【デュエルリンクス】「森羅」デッキ対策について

Pocket

環境上位デッキの1つである「森羅」デッキの対策カードや対策手段を紹介します。


スポンサーリンク


「森羅」デッキの概要

デッキからカードをめくり植物族モンスターを墓地へ送る効果、デッキからめくられ墓地へ送られた場合に発動する効果を持つ「森羅」モンスターを中心としたビートダウンデッキです。

デッキのほとんどをモンスターが占める構成が主流で、魔法・罠は「エネミーコントローラー」がほぼ確実に採用されており、「天罰」「神の摂理」(「死者への手向け」)の採用率が高く感じます。
最近は「機械天使」などを意識して、魔法・罠の割合を増やした構築も多いです。

また、「森羅」モンスターは植物族で統一されており、「薔薇恋人」「にん人」の存在から展開力が非常に高いです。
「薔薇恋人」が罠耐性を付与する点も厄介です。

デッキのエンジンである「森羅の影胞子 ストール」「魔導雑貨商人」の効果の発動を許すと大量のアドバンテージを相手に与えてしまう可能性が高いです。

これらだけでなく、「薔薇恋人」→「森羅の番人 オーク」や、「森羅の水先 リーフ」を起点に動くこともできます。

採用率は高くありませんが、「狂植物の氾濫」も一撃必殺の爆発力を持ちます。

スキルは「根性」が流行り始めています。
序盤は「根性」発動確率が高く、1キルを凌げば返しやすいこのデッキと高相性なためです。
他には「リスタート」も多いです。

高レアリティカードが少ないためデッキ構築難易度が低く、現環境において遭遇率の非常に高いデッキとなっています。

森羅の影胞子 ストール

 

「森羅」対策カードの紹介

対策カードの中から、汎用性の高いカードをピックアップしました。

 

禁じられた聖杯

「禁じられた聖杯」

「森羅の影胞子 ストール」「魔導雑貨商人」の効果を防ぐことができ、手札コスト等がないので非常に使いやすいカードです。

コンバットトリックとして使え、当然他のモンスター効果も防げます。

「森羅の影胞子 ストール」は守備力2000と高く、このカードで効果を無効にしても突破できない可能性がある点には注意が必要です。
放っておくと「にん人」のコストや「森羅の番人 オーク」のリリース要員にされます。

ダメージステップ以外で相手モンスターに発動した場合、「エネミーコントローラー」などでサクリファイス・エスケープされ、効果を無効にできない可能性があります。
「森羅の番人 オーク」などの起動効果持ちモンスターに対しては、効果にこのカードをチェーンするのではなく、召喚・特殊召喚成功時にこのカードを先打ちする手があります。

 

天罰

「天罰」

同じく「森羅の影胞子 ストール」「魔導雑貨商人」の効果を防ぐことができます。
手札コストが必要な分、効果を無効にするだけでなく破壊できるのが強みです。

「禁じられた聖杯」では対応しにくい「城塞クジラ」などにも対応できます。
手札コストが確保できるデッキなら、こちらがおすすめです。

 

神の摂理

「神の摂理」

「天罰」とは一長一短で、魔法・罠も無効にできる反面、無効にするカードと同じ種類のカードを手札コストにする必要があり、肝心なところで発動できない可能性があります。

 

パラレル・ツイスター

「パラレル・ツイスター」

「森羅の影胞子 ストール」「魔導雑貨商人」を効果を発動させずに除去できます。

フィールド魔法系スキルや、「強化蘇生」などと高相性です。

 

死者への手向け

「死者への手向け」

同じく「森羅の影胞子 ストール」「魔導雑貨商人」を効果を発動させずに除去できます。

手札コストが確保できるデッキなら、おすすめです。

 

フレグランス・ストーム

「フレグランス・ストーム」

表側表示の「森羅」モンスターを除去しつつ、ドローができます。
特に「森羅」ミラーでは自分・相手モンスター両方に使え、追加ドローも狙えるので絶大な威力を発揮します。

 

この他、ピンポイントメタに「異次元グランド」などがありますが、不安定なのでおすすめしません。

 

 

「森羅」と相性の良いデッキ

序盤から安定して伏せモンスター封じができるデッキや、1キルが狙えるデッキは「森羅」デッキと相性が良いです。

具体的には、前者は「アビス・ソルジャー」「潜海奇襲」擁する「シーステルス」デッキや「戦慄の凶皇-ジェネシス・デーモン」擁する「デーモン」デッキ、後者は「サイバー・エンジェル―茶吉尼」擁する「機械天使」や大量展開と除去耐性持ちの「粉砕ヘイズ」が挙げられます。

 

vs「森羅」デッキにおけるプレイング

まず、スキル「リスタート」(によるタイムラグ)+初動が裏守備モンスターなら、「森羅」デッキを警戒すべきです。
他にも「ギアギア」や「エーリアン」などが同じ動きを取るため、あくまで”警戒”です。

こちらの後攻で初手に「天罰」「神の摂理」がある場合、無暗に特攻しないのも有効です。

逆にこちらが先行の場合、モンスターを攻撃表示で棒立ちさせると「薔薇恋人」+「エネミーコントローラー」で1キルされる恐れがあるので注意が必要です。

森羅デッキの伏せカードは「魔導雑貨商人」「森羅の影胞子 ストール」「薔薇恋人」「にん人」の4通りである場合がほとんどで、相手からリバースしてこなかった場合、「薔薇恋人」の可能性が高く、除去は控えた方が良いです。

「薔薇恋人」は罠耐性があるため、「底なし落とし穴」などの罠カードは「森羅」デッキにあまり有効ではありません。
「エネミーコントローラー」「クリボール」などが無難です。

相手の魔法・罠ゾーンに伏せカードがなければ強引に1キルや除去を狙っていくことも重要ですが、そうでなければ「天罰」や「エネミーコントローラー」を警戒する必要があります。

 

KCカップでも遭遇率が高いデッキですね。
個人的には、このデッキに限らず、システム上のチェーン処理が長い点は改善してほしいです。
皆さんは何デッキでKCカップに臨みますか?

それでは!

スポンサーリンク





Pocket

あわせて読みたい