【デュエルリンクス】WCS2019を終えて

Pocket

WCS2019 を終えて、今回の管理人の使用デッキ紹介や感想などを書いていきます。

今回の成績

wcs2019 成績
WCS2019 勝率など

走るつもりはなかったのですが、対戦が楽しくて、終わってみたら結構な対戦数になっていました…笑

成績は上記の通りで、環境考察やデッキ・カードの採用理由などを書いていくには力不足なのですが、それを言うと書くことが無くなるので書いていきます!

今回のWCSでおもに使用したデッキ

WCS2019 墓所ネオスコアキ

「墓所ネオスコアキ」を主に使用しました。
他には気分で「青眼」や「純レッドアイズ」、「ジェネクス海皇コアキ」なども使用しました。

スキルは安定性の高い「スリカエ」と迷ったのですが、ミラー後攻時に1キルを狙える「墓所封印」を採用しました。

「コアキメイル・アイス」が2枚なのは「サブテラー」など多くのデッキのメタとなるからです。

「波紋のバリア―ウェーブ・フォース」はデッキバレの時点で警戒されず初見殺しでき、かなり活躍しました。

環境の伏せ除去は「コズミック・サイクロン」など除外が多く、短期決戦のデッキなので「狡猾な落とし穴」との兼ね合いは全然気になりませんでした。

先行時の防御や、対象に取れない「レッドアイズ」への回答にもなり、このカードのおかげで勝ちを拾えることが多かったです。

WCS2019の感想・考察

環境は「サブテラー」「ネオスコアキ」「古代」が最も多く、「4軸六武衆」「純レッドアイズ」が次点で、「交換魔導」「青眼」「バスターブレイダー」「メタファイズ」をたまに見るような感じでした。

上位陣では違ったのでしょうか…?

結果を残したのも 「サブテラー」「ネオスコアキ」「古代」 「4軸六武衆」「純レッドアイズ」 が多かったようですね。

デッキの分布は割とばらけていたので良環境だったと思います。

ただ、不満な点がいくつかあるので書いていきます。

まず、現環境はパワーカードが多く、序盤で勝敗がだいたい決まってしまう点があっさりしていてやや不満でした。

「ネオスコアキ」を使用したこともあり、先行後攻で勝率にかなりの差があったのも、ゲームとしては疑問が残りました。

また、LIMIT2の汎用カード「狡猾な落とし穴」「エネミー・コントローラー」ですが、新しいテーマデッキだけ問題なく使えるので、そろそろ禁止orLIMIT1で良いと思います。

砂時計の点滅により伏せカードの内容と「クリボール」の有無を判別できてしまうのも、欠陥だと思っています。
プレイングの一部といえばそうですが、意図的な機能ではないと思うので。

…たくさん不満を述べてしまいましたが、大会自体はかなり楽しかったです。
上位陣の中には勝率65%の方もいたようで、デッキ構築・プレイングの差はやはり大きいですね!

皆さんはどうでしたか?
それでは!

Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です