【デュエルリンクス】「紫炎の道場」がLIMIT2に!環境への影響は?

Pocket

2019年5月16日に「紫炎の道場」がLIMIT2になります。
「六武衆」デッキ、環境への影響を考えてみたいと思います。

「紫炎の道場」がLIMIT2に指定

紫炎の道場 リミットレギュレーション

今回のリミットレギュレーションはこのカードのみです。

現状、環境トップの「六武衆」に3積み必須でした。
おもに「影六武衆-フウマ」をリクルートし、手札にダブついても「真六武衆―エニシ」のリクルート、重ね掛けによる相手の「真六武衆―シエン」の突破などの多くの場面に使え、ほぼ腐ることのない強力な展開札です。

「六武衆」デッキ、環境への影響は?

「六武衆」デッキ、環境への影響はあまりないと思います。
非常に緩いリミットレギュレーションですね。

強力な展開札ですが、「六武衆」デッキには「六武衆の荒行」「六武衆の結束」などの代わりに採用できる強力なカードが多く、「紫炎の道場」が3枚から2枚になったところでそこまで影響はありません。

「影六武衆-フウマ」や「真六武衆―エニシ」などにも規制をかけないとまだまだ「六武衆」環境は続きそうです。

ただし、LIMIT2の「狡猾な落とし穴」「エネミー・コントローラー」を積めなくなった点は結構大きいです。

「狡猾な落とし穴」が積めなくなるので、これを通されるとほぼ負けである「アマゾネス」はかなりやりやすくなりそうです。
また、「カラクリ忍者 参参九」などの裏守備モンスターは今よりは突破されにくくなります。
(「幻層の守護者アルマデス」「六武派二刀流」があるので安心はできません。)

「ロックバーン」相手に場を空けることも難しくなりました。

「六武衆」側の伏せカードは「六武派二刀流」であることが多くなりそうなので、動きを予想しやすく、「クリボール」「雷帝家臣-ミスラ」などのメタカードも効きやすくなりそうです。


「レッドアイズ」ストラクが噂されていますね。
新パックも出るので楽しみです。
それでは!

Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です