「シークレット・ドロー」スキル考察

Pocket

キースがLv.13で習得するスキル「シークレット・ドロー」の考察です。

スポンサーリンク


スキル「シークレット・ドロー」とは

シークレット・ドロー

キースがLv.13で習得するスキルで、ライフが1500減る毎に「7カード」を手札に加えるスキルです。1ターンに1度、デュエル中に2度まで使用できます。「7カード」は機械族専用の装備魔法で、攻守どちらかを700upさせます。

7カード

スキル「シークレット・ドロー」解説

スキル「シークレット・ドロー」はライフが1500減る毎に発動できるので、比較的容易に発動できます。単純にカードアドバンテージを得られるので、強力ですね。「7カード」は上昇値も700と高めですが、機械族モンスターにしか装備できないので、ほぼ機械族デッキ専用となります。機械族デッキでの採用率が高い「レアメタル化・魔法反射装甲」とは相性が悪い(「7カード」が「レアメタル化・魔法反射装甲」で無効化される)ので、注意が必要です。

機械族モンスターのおすすめカード

「エレクトロ軍曹」

場に存在する限り、1ターンに1度、相手のセットされた魔法・罠を封じる強力なモンスターです。機械族デッキ以外でも高い採用率を誇ります。このカードは必須でしょう。

「ツインバレル・ドラゴン」

機械族の下級モンスターで最高攻撃力(2017/4/20現在)を誇ります。また、召喚・反転召喚・特殊召喚時に1/4の確率で相手の場のカードを破壊します。

「機械王―プロトタイプ」

星3で攻撃力1600もあり、場のこのカード以外の機械族モンスター1体につき攻守100upします。「死の4つ星てんとう虫」で破壊されないのは大きなメリットです。

「ロードブリティッシュ」「ビクトリー・バイパー XX03」

相手モンスターを戦闘破壊した時に、状況に応じた効果を選択し、発動できます。攻撃力が1200と低めですが、「7カード」で1900にまで達し、大抵の下級モンスターを戦闘破壊できるようになります。

その他相性の良いカード

「拘束解放波」

自分の場の装備魔法と、相手の場のセットされた魔法・罠を全て破壊する装備魔法です。「7カード」は装備魔法なので、非常に相性が良いです。

 

「ビクトリー・バイパー」デッキはロマンがありますね。それでは!

スポンサーリンク





Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です