【デュエルリンクス】「潜海奇襲(シーステルス)」デッキレシピ

Pocket

環境上位デッキの1つである「潜海奇襲(シーステルス)」デッキを紹介します。


スポンサーリンク


「潜海奇襲(シーステルス)」デッキの概要

 

「潜海奇襲」の強力な効果を中心としたビートダウンデッキです。

「海」(または「伝説の都―アトランティス」などのカード名を「海」として扱うカード)、「潜海奇襲」、レベル5以上の水属性モンスターを場に揃えられれば、非常に高い制圧力を誇ります。

この布陣が揃えば、戦闘で相手モンスターを一方的に効果破壊し、相手の除去をサクリファイス・エスケープしつつ表側魔法・罠に破壊耐性を付与できます。
相手のデッキ次第では完封も狙えます。

「城塞クジラ」型(「隣の芝刈り」採用型含む)や「伝説の都―アトランティス」軸、「リチュア」儀式軸が主です。

弱点は

  • 上級モンスターや儀式軸の場合、事故率が比較的高い点
  • 「サフィラ機械天使」などの速攻系のデッキにはカードが揃うまでに押し切られやすい点
  • 「コズミック・サイクロン」「ゲーテの魔導書」「封魔の矢」「カオスハンター」「薔薇恋人」などのメタカード
  • 「猪突猛進」「エネミーコントローラー」などで場を空けられ攻められる点

が挙げられますが、それを差し引いても強力なデッキです。
(必須カードにパック産高レアリティカードが多く、デッキの敷居が高いのもやや難点です。)

 

潜海奇襲

「潜海奇襲」(SR)

テキスト
(1):このカードの発動時の効果処理として、自分の手札・墓地の「海」1枚を選び、発動できる。
(2):フィールドに「海」が存在する場合、表側表示のこのカードは以下の効果を得る。
●1ターンに1度、自分フィールドの水属性モンスター1体をエンドフェイズまで除外して発動できる。
このターン、自分フィールドの表側表示の魔法・罠カードは相手の効果では破壊されない。
●元々のレベルが5以上の自分の水属性モンスターが
相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動する。
その相手モンスターを破壊する。

→新パック「アビス・エンカウンター」12枚の注目カード考察!「潜海奇襲」など

 

 

「潜海奇襲(シーステルス)」デッキ紹介 その1
下級モンスター軸「城塞クジラ」型

デュエルリンクス 城塞クジラシーステルスデッキ

※エクストラデッキは任意のモンスターです。

 

デッキ解説

下級モンスター軸の「城塞クジラ」型「潜海奇襲(シーステルス)」デッキです。
(「隣の芝刈り」不採用型)

下級モンスターが中心で、「海」(として扱うカード)を採用せずに済むため、最も安定性が高く、現在の主流の型といえます。

基本は下級モンスターでビートしつつ、隙あらば「城塞クジラ」の特殊召喚を狙っていきます。
「城塞クジラ」を特殊召喚できれば、「城塞クジラ」自身の耐性と「潜海奇襲」サーチにより、非常に強力な布陣を整えられます。

 

各カード解説

「アビス・ソルジャー」

場のカード1枚をバウンスできる強力なアタッカーです。

伏せカードを戻し「城塞クジラ」を安全に着地させたり、相手の厄介なモンスターをバウンスできます。
「機械天使」「森羅」「デッキ破壊」などに特に有効で、幅広いデッキを見ることができます。

「城塞クジラ」「ドラゴン・アイス」「リチュア」モンスターと、コストにはあまり困りません。
自分の場のカードも戻せるため、「強化蘇生」などとも高相性です。

 

「城塞クジラ」

キーカードです。
自身の効果で自己再生できるため、コストにもしやすいです。

おもに「リチュア・ビースト」「バージェストマ・カナディア」を絡めて特殊召喚します。
非常に強力な効果・耐性を持ちますが、「天罰」や「ゲーテの魔導書」、「底なし落とし穴」などに弱いので、タイミングを見極める必要があります。

 

「ドラゴン・アイス」

レベル5水属性であり、自身の効果で簡単に特殊召喚できます。

手札コストとしても使いやすく、相手の特殊召喚に反応して壁になるため、防御札として有用です。

 

「リチュア・エリアル」

序盤の戦線維持を担います。
「リチュア・ビースト」をサーチし、「城塞クジラ」の特殊召喚を狙います。
今回は採用していませんが、「リチュア・チェイン」もサーチ候補として有力です。

 

「リチュア・ビースト」

墓地の「リチュア」モンスターを守備表示で蘇生できます。
相手ターン、蘇生した「リチュア」モンスターを「潜海奇襲」で除外して守れば、次の自分ターンで攻撃表示にし、アタッカーとして活用できます。

今回は採用していませんが、「隣の芝刈り」とも高相性です。

 

「エネミーコントローラー」

汎用防御カードです。

苦手な「機械天使」「魔導書」へのメタとなります。

 

「バージェストマ・カナディア」

防御札としては勿論、「城塞クジラ」のリリース要員、「潜海奇襲」のコストとしても活用できます。

 

「鏡像のスワンプマン」

水属性アタッカーとして使え、特殊召喚なので手数を増やすことができます。

「アマゾネス」「魔導書」などに対して有効です。

 

「天罰」「神の摂理」

環境に良く合ったカードです。

「城塞クジラ」や「森羅」「ギアギア」「陽炎獣」モンスター、「アマゾネス王女」「魔導書士 バテル」「光鱗のトビウオ」「センジュ・ゴッド」など、相手のキーカードを含む幅広いカードを止めることができます。

コストもこのデッキならあまり困りません。

 

「潜海奇襲」

キーカードです。
「城塞クジラ」からサーチできます。

下級モンスターをサクリファイス・エスケープするのも強力です。

 

「マジック・ディフレクター」

「エネミーコントローラー」「猪突猛進」「禁じられた聖杯」などの汎用カードは勿論、「マスク・チェンジ」や苦手な「コズミック・サイクロン」「ゲーテの魔導書」を防ぐことができます。

「海」の効果も無効になる点には注意が必要です。

 

 

 

今回採用を見送った相性の良いカード

 

リチュア・チェイン「リチュア・チェイン」

「リチュア・エリアル」でサーチ可能なアタッカーです。
デッキトップを操作でき、安定します。
水属性モンスターをデッキトップに置けば、「フィッシュボーグ―プランター」の蘇生を確実に狙うことができます。

 

フィッシュボーグ―プランター「フィッシュボーグ―プランター」

「アビス・ソルジャー」「城塞クジラ」などのコストに使えます。
運任せもありですが、「リチュア・チェイン」の効果に合わせるのが理想です。

 

 

スクリーチ

「スクリーチ」

「城塞クジラ」「ドラゴン・アイス」「フィッシュボーグ―プランター」「キラー・スネーク」を墓地へ送れます。
戦闘破壊される必要があり、遅さがやや難点です。
「アマゾネス」「魔導書」「ギアギア」などに弱いため、採用を見送りました。

 

ハンマー・シャーク

「ハンマー・シャーク」

アタッカー兼展開要員として優秀です。

 

鰤っ子姫

「鰤っ子姫」

「ハンマー・シャーク」「フィッシュボーグ―プランター」をリクルートできます。

 

「雲魔物―タービュランス」「雲魔物―タービュランス」

下準備なしに「城塞クジラ」のリリース要員を確保できます。
「エネミーコントローラー」で自壊してしまうこと、「雲魔物―スモークボール」を素引きしてしまうリスクが難点です。

 

レクンガ

「レクンガ」

「城塞クジラ」のコストに適しています。

「隣の芝刈り」を採用する場合、有力なカードです。

 

 

 

 

パラレル・ツイスター

「パラレル・ツイスター」

「海」をコストにすれば、汎用除去カードとして使えます。

「海」は「潜海奇襲」で再発動を狙えます。

 

強化蘇生

「強化蘇生」

展開札として優秀なカードです。

「アビス・ソルジャー」で再利用できます。

 

フィッシャーチャージ

「フィッシャーチャージ」

2:2交換を狙える除去カードで、フリーチェーンなので相手の除去に合わせれば、アドバンテージを得やすいです。

「ハンマー・シャーク」「フィッシュボーグ―プランター」(「鰤っ子姫」)をコストにします。

 

 

 

「潜海奇襲(シーステルス)」デッキ紹介 その2
「伝説の都―アトランティス」軸

デュエルリンクス シーステルスデッキ

※エクストラデッキは任意のモンスターです。

 

デッキ解説

「伝説の都―アトランティス」軸の「潜海奇襲(シーステルス)」デッキです。
スキル「三星降格」と、「水魔神―スーガ」を採用しています。

スキル「三星降格」で「水魔神―スーガ」をセットすれば時間稼ぎもでき、「潜海奇襲」がなくてもある程度戦えます。

 

各カード解説

「伝説のフィッシャーマン二世」

効果モンスターの効果に耐性があり、除去されても緩い条件で後続をサーチできます。

守備力も高く、「潜海奇襲」がなくても戦闘破壊されにくい点も強みです。

今回は採用していませんが、「城塞クジラ」「海竜―ダイダロス」もサーチできます。

 

「アビス・ソルジャー」

下級アタッカーであり、手札コストを要するものの場のカード1枚をバウンスできます。

苦手な「サフィラ機械天使」に強いカードです。
「ロックバーン」「デッキ破壊」などにも強いです。

 

「クリボール」

場ががら空きになりやすいこのデッキでは重宝します。
「封魔の矢」に対応できるのが最大の利点です。

 

「アトランティスの戦士」

キーカード「伝説の都―アトランティス」をサーチできる必須カードです。
アタッカーとしても機能し、複数枚あっても腐りにくい優秀なカードです。

 

「水魔神―スーガ」

スキル「三星降格」で場に出します。
セットすれば、布陣を整える時間稼ぎにもなります。

「伝説のフィッシャーマン二世」でサーチできます。

 

「後に神と呼ばれる亀」

レベル5モンスターとしてはステータスは低めですが、特殊召喚を封じる強力な効果を持ちます。

「サイバー・エンジェル―韋駄天」「剣闘獣」「強化蘇生」「電磁石に戦士β」「ダウンビート」辺りがメタ範囲です。

 

「機海竜プレシオン」

レベル5水属性モンスターで、優秀な除去効果を持ちます。
守備力も高く、「潜海奇襲」がなくても戦闘破壊されにくい点も強みです。

「デーモンの呼び声」「心眼の祭殿」などの厄介な永続カードを破壊できます。

 

「伝説の都―アトランティス」

キーカードです。
複数枚来ると邪魔なので、「アトランティスの戦士」と併せて5枚体制にしています。

 

「エネミーコントローラー」

汎用防御カードです。
苦手な「サフィラ機械天使」を意識しています。

 

「潜海奇襲」

キーカードです。
手札に来る確率を少しでも上げたいので、3枚採用しています。

 

 

 

今回採用を見送った相性の良いカード

城塞クジラ

「城塞クジラ」

「潜海奇襲」をサーチでき、強力な耐性を持ちますが、今回の構築では展開力がなく、特殊召喚条件を整えるのが難しいため、採用を見送りました。
「伝説のフィッシャーマン二世」でサーチできます。

 

海竜―ダイダロス

「海竜―ダイダロス」

「海」をコストに強力なリセット効果を発動できますが、デッキコンセプトに合わないため、採用を見送りました。
「伝説のフィッシャーマン二世」でサーチできます。

 

巨大戦艦 クリスタル・コア

「巨大戦艦 クリスタル・コア」

戦闘に強いモンスターですが、このデッキは元々戦闘に強いため、必要ではないと感じました。

 

深海の戦士

「深海の戦士」

「エネミーコントローラー」「猪突猛進」などの苦手な魔法に耐性を持ちますが、「潜海奇襲」がないと使い物にならないので、事故要因になります。

 

蛮族の狂宴LV5

「蛮族の狂宴LV5」

「伝説のフィッシャーマン二世」「深海の戦士」などを特殊召喚できます。
「伝説のフィッシャーマン二世」のサーチ効果は無効になりません。
特殊召喚したモンスターを「潜海奇襲」で除外すれば、モンスター効果も使えるようになります。

 

 

マジック・ディフレクター

「マジック・ディフレクター」

「コズミック・サイクロン」「猪突猛進」「エネミーコントローラー」と弱点となり得るカードへのメタとなり、悪くないカードです。
ちなみに自分のカード効果も無効になるため、「伝説の都―アトランティス」も無効になります。

 

 

「潜海奇襲(シーステルス)」デッキ紹介 その3
「リチュア」儀式軸

 

 

デュエルリンクス シーステルスデッキ リチュア軸

※エクストラデッキは任意のモンスターです。

 

デッキ解説

「リチュア」儀式軸の「潜海奇襲(シーステルス)」デッキです。
「伝説の都―アトランティス」に頼らずとも上級水属性モンスターを場に出しやすいため、デッキに「海」「伝説の都―アトランティス」などを積まなくても良く、最序盤から布陣の完成を狙えることが最大のメリットです。

「イビリチュア・テトラオーグル」が強力で、「城塞クジラ」「ドラゴン・アイス」を落とし展開したり、「リチュアの儀水鏡」を落としハンド・アドバンテージを得ることができます。
今回は採用していませんが、「城塞クジラ」が既に手札にあれば「フィッシュボーグ―プランター」を落とし、展開したり、「タスケルトン」などの防御札を用意したり、「海」を落とし保険をかけることもできます。

ただし、相手にも利用されること、「天罰」などのカウンター罠をチェーンされると「潜海奇襲」で回避できない点には注意が必要です。

 

各カード解説

「イビリチュア・マインドオーガス」

墓地の「機械天使の儀式」「祝祷の聖歌」や、「薔薇恋人」などの苦手なカードをデッキに戻せます。
「デッキ破壊」対策にもなります。
「狡猾の落とし穴」と相性が良く、採用を検討できます。

 

「イビリチュア・テトラオーグル」

基本的にこのカードを優先して儀式召喚します。
効果で「城塞クジラ」を墓地に落とし、「潜海奇襲」に繋げられます。

今回は採用していませんが、「城塞クジラ」が既に手札にあれば「フィッシュボーグ―プランター」を落とし、展開したり、「タスケルトン」などの防御札を用意したり、「海」を落とし保険をかけることもできます。

相手のデッキによって、「D-HERO ディバイン・ガイ」「薔薇恋人」「機械天使の儀式」「祝祷の聖歌」「「A」細胞組換え装置」などを落とされて利用されてしまう点、「天罰」などのカウンター罠をチェーンされると「潜海奇襲」で回避できない点、相手が手札を捨てこの効果を無効にできる点には注意が必要です。

 

 

「リチュア・チェイン」

デッキの潤滑油で、高確率でサーチでき、打点も高いです。
水属性なので、「城塞クジラ」に繋げられます。

 

「城塞クジラ」

「イビリチュア・テトラオーグル」から展開します。
強力な耐性とキーカード「潜海奇襲」をサーチする効果を持ち、高い制圧力を誇ります。

 

「ドラゴン・アイス」

「イビリチュア・テトラオーグル」から落とします。
水属性レベル5で、防御札としても機能します。

 

 

「リチュアの儀水鏡」

「リチュア」儀式モンスターの儀式召喚に必要なカードです。
リリースするモンスターのレベルが丁度である必要があります。

 

「潜海奇襲」

キーカードです。
手札に来る確率を少しでも上げたいので、3枚採用しています。

 

「儀水鏡の幻影術」

一時的に「リチュア」儀式モンスターを場に出せます。
場に出したモンスターをターン終了前に「潜海奇襲」のコストで除外すれば、手札に戻りません。

 

 

 

今回採用を見送った相性の良いカード

アビス・ソルジャー

「アビス・ソルジャー」

下級アタッカーであり、手札コストを要するものの場のカード1枚をバウンスできます。

「森羅」「ギアギア」や苦手な「サフィラ機械天使」に強いカードです。
「ロックバーン」「デッキ破壊」などにも強いです。

 

フィッシュボーグ―プランター

「フィッシュボーグ―プランター」

「イビリチュア・テトラオーグル」で墓地へ送る有力候補です。
「城塞クジラ」に繋げやすく、「リチュア・チェイン」でデッキトップを操作すれば、確実に自己再生できます。
この他に「海」「タスケルトン」「キラー・スネーク」辺りも有力です。

 

 

サイバー・エンジェル―弁天」

「サイバー・エンジェル―弁天」

「リチュア」儀式モンスターの儀式召喚時にリリースすれば「センジュ・ゴッド」をサーチでき、採用の余地があります。

 

リチュアの写魂鏡

「リチュアの写魂鏡」

少ないカード消費で儀式召喚ができます。
「M・HERO 闇鬼」や「ロックバーン」デッキに非常に脆いため、採用を見送りました。

 

リチュア・エリアル

「リチュア・エリアル」

「リチュア」モンスターをサーチでき、「城塞クジラ」のリリースにも使えます。

 

 

構築難易度が高く、事故率も低くはありませんが、強力な布陣で圧倒することができます。
対策カードがないと一方的な展開になる強力なデッキです。

それでは!

スポンサーリンク





Pocket

あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. 2018年3月12日

    […] →「潜海奇襲(シーステルス)」デッキレシピ […]

  2. 2018年4月6日

    […] る「天罰」「神の摂理」「底なし落とし穴」や、「潜海奇襲」を封じる「コズミック・サイクロン」「封魔の矢」などがメタとして有効です。→「潜海奇襲(シーステルス)」デッキレシピ […]

  3. 2018年4月13日

    […] 具体的には、前者は「アビス・ソルジャー」「潜海奇襲」擁する「シーステルス」デッキや「戦慄の凶皇-ジェネシス・デーモン」擁する「デーモン」デッキ、後者は「サイバー・エン […]

  4. 2018年6月8日

    […] る「天罰」「神の摂理」「底なし落とし穴」や、「潜海奇襲」を封じる「コズミック・サイクロン」「封魔の矢」などがメタとして有効です。→「潜海奇襲(シーステルス)」デッキレシピ […]