「封魔の矢」などのパンドラのドロップカード考察

Pocket

2017/7/20~2017/7/26に行われているイベント「パンドラがデュエルワールドに出現!」で登場するパンドラからドロップするカードの考察です。


スポンサーリンク


パンドラのドロップカード

※カード名の横に()で点数をつけ、評価しています。(点数は1~10で、数字が大きい程高評価です。カード単体の強さ、汎用性、他のカードとのシナジーやコンボ性、対人戦での強さ、CPU戦での周回に利用できるかといった点から評価しています。)

ブラック・マジシャン

「ブラック・マジシャン」(UR) (6)

既存カードのイラスト違いです。

「超魔導剣士―ブラック・パラディン」「黒炎の騎士―ブラック・フレア・ナイト―」の融合素材であり、派生モンスターに「黒魔導の執行官」「ブラック・マジシャンズ・ナイト」がいます。

「千本ナイフ」「黒・魔・導」「賢者の宝石」などの専用サポートが豊富で、「魔道化リジョン」「青竜の召喚士」でサーチもできるので、専用デッキを作れます。

最上級モンスターですが、スキル「三星降格」や、「魔道化リジョン」「クロス・ソウル」などから「ブラック・マジシャン・ガール」を召喚し「賢者の宝石」を発動することで、比較的簡単に場に出すことができます。

場に出した後は「千本ナイフ」「王者の看破」などで場を制圧できます。

スキル「三星降格」の下方修正により、やや弱体化しましたが、専用デッキを組む価値はあります。流行の「レッドアイズ」モンスターに攻撃力で優っているのは大きいです。(ただし、最上級「レッドアイズ」モンスターはスキル「粉砕」で攻撃力を上げてくることが多いです。)

 

黒魔導の執行官

「黒魔導の執行官」(SR) (4.5)

<テキスト>
このカードは通常召喚できない。
自分フィールド上に存在する「ブラック・マジシャン」1体を
リリースした場合のみ特殊召喚する事ができる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分または相手が通常魔法カードを発動する度に、
相手ライフに1000ポイントダメージを与える。

「ブラック・マジシャン」を場に出し、サーチできないこのカードを手札に用意しないといけないので、このカードを特殊召喚するのはかなり難しいです。さらに通常魔法を要求するので、専用デッキを組む必要があります。

効果は強力で、通常魔法が発動される度に相手に1000ダメージを与えます。相手の通常魔法カードを抑止でき、高い攻撃力でビートダウンしつつバーンできます。耐性は持っていないので、速攻で焼き切るのが望ましいです。

ダメージを与えるのは通常魔法の効果処理が終わった後で、効果解決時にこのカードが場に表側表示で存在していないとダメージは発生しません。したがって、「死者への手向け」などで除去された場合はダメージを与えられません。

 

封魔の矢

「封魔の矢」(SR) (6.5)

今回最も有力なカードです。

このカードの発動に対してチェーンを許さないので、伏せてある「エネミー・コントローラー」「猪突猛進」「銀幕の鏡壁」などを一時的に封じつつ、安全に攻めることができます。

こちらはカード1枚消費しているので、「タイラント・ドラゴン」「天空騎士 パーシアス」などの攻撃を通すメリットが大きいモンスターと併用していきたいところです。

バトルフェイズ開始時にしか発動できないので、露骨に1ターンキルを狙うと、このカードを読まれ、防御カードを先打ちされる可能性があります。

「ナチュル」デッキなど、自然に1ターンキルを狙えるデッキとは相性が良く、このカードで不意を突けます。

相手のバトルフェイズにも発動できますが、あまり意味はありません。

魔法・罠を封じるので、レジェンド周回などの稼ぎでも使えそうです。

 

邪狂神の使い

「邪狂神の使い」(R) (3)

<テキスト>
相手のスタンバイフェイズ時に発動できる。自分の墓地の
闇属性モンスターを任意の枚だけ選んでゲームから除外し、
このカードの守備力はターン終了時まで
除外したモンスターの数×500ポイントアップする。

効果の発動タイミングが相手のスタンバイフェイズと遅く、表側表示で存在する必要があるにも関わらず守備力しか上がりません。

使うなら、闇属性モンスターを自由に除外できることに注目していきたいところです。「トランス・デーモン」や「混沌空間」「闇次元の開放」などとコンボできます。ただし、似たような効果の「闇王プロメティス」の方がすぐに効果を使え、アタッカーにもなるので使いやすいです。

 

混沌の呪術師

「混沌の呪術師」(R) (4.5)

「レッドアイズ」モンスターなど、相手の墓地の厄介なモンスターを除外できます。「ロスト」「悪魔の嘆き」などは好きなタイミングで除外・デッキ戻しができるので、このカードはモンスターであることや、自分のモンスターも除外できる点を活かしていきたいところです。

「闇次元の開放」などとコンボできます。その場合でも、「闇王プロメティス」「魂を喰らう者 バズー」の方が使い勝手は良さそうです。

リバース効果で、発動タイミングが遅い&選べないのが難点です。

 

選ばれし者

「選ばれし者」(N) (2)

<テキスト>
自分の手札から、モンスター1体と魔法・罠カード2枚を選び、
相手はその中からランダムに1枚を選ぶ。
相手が選んたカードがモンスターだった場合、
そのモンスターを自分フィールド上に特殊召喚し、
残りのカードは墓地へ送る。
違った場合、選んだカード3枚を墓地へ送る。

1/3の確率で手札のモンスターを特殊召喚できます。

しかし、このカードを含め4枚のカードを消費し、カードの種類も指定されています。また、外れた場合は選んだカードをすべて墓地へ送るので、リスクに見合ってません。

 

今回は「封魔の矢」を1,2枚持っておけば大丈夫そうですね。それでは!

スポンサーリンク





Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です