「荒野の大竜巻」といった被破壊時に発動する魔法・罠の採用や、伏せカードを構築段階で少なくするor全く伏せないプレイングも有効です。

 

いよいよ世界大会が始まりますね。KCカップのように1つのデッキが上位を席巻するのでしょうか。洗練されたデッキの構築を見るのは参考になりますね。

次回も環境デッキと対策についての記事を書いていく予定です。それでは!

スポンサーリンク





Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です