「魔術師の結束」ストラクチャーデッキの評価と新規カード考察

Pocket

2017/7/4より販売開始されたストラクチャーデッキ「魔術師の結束」の評価と、新規カードの考察をしていきます。


スポンサーリンク


魔術師の結束

ストラクチャーデッキ「魔術師の結束」

魔法使い族でモンスターで統一されたビートダウンデッキです。新規カードには攻撃力2600の上級モンスター「魔法剣士トランス」や、モンスターをリクルートできる「魂の綱」などの、それなりに優秀なカードも収録されています。1個480円と安く、1回限定で500ジェムで購入もできます。

シンプルな構成なので、始めたばかりの人にはおすすめです。

 

新規カード考察

※カード名の横に()で点数をつけ、評価しています。(点数は1~10で、数字が大きい程高評価です。カード単体の強さ、汎用性、他のカードとのシナジーやコンボ性、対人戦での強さ、CPU戦での周回に利用できるかといった点から評価しています。)

 

魔法剣士トランス

「魔法剣士トランス」(SR) (6.5)

現在、上級モンスターで最大の攻撃力を誇ります。魔法使い族なので、「青竜の召喚士」「魔道化リジョン」でサーチできます。特に「魔道化リジョン」とは相性が良く、このカードの召喚補助もできます。

守備力が200と低いので、寝かされると脆いのが難点です。

 

ウジャト眼を持つ男

「ウジャト眼を持つ男」(R) (4)

そこそこの攻撃力と、ピーピング効果を持ちます。ピーピング効果により、相手の行動に対処しやすくなりますが、カードアドバンテージには直接影響しないので、難しいところです。

 

マジカル・アンダーテイカー

「マジカル・アンダーテイカー」(R) (5)

蘇生できるカードには「結界術師 メイコウ」「魔道化リジョン」「サクリファイス」などがいます。リバース効果で遅いのが難点で、わざわざこのカードで蘇生させるメリットが薄いです。今後、「見習い魔術師」や特殊召喚時に効果を発動するモンスターが登場すれば、活躍する可能性はあります。

 

魔力隔壁

「魔力隔壁」(R) (3)

<テキスト>
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
このカードの発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。
●このターン、魔法使い族モンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚は無効化されず、
魔法使い族モンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚成功時に
相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
●自分フィールドの魔法使い族モンスター1体を対象として発動できる。
このターンそのモンスターが攻撃する場合、
相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

前半の効果は、「粘着落とし穴」「王者の看破」等から魔法使い族モンスターを守れます。また、この効果適用後の魔法使い族モンスター召喚・反転召喚・特殊召喚成功時にカードやカードの効果を発動することで、相手のチェーンを許さず、安全に通すことができます。

後半の効果は、「銀幕の鏡壁」によるカウンターなどを防ぎます。ただし、フリーチェーンカードには無力です。

相手に一切のダメージを与えられないデメリットが大きく、どちらの効果も1枚使う価値があるかどうか、微妙なところです。

 

破滅へのクイック・ドロー

「破滅へのクイック・ドロー」(R) (2)

<テキスト>
お互いのプレイヤーはドローフェイズ開始時に手札が0枚だった場合、
通常のドローに加えてもう1枚ドローする事ができる。
このカードのコントローラーは自分のターンのエンドフェイズ毎に
700ライフポイントを払う。
この時にライフポイントが700未満だった場合、ライフポイントは0になる。
自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードがフィールド上から離れた時、
自分は3000ポイントダメージを受ける。

追加ドローができますが、適用条件が厳しく、デメリットがかなり大きいです。相手も恩恵を受けることができ、初期ライフ4000のデュエルリンクスではなおさら活躍できそうにありません。

「スタンバイバーン」なら条件を満たしやすく、まだ役に立つ可能性はあります。

魂の綱

「魂の綱」(R) (6.5)

自分のモンスターが効果で破壊される必要があるので、条件はやや厳しいですが、レベル4モンスターなら何でもリクルートできるので、効果は強力です。

「怨念の魂 業火」「おとぼけオポッサム」とはかなり相性がよく、簡単に条件を満たせます。

発動条件、罠であり遅いこと、ライフコストが難点ですが、なかなか優秀です。

 

命の綱

「命の綱」(R) (4.5)

手札を全て捨てるデメリットが非常に大きいです。手札が1枚以上ないと発動できません。

このカードと手札全てを消費するので、装備カードなどで強化した方が良い場合が多いです。このカードを活かすなら、墓地へ送られた時や特殊召喚成功時に効果を発動するモンスターを蘇生させたいところです。

 

魔導紳士―J

「魔導紳士―J」(N) (3)

通常モンスターのため省略します。

 

初のストラクチャーデッキです。かなり安いですね。こういうので新規が入りやすくなってくれれば良いなと思います。それでは!

スポンサーリンク





Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です