【デュエルリンクス】「六武衆」デッキ対策について

Pocket

現環境トップの「六武衆」デッキの対策カードを紹介します。

→「六武衆」デッキ紹介、レシピはこちら

「六武衆」対策手段について

「六武衆」デッキは展開力もさることながら、「真六武衆-シエン」による魔法・罠無効+「影六武衆-フウマ」などの身代わりによる破壊耐性「真六武衆-エニシ」「六武派二刀流」によるバウンスが非常に厄介です。

相手の防御札を掻い潜り、 「真六武衆-シエン」 を突破できるカードを紹介していきます。

展開前の妨害札は後攻だと弱いので、展開後の対策を想定しています。

「六武衆」対策カードの紹介

溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム

「真六武衆-シエン」「真六武衆ーエニシ」の構えを簡単に突破できます。
「六武派二刀流」の兼ね合いで相手の場に「真六武衆ーシエン」しかいない時に使えないのが難点です。

「雷帝家臣ミスラ」やスキル「フライング寄生」との併用が望ましいです。
これらのカードは「六武派二刀流」の発動条件を阻害し、後者は種族変更で「真六武衆ーシエン」のシンクロ召喚も封じます。

サイファー・スカウター

戦士族メタカードです。
単騎で特攻すれば「六武派二刀流」も掻い潜ります。
「マスクヒーロー」「アマゾネス」にも有効です。
(「アマゾネスの剣士」に注意)

他の「六武衆」モンスターにも有効なのでメタとして優秀ですが、「幻層の守護者 アルマデス」に突破されがちです。

カラクリ忍者 参参九

比較的汎用性が高く、”破壊”ではないので身代わり効果も使われることなく除去できます。

相手に読まれると「 幻層の守護者 アルマデス」 で処理されます。

「爆風トカゲ」「ハネハネ」もバウンスなので有効です。

デュエルリンクス アマゾネスの急襲

「アマゾネス」専用カードですが、相手の展開より先に発動できれば有利な状況に持ち込めます。

黄龍の召喚士

召喚権こそ消費しますが、自分メインフェイズですぐに処理できる点が大きいです。

ブンボーグ004

「ブンボーグ003」からリクルートでき、効果で「ブンボーグ009」を墓地へ送れば「真六武衆ーシエン」の打点を超えられます。

「幻層の守護者 アルマデス」に弱いのが難点です。

クリボール

1キルを防げ、「真六武衆ーシエン」を寝かせれば戦闘破壊しやすくなります。
「六武派二刀流」の発動条件を阻害できる点も大きいです。

環境上位に「アンティーク」がいるのが難点です。

分断の壁

他のカードとの併用が前提ですが、決まればリターンが大きいです。
「波紋のバリア―ウェーブ・フォース」も良いですね。

アトラの蟲惑魔

通常罠カードを「真六武衆ーシエン」に無効にされなくなります。
(1)(2)の効果も優秀です。

ジャスティス・ブリンガー

「真六武衆―シエン」の効果を無効にし、魔法・罠カードを安全に発動できます。
「ヴァンパイア」「コアキメイル」などにも有効です。

アーマード・ビー

「真六武衆ーシエン」単騎であれば、突破できます。
「アンティーク」の「古代の機械城」適用下でない「古代の機械熱核竜」を突破できるのも利点です。

雷魔神―サンガ

スキル「三星降格」との併用で簡単に場に出せ、打点で超えられます。

ミキサーロイド

「アーマロイドガイデンゴー」をリクルートすることで打点を超えられます。

陽炎獣 スピンクス

粉砕型「陽炎獣」デッキは「六武衆」デッキに対して比較的有利に動けます。
「六武派二刀流」「真六武衆―エニシ」「死者への供物」「狡猾な落とし穴」などに耐性があり、スキル「粉砕!」で打点を超えられるためです。

「六武衆」側も対抗手段として「ガーディアンの力」などを採用していることがあります。

vs「六武衆」」デッキにおけるプレイング

裏守備モンスターは「影六武衆ーフウマ」「六武衆の真影」であることがほとんどです。

相手モンスターが攻撃表示の「六武衆」モンスター1体のみならば、「六武派二刀流」を警戒します。

相手の墓地の「六武衆」モンスターの数を把握し、フリーチェーンの「真六武衆―エニシ」の召喚・特殊召喚を警戒します。
(特に「影六武衆ーフウマ」破壊時)

相手の攻撃時に防御札が1枚しかなくても、ブラフを伏せていれば、その防御札を発動しても無効にされない可能性があり、ここは読み合いになります。

(例.自分伏せ「バージェストマ・カナディア」+ブラフ1枚、相手の場に「真六武衆―シエン」含むモンスター3体の状況で相手の攻撃宣言時、 自分「バージェストマ・カナディア」 発動、相手は「分断の壁」警戒で「バージェストマ・カナディア」通す)

最後に

「六武衆」デッキに明確に有利を取れるデッキは現状なく、対策も難しいです。
一度突破できれば相手もジリ貧になりやすいので、上手く立ち回りたいですね。

他にも良いカードや立ち回りがあればコメントください!
それでは!

Pocket

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2019年4月11日

    […] 「六武衆」対策カードについては後日紹介したいと思います。→対策はこちらそれでは! […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です