【デュエルリンクス】「空牙団」デッキ対策について

Pocket

環境上位デッキの1つである「空牙団」デッキの対策カードや対策手段を紹介します。


スポンサーリンク


「空牙団」デッキの概要

「空牙団」下級モンスターは、手札から同名カード以外の「空牙団」モンスターを特殊召喚できる共通効果と、自身が場に存在する状態で自身と同名カード以外の「空牙団」モンスターが特殊召喚された場合に発動する固有効果を持ちます。

除去・サーチ・サルベージといった固有効果でアドバンテージを得たり、「空牙団の叡智 ウィズ」による相手の魔法・罠封じ、「空牙団の豪傑 ダイナ」による墓地除外ができます。

「空牙団」デッキはその特性を活かすため、モンスターの割合を多めにし、「コズミック・サイクロン」などの魔法・罠対策カードを数枚入れる構築が多いです。

また、特殊召喚をトリガーに固有効果が発動するため、専用カード「烈風の空牙団」や、「強化蘇生」などと相性が良いです。

打点はそれ程高くないものの、展開力が非常に高く、「空牙団」下級モンスターの固有効果や「空牙団の叡智 ウィズ」の魔法・罠封じでじわじわと制圧してきます。

 

ミニBOX「クラッシュ・オブ・ウィングス」でほぼ完結しており、構築難易度も低いです。そのため、現環境において遭遇率の非常に高いデッキとなっています。

 

デュエルリンクス 空牙団の叡智 ウィズ

テキスト
効果モンスター
星7/水属性/魔法使い族/攻1600/守2800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分は「空牙団の叡智 ウィズ」以外の自分フィールドの「空牙団」モンスターの種類×500LP回復する。
(2):相手が魔法・罠カードの効果を発動した時、手札から「空牙団」カード1枚を捨てて発動できる。
その発動を無効にする。

空牙団の剣士 ビート

テキスト
効果モンスター
星3/地属性/戦士族/攻1200/守 500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
手札から「空牙団の剣士 ビート」以外の「空牙団」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、自分フィールドにこのカード以外の「空牙団」モンスターが特殊召喚された場合に発動できる。
デッキから「空牙団の剣士 ビート」以外の「空牙団」モンスター1体を手札に加える。

 

 

「空牙団」対策カードの紹介

対策カードの中から、汎用性の高いカードをピックアップしました。

 

禁じられた聖杯

死者への供物

バージェストマ・カナディア

底なし落とし穴

もの忘れ

宝玉の祈り

 

「禁じられた聖杯」
「死者への供物」
「バージェストマ・カナディア」
「底なし落とし穴」
「もの忘れ」
「宝玉の祈り」

起点となる「空牙団」下級モンスターに発動すれば、展開を止められます。

特に、墓地へ送らない「禁じられた聖杯」「バージェストマ・カナディア」「底なし落とし穴」「もの忘れ」は「空牙団の烈風」などの蘇生カードを使われる心配がなく、最序盤なら相手の展開を完全に止められる可能性が高いです。

「ゲーテの魔導書」も(「魔導書」専用カードですが)同様に有効です。

既に相手に展開されていると効果が薄いのがやや難点です。

 

狡猾な落とし穴

分断の壁

つり天井

 

「狡猾な落とし穴」
「分断の壁」
「つり天井」

「空牙団」デッキはモンスターを並べるデッキなので、これらのカードが有効です。

ただし、「空牙団の飛哨 リコン」「空牙団の叡智 ウィズ」や「コズミック・サイクロン」などには注意が必要です。

 

 

スナイプストーカー

ヴェルズ・ザッハーク

ゼンマイ・ジャグラー

「スナイプストーカー」
「ヴェルズ・ザッハーク」
「ゼンマイ・ジャグラー」

「空牙団」下級モンスターの掃除はこなせる程度の攻撃力を持ち、モンスター除去効果により厄介な「空牙団の叡智 ウィズ」を突破できます。

少々癖は強いですが、「溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム」も(特に「アマゾネス」デッキで)採用圏内でしょう。

 

 

「空牙団」対策スキルの紹介

フライング寄生

行けおジャマ!スキル「フライング寄生」
スキル「行けおジャマ!」

いずれも相手のモンスターゾーンを埋めるスキルであり、多少の展開妨害手段になります。

 

 

 

 

「空牙団」と相性の良いデッキ

「粉砕ヘイズ」が現状最も有利に戦えそうです。
魔法・罠に依存せずに高打点モンスターを展開でき、速攻で押し切りやすいためです。
耐性により「空牙団の撃手 ドンパ」も怖くありません。

他には「空牙団」デッキの初動を止めやすいデッキ、展開を妨害できるデッキは互角以上に戦えます。

「魔導書」や、「デビル・フランケン」特化デッキなどがそれに当たります。

 

vs「空牙団」デッキにおけるプレイング

まず、スキル「粉砕」なら、「空牙団」デッキの可能性は比較的高いです。
相手の使用キャラが海馬かクロノスで、開幕スキル発動なしの場合は意識した方が良いと思います。
(「空牙団」デッキ=スキル「粉砕!」というわけではありません。)

「空牙団」デッキは初動を止めると展開できない場合がほとんどのため、相手の初動を止め、速攻を決めるのが1つの勝ち筋でしょう。

相手がモンスターを3体展開している場合、無暗に相手のモンスターゾーンを空けない方がいい場合も多いです。

「空牙団の豪傑 ダイナ」を2体並べられると攻撃が封じられるため、デッキによっては対策必須となります。

「空牙団の叡智 ウィズ」を先に場に出されてしまうとメタカードの多くが封殺されてしまうため、非常に厄介です。
「空牙団の叡智 ウィズ」の(2)の魔法・罠を無効にする効果は1ターンに1度しか発動できないため、メタカードを重ね掛けするのが最も簡単な突破方法となります。

 

ランク戦でもかなり見かけるようになりましたね。
シンプルかつ強力なデッキで、伏せ除去や、魔法・罠封じの存在から対策も難しいデッキです。

それでは!

スポンサーリンク





Pocket

あわせて読みたい