「レッドアイズ・スピリッツ」などの”本気”の城之内克也のドロップカード考察

Pocket

「”本気”の「城之内克也」がデュエルワールドに出現」で登場する城之内克也からドロップする新カードの考察です。


スポンサーリンク


”本気”の城之内克也のドロップカード

 

レッドアイズ・スピリッツ「レッドアイズ・スピリッツ」(SR)

自分の墓地の「レッドアイズ」モンスター1体を蘇生する通常罠です。

今回の報酬の目玉カードです。

対象となるモンスターは2017/5/18の時点で、「真紅眼の黒竜」「真紅眼の凶星―メテオ・ドラゴン」「レッドアイズ・ブラックメタルドラゴン」の3体しかいませんが、蘇生効果は強力です。特に「真紅眼の黒竜」は「青竜の召喚士」でサーチでき、「メテオ・ブラック・ドラゴン」の融合素材である点、「黒竜の雛」で手札から特殊召喚できる点などから、墓地に送りやすいです。「針虫の巣窟」や「魔導雑貨商人」で無理やり墓地に送るのも手です。「真紅眼の黒竜」を「王者の看破」などで守りつつ、何度も場に出せればなかなか強力です。ちなみに「真紅眼の凶星―メテオ・ドラゴン」も「超合魔獣ラプテノス」の融合素材なので、「融合」で墓地に送れます。

(2017/6/13追記)
「真紅眼の飛竜」「真紅眼の不死竜」が新パックで追加されました。特に「真紅眼の飛竜」は優秀な下級モンスターです。

真紅眼の凶星―メテオ・ドラゴン

「真紅眼の凶星―メテオ・ドラゴン」(SR)

攻撃力1800の上級デュアルモンスターで、再度召喚すると他の「レッドアイズ」モンスターに破壊耐性を付与する永続効果を得ます。

「メテオ・ドラゴン」のリメイクモンスターです。

自身には効果が及ばない上、上級デュアルモンスターなので遅さが目立ちます。このカードを再度召喚できても、場に他の「レッドアイズ」モンスターがいないと意味がありません。

一応このカードを2体並べれば破壊耐性を得ますが、「サクリファイス」「クロス・ソウル」や「エネミー・コントローラー」によるコントロール奪取など、弱点は多いです。

デュアルモンスターですが他のデュアルモンスターとも共存しにくく、何かと使いにくいカードです。

聖導騎士イシュザーク

「聖導騎士イシュザーク」(SR)

攻撃力2300の上級モンスターで、戦闘破壊したモンスターを除外します。

「異次元の凶獣」の上級モンスター版です。モンスターを除外しますが、戦闘を介する必要があり、上級モンスターとしては少し物足りないです。

戦闘破壊したモンスターを除外するメリットとしては、
・「墓守の召喚師」「素早いムササビ」などの墓地に送られた時に発動するモンスターの無効化
・蘇生の妨害
・「死霊の巣」などの墓地利用の停止
などがあります。

魔導騎士ギルティア

「聖導騎士イシュザーク」(R)

攻撃力1850の融合モンスターです。

今のところ使い道はありませんが、今後「簡易融合」やシンクロ・エクシーズが実装されれば使えるかもしれません。

王座の守護者

「王座の守護者」(N)

通常モンスターのため割愛。こんなんじゃ王座を守れません。

 

冥界の番人

「冥界の番人」(N)

通常モンスターのため割愛。斬りかかっても返り討ちに合いそうな貧弱ぶりです。

 

「レッドアイズ・スピリッツ」が目玉カードですね。それでは!

スポンサーリンク





Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です