「ネフティスの鳳凰神」デッキの紹介(「炎王の孤島」軸)

Pocket

環境上位デッキの1つである「ネフティスの鳳凰神」デッキを紹介します。「炎王の孤島」軸です。





「ネフティスの鳳凰神」とは

ネフティスの鳳凰神

テキスト
このカードがカードの効果によって破壊され墓地へ送られた場合、
次の自分のスタンバイフェイズ時にこのカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚に成功した時、フィールド上の魔法・罠カードを全て破壊する。

 

効果破壊されても復活する効果を持ち、その際に場の魔法・罠を全て破壊する強力な強制効果を持ちます。

専用サポート「ネフティスの導き手」や、「炎王獣 ヤクシャ」「炎王の孤島」など、シナジーするカードが非常に多いのが特徴で、デッキ構築・プレイングもかなり自由度が高いです。

ステータスが最上級モンスターの割に低い点や、場ががら空きになりやすいのがやや難点です。また、「クロス・ソウル」などの効果破壊以外の除去や、スキル「現世復帰の制約」などの墓地メタには弱いです。

「ネフティスの鳳凰神」について詳しくは、「ドーン・オブ・ディスティニー」URカードの評価と考察の記事をご覧ください。

 

「ネフティスの鳳凰神」デッキ紹介

「ネフティスの鳳凰神」デッキ

※エクストラデッキは任意のモンスターです。

 

デッキ解説

「ネフティスの鳳凰神」と「炎王の孤島」or「炎王獣 ヤクシャ」を素早く手札に揃え、「ネフティスの鳳凰神」でビートダウンするデッキです。

スキルは「リスタート」と迷うところですが、「真紅眼の不死竜」や「トゥーン・リボルバー・ドラゴン」、ミラーなどで有利になる「粉砕!」を採用しました。

 

 

各カード解説

「ネフティスの鳳凰神」

このデッキのキーカードです。

 

「クリボール」

手札誘発なので、魔法・罠を破壊する「ネフティスの鳳凰神」と相性が良く、場ががら空きになりやすいこのデッキでは重宝します。
使う必要がなかったら「炎王の孤島」のコストにもなります。

 

「エア・サーキュレーター」

手札交換により事故回避ができ、「炎王の孤島」との組み合わせでアドバンテージを得ます。
中盤以降、召喚権が余ることが多くなるので、単に壁としても機能します。

 

「炎王獣 ヤクシャ」

メインアタッカーで、「ネフティスの鳳凰神」や「荒野の大竜巻」とシナジーします。「ネフティスの鳳凰神」復活前に「炎王の孤島」を破壊することもできます。

「ネフティスの鳳凰神」が手札にある状態でセットしておけば、奇襲できます。

 

「エネミー・コントローラー」

汎用性の高い速攻魔法で、「ネフティスの鳳凰神」で伏せ除去した後の1キルや、「炎王の孤島」のデメリットに相手モンスターを巻き込む使い方もできます。相手モンスターを一方的に破壊できる「猪突猛進」も捨てがたいですが、今回は採用を見送りました。

 

「炎王の孤島」

アドバンテージ源になる強力なフィールド魔法で、手札の「ネフティスの鳳凰神」を破壊しつつ「炎王獣 ヤクシャ」をサーチできます。状況次第では、(2)の効果で手札から直接「ネフティスの鳳凰神」を展開することもあります。

 

「魂のカード」

初期ライフで「ネフティスの鳳凰神」をサーチできます。
このカードを意識し、序盤はなるべくダメージを受けないよう立ち回りしましょう。
複数枚来ると邪魔になるため、採用枚数は2枚にしています。

 

「荒野の大竜巻」

「ネフティスの鳳凰神」「炎王獣 ヤクシャ」と組み合わせ、相手の高打点モンスターなどを除去できます。
「トゥーン・リボルバー・ドラゴン」になどに強いのも利点です。「燃え上がる大海」「お家おとりつぶし」は、基本的にアド損となるため、今回は採用を見送りました。

 

「デストラクト・ポーション」

効果破壊以外で除去されそうな時、「ネフティスの鳳凰神」復活後に相手が魔法・罠を伏せた時など、好きなタイミングで「ネフティスの鳳凰神」を破壊できます。
回復もできるので、場ががら空きになってもあまり気になりません。
「エネミー・コントローラー」で奪ったモンスターを破壊する手もあります。
似たようなカードに「ジェネレーション・チェンジ」が存在します。

 

「ネフティスの鳳凰神」デッキはプレイングの幅が広いので、飽きにくいのも1つの魅力ですね。それでは!







Pocket

あわせて読みたい