ランク戦 チケット報酬のカード考察 SRチケット

Pocket

2017/7/4にランク戦が大幅リニューアルされ、チケット報酬が追加されました。今回は、SRチケットと交換できる新カードの考察をしていきます。


スポンサーリンク


ランク戦の累計勝利数で、チケット報酬がもらえます。

チケット報酬

 

SRチケットと交換可能な新カード考察

※カード名の横に()で点数をつけ、評価しています。(点数は1~10で、数字が大きい程高評価です。カード単体の強さ、汎用性、他のカードとのシナジーやコンボ性、対人戦での強さ、CPU戦での周回に利用できるかといった点から評価しています。)

百獣王 ベヒーモス

「百獣王 ベヒーモス」(SR) (5.5)

<テキスト>
このカードはモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
この方法でアドバンス召喚したこのカードの元々の攻撃力は2000になる。
このカードがアドバンス召喚に成功した時、リリースした数だけ
自分の墓地の獣族モンスターを選択して手札に戻す事ができる。

妥協召喚(=デメリットを負うものの、本来必要なコストを軽減して行える召喚方法)できる獣族モンスターです。

リリースした数だけ獣族モンスターをサルベージできるので、アドバンス召喚してもカード・アドバンテージの損失が発生しません。「魔獣の懐柔」「クロス・ソウル」を使えばアドバンテージを得られます。特に「魔獣の懐柔」とのコンボは強力です。

リリース素材に指定はないので、獣族デッキ以外でも採用の余地があります。「グレート・アンガス」「魂を喰らう者 バズー」などは、ビートダウン系のデッキなら自然に投入できます。

妥協召喚してもレベルは変わらないので、「オーバーウェルム」と相性が良いです。

ただし、妥協召喚した場合攻撃力が2000と低く、すぐに場に影響を与える効果ではないので、遅さが目立ちます。

 

パーフェクト機械王

「パーフェクト機械王」(SR) (3)

最上級モンスターであるのに、場に他の機械族モンスターを必要とするため、運用が難しいです。

また、守備力が低いため、「エネミー・コントローラー」などで寝かされると簡単に戦闘破壊されてしまう恐れがあります。「レアメタル化・魔法反射装甲」などで防ぎながら攻められれば理想的です。

通常召喚可能な機械族モンスターの中では、現在最高の攻撃力を誇ります。

 

 

オオアリクイクイアリ

「オオアリクイクイアリ」(SR) (6.5)

<テキスト>
このカードは通常召喚できない。

自分フィールド上の魔法・罠カード2枚を
墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
1ターンに1度、相手フィールド上の
魔法・罠カード1枚を選択して破壊できる。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない

そのターン攻撃できなくなりますが、1ターンに1度、魔法・罠を破壊できる強力な効果を持ちます。場に維持できればなかなかの制圧力です。自分のカードは破壊できないので、「荒野の大竜巻」などとコンボはできません。

召喚条件がネックで、通常召喚できず2枚消費で特殊召喚するので、やや重いです。相手モンスターに装備した「ビッグバン・シュート」や、ライフコストを払った「銀幕の鏡壁」、「ディメンション・ゲート」、カウンター後の「メタル化・魔法反射装甲」、「サクリファイス」の装備カード、「死霊の巣」、「破邪の刻印」などをコストにすれば損失を抑えることができます。

スキル「偽トラップ」やフィールド魔法系のスキルを使用する手もあります。レベル5なので、スキル「インチキドロー」も検討できます。

昆虫族モンスターなので、「フライング寄生」デッキの「翡翠の虫笛」対策になります。

稼ぎ用としても使えそうですね。(「イナゴの軍勢」で事足りるかもしれませんが。)なかなか優秀なモンスターです。

 

ピケルの魔法陣

「ピケルの魔法陣」(SR) (4)

効果ダメージのピンポイントメタです。

「革命」や「サクリファイス」「寄生虫パラサイド」などの効果ダメージを防げますが、それしか効果を持たないので、非常に腐りやすいです。今後、効果ダメージを多用するレジェンドが登場すれば活躍の可能性もありますが、それも回復カードで賄えそうです。

「最古式念導」のダメージを防ぐこともできます。

 

八汰烏の骸

「八汰烏の骸」(SR) (7)

「強欲な瓶」の上位互換で、相手の場にスピリットモンスターがいれば、2ドローできます。「因幡之白兎」はたまに見かけますが、おまけ程度に考えておいた方が良いでしょう。「死のマジック・ボックス」などで自分のスピリットモンスターを送り付けても条件を満たせます。

「強欲な瓶」同じく、デッキ圧縮やブラフ、「嵐」の弾として使用できます。「嵐」デッキなどで、活躍が期待できます。

 

「オオアリクイクイアリ」「八汰烏の骸」が狙い目です。ランク戦100勝はなかなか大変ですが、チケット報酬は魅力的ですね。それでは!

 

関連記事:
ランク戦 チケット報酬の8月追加カード考察
ランク戦 チケット報酬の9月追加カード考察

スポンサーリンク





Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です