【デュエルリンクス】「ワイルドマンビート」デッキ紹介

Pocket

2018年11月のKCカップで流行した「ワイルドマンビート」デッキの紹介です。

「ワイルドマンビート」デッキとは

スキル「バランス」により、

  • 罠の効果を受けない「E・HERO ワイルドマン」「天下人 紫炎」
  • ステータス強化する装備魔法
  • 「神の忠告」などの強力な罠カード

を初手に確定させ、短期決戦を狙うビートダウンデッキです。

当然、罠カードに滅法強く、罠カード中心の「バランスヒーロー」「アマゾネス」などに有利です。
反面、罠カードに依存しない「沈黙魔導」や、「ヴァンパイア」などには不利となります。

2018年11月のKCカップは罠カードが強力であり、防御手段を豊富な罠カードに頼ることが多い環境であったため、このデッキが流行しました。

短期決戦を狙うデッキなので、1試合のプレイ時間が短いのもメリットの1つです。

 

E・HERO ワイルドマン

 

 

「ワイルドマンビート」デッキ

遊戯王デュエルリンクス ワイルドマンビート デッキレシピ

 

※エクストラデッキは任意のカードです。

 

デッキ解説

一般的な構築です。

現在のカードプールでは、
スキル「バランス」、モンスター、「神の忠告」×3、「狡猾な落とし穴」×2はほぼ確定なので、構築の幅は狭いです。

残り1枚の罠カードと、魔法カードをどうするか、くらいではないでしょうか。

 

各カード解説

 

「E・HERO ワイルドマン」「天下人 紫炎」

罠カードの効果を受けないキーカードです。
計6枚なので、1枚は初手に確定します。

「E・HERO ワイルドマン」の方が守備力が1600と高く、安定感がありますが、戦士族メタカードに注意が必要です。

 

「シールドバッシュ」

攻撃力の上昇幅が大きく、装備モンスターがコントロール奪取されても、装備モンスターの攻撃ではこちらはダメージを受けません。

「アマゾネスの剣士」との戦闘でもダメージを受けないため、安定感があります。

緊急時には相手モンスターに装備し、戦闘ダメージを回避するのも手です。

 

 

「魔導師の力」

最大1500もステータスが上がります。
守備力も上がるため、横にするカードにも強いです。

反面、他に魔法・罠カードが無いと上昇値は500なので、やや不安定です。

 

「バージェストマ・カナディア」

自由枠なので、「天罰」などと好みが分かれそうです。

 

 

「狡猾な落とし穴」

1:2交換が可能な強力なカードです。

相手モンスター1体と「E・HERO ワイルドマン」「天下人 紫炎」を対象にすれば、相手モンスターだけを破壊できます。

 

「神の忠告」

このデッキを組む大きな意義となる、万能カウンターです。

ライフコストも短期決戦を狙うこのデッキなら、あまり気になりません。

 

 

 

今回採用を見送った相性の良いカード

 

 

天罰

「天罰」

「バージェストマ・カナディア」との入れ替え候補です。

 

 

 

 

このデッキの弱点となるカード

デュエルリンクス ゲーテの魔導書

「ゲーテの魔導書」

このカードに限らず、罠カード以外のモンスター除去には当然弱いです。

 

D.D.アサイラント

「D.D.アサイラント」

他、「スノーマンイーター」「ゼンマイジャグラー」「エネミー・コントローラー」「死者への供物」など

 

コズミック・サイクロン

「コズミック・サイクロン」

伏せ除去により、「神の忠告」等を除去されると脆いです。

他、「局所的ハリケーン」「ギャラクシー・サイクロン」など

 

マジック・ディフレクター

「マジック・ディフレクター」

罠カードですが、装備魔法を無効にするため、このデッキにも有効です。

 

 

 

 

スキル「バランス」を最大限に活かしたデッキと言えそうですね。

それでは!

Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です