【デュエルリンクス】新パック「パワー・オブ・ブレイブ」注目カード考察!

Pocket

2018/10/23に遊戯王デュエルリンクスのミニBOX「パワー・オブ・ブレイブ」が追加されます。
「パワー・オブ・ブレイブ」収録のカードから注目カードを評価・考察していきます。

遊戯王デュエルリンクス パワー・オブ・ブレイブ

カードの評価・考察

※カード名の横に()で点数をつけ、評価しています。(点数は1~10で、数字が高い程高評価です。カード単体の強さ、汎用性、他のカードとのシナジーやコンボ性、対人戦での強さ、CPU戦での周回に利用できるかといった点から評価しています。)

 

 

パワー・ツール・ドラゴン

 

「パワー・ツール・ドラゴン」(UR) (6.5)

現状、唯一の素材縛りなしレベル7シンクロモンスターです。

サーチ効果は扱いづらく、装備魔法がデッキに3枚以上ないと発動できません。
無理に狙うような効果でもないので、現状、ほとんどの場合バニラ感覚で使うことになりそうです。
(「聖騎士」デッキならサーチ効果を十分狙えますが、そのためにこのカードをシンクロ召喚するギミックを入れては本末転倒です…)

装備魔法では「D・D・R」「やりすぎた埋葬」「自律行動ユニット」「魔導師の力」辺りが比較的扱いやすいです。

 

 

破壊剣士の伴竜

 

「破壊剣士の伴竜」(UR) (7)

非常に優秀なチューナーモンスターで、「バスター・ブレイダー」デッキを組む際は必須カードとなります。

(1)の効果は召喚時に「破壊剣」カードをサーチできます。

「破壊剣士融合」はもちろん、永続系の魔法・罠メタor打点強化の「破壊剣―アームズバスターブレード」や、相手の墓地のモンスター効果を封じる「破壊剣―ウィザードバスターブレード」などをサーチできます。

(2)の効果は自身をリリースして手札・墓地から「バスター・ブレイダー」を特殊召喚する効果です。

「バスター・ブレイダー」は「竜破壊の証」でサーチできるため、狙いやすいです。

(3)の効果は自己再生効果です。

(1)の効果でサーチしたカードをコストにでき、おもにシンクロ召喚を狙えます。
このカードでサーチできる「破壊剣士融合」が自身のサルベージを行えるため、経由すればコストの縛りは無くなります。

自己再生したターンで(2)の効果に繋げられない点には注意が必要です。

 

好敵手の記憶

 

「好敵手の記憶」(UR) (7.5)

成功すれば、1枚のカードアドバンテージを得ます。

発動タイミングが相手の攻撃宣言時である点や、ダメージを受けないといけない点、帰還までのタイムラグが長い点から複数枚積みにくく、扱いづらいカードではありますが、リターンは大きく、序盤で発動できれば強力です。

特殊召喚に制限を持つモンスターに対しては除去のみになってしまうため、注意が必要です。

 

 

破壊剣士融合

「破壊剣士融合」(SR) (6)

「超魔導剣士―ブラック・パラディン」「竜破壊の剣士―バスター・ブレイダー」を融合召喚でき、相手の場のモンスターも融合素材にできるため、ドラゴン族と「ブラック・マジシャン」のメタになります。

特に流行りの「ブルーアイズ」に対して有効な点は大きいです。

速攻魔法なのが大きく、サクリファイス・エスケープや追撃もできます。

「DNA改造手術」でドラゴン族を宣言すれば、相手モンスターの種族に関係なく融合素材にでき、「竜破壊の剣士―バスター・ブレイダー」で制圧できます。

ただし、融合召喚は消費が大きく、一度融合モンスターを除去されると立て直しが難しいです。
事故も多く「DNA改造手術」はサーチできません。
そのため、環境デッキには一歩及ばない印象です…

「破壊剣」カードなので「破壊剣の伴竜」からサーチできます。
また、このカード自身のサルベージ効果を経由することで、「破壊剣の伴竜」の自己再生効果のコストの縛りを実質無くすこともできます。

 

ヴァイロン・キューブ

「ヴァイロン・キューブ」(R) (7)

適当なレベル4モンスターとシンクロして「ヴァイロン・エプシロン」をシンクロ召喚でき、その際に装備魔法をサーチできます。

サーチした装備魔法はそのまま「ヴァイロン・エプシロン」のモンスター除去効果のコストにできます。

「魔導士の力」「やりすぎた埋葬」「D・D・R」「自律行動ユニット」辺りは比較的汎用性が高く、狙い目です。

他には「スーペルヴィス」「聖剣―アロンダイト」「戦線復活の代償」「ビッグバン・シュート」辺りが有力です。

 

シンクロキャンセル

「シンクロキャンセル」(R) (7)

シンクロモンスターの入れ替えや、シンクロ素材にしたモンスター・シンクロモンスターの効果の再発動、相手シンクロモンスターの除去が行えます。

現状、対人戦ではあまり使えませんが、シンクロモンスターのプレイマット周回で大いに役立ちます。

このカード複数枚と、「リサイクル」、回復カードを用いれば、デッキ枚数を1枚にし、毎ターンシンクロ召喚を行えるためです。

 

 

 

汎用カードは少なめで、「ディフォーマー」や「バスター・ブレイダー」を組みたい人向けのパックです。

「スクラップ・キマイラ」「スクラップ・スコール」「スクラップ・ゴーレム」は「スクラップ」デッキの有用カードなので、今後「スクラップ」カードが増えれば評価が上がりそうです。

それでは!

 

Pocket

あわせて読みたい