【デュエルリンクス】ストラクチャーデッキEX「ネオス・フュージョン」新規カード考察と環境への影響

Pocket

ストラクチャーデッキEX「ネオス・フュージョン」の新規カードと、環境へ与える影響について考察します。

ストラクチャーデッキEX「ネオス・フュージョン」

ストラクチャーデッキ ネオス・フュージョン

「E・HERO ネオス」と「N(ネオスペーシアン)」モンスターのコンタクト融合を主体としたデッキとなっています。

ストラクチャーデッキEXは強力な新規カードが毎回収録されますが、今回も特に「ネオス・フュージョン」はかなり強力なカードとなっています。

新規カード5枚の考察をしていきます。

新規カード考察

※カード名の横に()で点数をつけ、評価しています。(点数は1~10で、数字が大きい程高評価です。カード単体の強さ、汎用性、他のカードとのシナジーやコンボ性、対人戦での強さ、CPU戦での周回に利用できるかといった点から評価しています。)

ネオス・フュージョン

「ネオス・フュージョン」(SR) (8.5)

今回一番の目玉カードです。
デッキ融合ができるので、下準備の必要なく高打点モンスターを特殊召喚できます。
墓地効果で破壊耐性などを付与するため、非常に強力です。

このカードの発動前は特殊召喚も可能なため、デメリットもほとんど気になりません。

「コンタクト融合」デッキでは必須となります。
墓地肥やしもできるため、「ミラクル・フュージョン」「ミラクル・コンタクト」などにも繋げられます。

「E・HERO ブレイブ・ネオス」を特殊召喚すれば好きなレベル4以下の効果モンスターをデッキから墓地へ送れるため、このカードと「E・HERO ネオス」だけ出張させることも十分考えられます。
「タスケルトン」「ヴォルカニック・バレット」「薔薇恋人」など、有力なカードは多いです。
このカードを発動したターンは特殊召喚できませんが、十分強力です。

「E・HERO ネオス・ナイト」 を特殊召喚すれば、好きな戦士族モンスターを墓地へ送れます。
「聖戦士カオス・ソルジャー」を墓地へ送り、次のターンに「バルキリー・ナイト」で蘇生する準備が一気に整います。

融合召喚ではないので「E・HERO ネオス・ナイト」の攻撃力は上昇しない点、墓地へ送ったモンスターの効果はタイミングを逃す可能性がある点には注意が必要です。

E・HERO ブレイブ・ネオス

「ネオス・フュージョン」(UR) (8)

「融合」以外にも「ネオス・フュージョン」「ミラクル・コンタクト」「ミラクル・フュージョン」などから特殊召喚できます。

条件が緩いので上記のカードと合わせて出張性能が高く、「沼地の魔神王」をデッキに入れていればお守りとして入れておけます。

(2)の効果は「NEXT」「ミラクル・コンタクト」「ラス・オブ・ネオス」辺りが有力です。

ネオスペース・コネクター

「ネオスペース・コネクター」(SR) (7)

コンタクト融合の強力なサポートカードです。
(1)(2)両方使えばすぐにコンタクト融合が行え、(1)の効果で「N・アクア・ドルフィン」をリクルートし、手札コストを活用すれば条件が整います。

単純に「E・HERO ネオス」をリクルートするだけでも強力です。

簡単にモンスターを並べることができるので、シンクロ召喚などと組み合わせることもできます。
戦士族なので「沈黙の剣士-サイレント・ソードマン」にも繋げられます。

魂の共有―コモンソウル

「魂の共有―コモンソウル」(R) (3)

モンスターの展開・打点強化ができますが、手札消費が激しく、扱いづらいカードです。

相手の場にも特殊召喚できるので、弱小モンスターを送りつけ、引導火力などに使えます。

NEXT

「NEXT」(R) (7)

相手の先行1ターン目に発動できる珍しいカードです。

「E・HERO ブレイブ・ネオス」でサーチでき、コンタクト融合のサポートとして強力です。

制約が厳しいですが、神召喚にも使えます。

環境への影響

「コンタクト融合」デッキは「N(ネオスぺーシアン)」やコンタクト融合体が貧弱なので、パワーが足りない印象です。

「ネオス・フュージョン」(と「ミラクル・コンタクト」「ミラクル・フュージョン」)の出張セットは簡単に高打点モンスターを出しつつ墓地肥やしができるため、時々見かけることになりそうです。

「六武衆」メタの「サイファー・スカウター」についでにメタられてしまうのがやや難です。


それでは!

Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です