天上院明日香LV.40 8000点安定周回デッキ

Pocket

天上院明日香Lv.40を安定して8000点周回できるデッキを紹介します。
天上院明日香は遊戯王GXのデュエルワールドのステージレベルを11にすると出現します。

スポンサーリンク


天上院明日香40

天上院明日香LV.40のデッキ構成

 

「サイバー・エンジェル―茶吉尼―」×1

レベル8、光属性・天使族、攻守2700/2400の儀式モンスター

テキスト
「機械天使の儀式」により降臨。
(1):このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。
相手は自分のフィールドのモンスター1体を墓地へ送らなければならない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分の儀式モンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
(3):自分エンドフェイズに自分の墓地の、儀式モンスター1体または「機械天使の儀式」1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

 

「サイバー・エンジェル―韋駄天―」×1

レベル6、光属性・天使族、攻守1600/2000の儀式モンスター

テキスト
「機械天使の儀式」により降臨。
(1):このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から儀式魔法カード1枚を選んで手札に加える。
(2):このカードがリリースされた場合に発動できる。
自分フィールドの全ての儀式モンスターの攻撃力・守備力は1000アップする。

 

「サイバー・エンジェル―弁天―」×1

レベル6、光属性・天使族、攻守1800/1500の儀式モンスター

テキスト
「機械天使の儀式」により降臨。
(1):このカードが戦闘でモンスターを破壊し墓地へ送った場合に発動する。
そのモンスターの元々の守備力分のダメージを相手に与える。
(2):このカードがリリースされた場合に発動できる。
デッキから天使族・光属性モンスター1体を手札に加える。

 

「サイバー・プリマ」×1

レベル6、光属性・天使族、攻守2300/1600の効果モンスター

テキスト
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合に発動する。
フィールドの表側表示の魔法カードを全て破壊する。

 

「ヂェミナイ・エルフ」×3

レベル4、地属性・魔法使い族、攻守1900/900の通常モンスター

 

「サイバー・ジムナティクス」×3

レベル4、地属性・戦士族、攻守800/1800の効果モンスター

テキスト
(1):1ターンに1度、手札を1枚捨て、相手フィールドの表側攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。
その相手の表側攻撃表示モンスターを破壊する。

 

「サイバー・プチ・エンジェル」×2

レベル2、光属性・天使族、攻守300/200の効果モンスター

テキスト
「サイバー・プチ・エンジェル」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「サイバー・エンジェル」モンスター1体または「機械天使の儀式」1枚を手札に加える。

 

「勝利の導き手フレイヤ」×1

レベル1、光属性・天使族、攻守100/100の効果モンスター

テキスト
自分フィールド上に「勝利の導き手フレイヤ」以外の天使族モンスターが表側表示で存在する場合、このカードを攻撃対象に選択する事はできない。
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、自分フィールド上に表側表示で存在する天使族モンスターの攻撃力・守備力は400ポイントアップする。

 

「機械天使の儀式」×3

儀式魔法

テキスト
「サイバー・エンジェル」儀式モンスターの降臨に必要。
(1):レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、手札から「サイバー・エンジェル」儀式モンスター1体を儀式召喚する。
(2):自分フィールドの光属性モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 

「祝福の教会―リチューアル・チャーチ」×2

フィールド魔法

テキスト
「祝福の教会-リチューアル・チャーチ」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の手札から魔法カード1枚を捨ててこの効果を発動できる。
デッキから光属性の儀式モンスター1体または儀式魔法カード1枚を手札に加える。
(2):自分の墓地の魔法カードを任意の数だけデッキに戻し、デッキに戻した数と同じレベルを持つ、自分の墓地の天使族・光属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

「ビッグバン・シュート」×1

装備魔法

テキスト
装備モンスターの攻撃力は400ポイントアップする。
装備モンスターが守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えていれば、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。
このカードがフィールド上から離れた時、装備モンスターをゲームから除外する。

 

「八式対魔法多重結界」×1

カウンター罠

テキスト
次の効果から1つを選択して発動する。
●フィールド上のモンスター1体を対象にした魔法の発動と効果を無効にし、そのカードを破壊する。
●手札から魔法カード1枚を墓地に送る事で魔法の発動と効果を無効にし、そのカードを破壊する。

 

計20枚

 

天上院明日香LV.40の要注意カード

「サイバー・エンジェル―茶吉尼―」×1

モンスター除去効果、貫通効果、高打点、サルベージ効果ととにかく厄介な儀式モンスターです。
「機械天使の儀式」の(2)の効果により、実質破壊耐性も持ちます。
補助カードにより最大攻撃力は4500にも上ります。
特にモンスター除去効果は要注意で、対象に取らず、墓地送りである点が非常に強力で、破壊耐性持ちモンスターなども除去されてしまいます。
こちらが”墓地へ送るモンスター”を選ぶので、囮のモンスターを用意する、「ディメンション・ゲート」で回避するなどして対策出来ます。
「超魔導剣士―ブラック・パラディン」、「終焉の指名者」+「機械天使の儀式」、「封魔の呪印」などで儀式魔法を止めるのも手です。


「サイバー・プリマ」×1

表側表示の魔法カードを除去されるため、「強欲なカケラ」などを採用する場合は注意が必要です。

 

「サイバー・ジムナティクス」×3

モンスター除去効果を持ちます。
表側攻撃表示のモンスターしか除去できません。
守備表示でモンスターを出すなどして対策出来ます。

 

「八式対魔法多重結界」×1

魔法カードを無効にします。
「嵐」を2回発動する、「盗賊の七つ道具」「カウンター・カウンター」「神の摂理」などで無効にする、「強引な安全協定」で発動を封じるなどして対策出来ます。

 

→厄介なモンスター効果を封殺できる「D-HERO Bloo-D」が最有力です。

時間はかかりますが、「スピリットバリア」+「アストラルバリア」も安定します。

他には「竜破壊の剣士―バスター・ブレイダー」+「DNA改造手術」、「陽炎獣」+「ビーストライザー」、「デスカウンター」+回復カード、「ラーの使徒」+「死のマジック・ボックス」などでも周回できそうです。

儀式魔法を止められる「超魔導剣士―ブラック・パラディン」、「終焉の指名者」+「機械天使の儀式」、「封魔の呪印」なども有効です。

エド・フェニックスLv.40程ではないですが、天上院明日香がデッキ圧縮をしてくるため、ハイスコア周回する場合は「無欲な壺」やデッキ圧縮カードを採用する必要があります。

 

 

 

今回紹介するデッキ

天上院明日香40 ハイスコア周回デッキ

 

デュエル評価「逆転勝利」、シャインカード4枚以上で8000点いきます。

 

 

使用デッキ解説

「D-HERO Bloo-D」で制圧するユニアタ従者デッキです。

序盤は「D-HERO Bloo-D」の特殊召喚を目指します。
1800以上のダメージを受け、スキル「戦力補充」で「D-HERO Bloo-D」をサーチします。

その後は「クラスター・ペンデュラム」「闇・道化師のぺーテン」「デス・ハムスター」で場にモンスター3体を並べ、「D-HERO Bloo-D」を特殊召喚、効果で相手の高攻撃力モンスターを吸収します。
(「サイバー・エンジェル―茶吉尼―」の攻撃力2700を上回るのがベストです。)

その後は自分のデッキ枚数が0枚になる前に、「クラスター・ペンデュラム」「闇・道化師のぺーテン」「デス・ハムスター」「クリボール」のいずれかをリリースし、「インフェルノ・ハンマー」をアドバンス召喚しておきます。

「強引な安全協定」はドローし次第、伏せておきます。

「インフェルノ・ハンマー」「強引な安全協定」がデッキボトムにあるリスクを回避するため、「ゴブリンのやりくり上手」を採用しています。
また、モンスターゾーンは1つ空けておきます。

自分のデッキ枚数が0枚になったら、「墓守の従者」を召喚、ユニアタ従者のギミックでとどめを刺します。

「闇・道化師のぺーテン」はセットすると反射ダメージを与えてしまう可能性があるため、基本的に通常召喚時は攻撃表示にします。

稀に「ビッグバン・シュート」や「サイバー・エンジェル―韋駄天―」で「D-HERO Bloo-D」の打点を超えてくるため、「クリボール」「イタクァの暴風」と「インフェルノ・ハンマー」で対処します。

 

各カード解説

「D-HERO Bloo-D」

主力モンスターです。

スキル「戦力補充」でサーチします。

 

「クリボール」

防御カードです。
魔法・罠ゾーンを圧迫せず、「D-HERO Bloo-D」のリリース素材にもなるので便利です。

「セキュリティ・ボール」などでも代用できます。
魔法カードは「八式対魔法多重結界」をチェーンされる可能性があるため、おすすめしません。

 

「インフェルノ・ハンマー」

ユニアタ従者の打点であり、デュエル評価「アドバンス召喚実行」を得られます。

「D-HERO Bloo-D」の打点を上回った相手モンスターを裏守備にし、ステータスを戻すことで処理できます。

 

「闇・道化師のぺーテン」

「D-HERO Bloo-D」のリリース素材、デッキ圧縮を担います。
類似カードと違い手札からも同名カードを展開でき、「サイバー・エンジェル―茶吉尼―」の除去にも対応します。

守備力が1200あるため、反射ダメージを与えないよう、通常召喚時は攻撃表示にしましょう。

なければ「軍隊竜」で代用できます。

 

「デス・ハムスター」

「D-HERO Bloo-D」のリリース素材、デッキ圧縮を担います。
なければ「軍隊竜」で代用できます。

 

「クラスター・ペンデュラム

「D-HERO Bloo-D」のリリース素材を担います。
なければ「幻銃士」でも代用できます。

 

「ゴブリンのやりくり上手」

不要なカードをデッキボトムに戻すことで、「インフェルノ・ハンマー」「強引な安全協定」がデッキボトムにあるリスクを回避できます。

 

 

「強引な安全協定」」

「八式対魔法多重結界」対策です。
「カウンター・カウンター」でも代用できますが、フリーチェーンではないので、魔法・罠ゾーンを圧迫する可能性があります。

 

「機械天使」デッキを組む際は、周回必須となります。
「ディメンション・ゲート」に対する相手の挙動が修正されたため、改めてデッキを紹介しました。
それでは!

 

スポンサーリンク





Pocket

あわせて読みたい