ランク戦 チケット報酬のカード考察 Nチケット

Pocket

2017/7/4にランク戦が大幅リニューアルされ、チケット報酬が追加されました。今回は、Nチケットと交換できる新カードの考察をしていきます。


スポンサーリンク


ランク戦の累計勝利数で、チケット報酬がもらえます。

チケット報酬

 

Nチケットと交換可能な新カード考察

※カード名の横に()で点数をつけ、評価しています。(点数は1~10で、数字が大きい程高評価です。カード単体の強さ、汎用性、他のカードとのシナジーやコンボ性、対人戦での強さ、CPU戦での周回に利用できるかといった点から評価しています。)

イーグル・アイ

「イーグル・アイ」(N) (4)

「粘着落とし穴」等に耐性がありますが、このカード自身が貧弱なため、あまり役に立ちません。

このカードの召喚成功時に「突撃指令」等のフリーチェーン(基本的に発動タイミングを選ばないカード)を発動させれば、相手の罠で妨害されずに通すことができます。

ちなみに自分も罠カードを発動できません。

 

エンシェント・リーフ

「エンシェント・リーフ」(N) (3.5)

2ドローできますが、条件が非常に厳しいです。2ドローするためにカードを消費しては意味がないので、ライフを自然に大幅回復できるデッキに組み込みたいところですが、現状そのようなデッキはほとんどありません。

「魂吸収」「死霊の巣」と組み合わせるのが、まだ現実的でしょうか。

シャーク・ザ・クルー

「シャーク・ザ・クルー」(N) (5.5)

<テキスト>
自分フィールド上の表側表示のこのカードが
相手のカードの効果によって破壊された場合、
自分のデッキからレベル4以下の水属性モンスターを
2体まで自分フィールド上に特殊召喚できる。

このカードへの効果による破壊を牽制できます。場合の任意効果なので、タイミングも逃しません。相手依存ですが、レベル4以下の水属性モンスターを2体までリクルートできるので、効果の発動に成功すれば大きなアドバンテージを得られます。

また、レベル5の水属性モンスターなので、「伝説の都 アトランティス」下でリリースなしで召喚できます。レベル5の水属性モンスターの中では強力なので、採用する価値はあります。

 

本気ギレパンダ

「本気ギレパンダ」(N) (3)

ステータスが低く、2回以上効果を発動させないとまともに活躍できません。

「素早いムササビ」「おとぼけオポッサム」などと組み合わせると、効果を発動しやすいです。

 

リターン・ゾンビ

「リターン・ゾンビ」(N) (3)

<テキスト>
自分のスタンバイフェイズ時、500ライフポイントを払って発動できる。墓地のこのカードを手札に加える。この効果は自分の手札が0枚の場合に発動と処理ができる。

自身をサルベージする効果を持ちますが、条件が非常に厳しいです。発動タイミングがスタンバイフェイズなので、普通は直前のドローフェイズでドローしていて、条件を満たせません。サルベージできてもステータスが低く、あまり使い道がありません。

ドローフェイズでドローしたカードを「お家おとりつぶし」などの手札コストにしたり、ドローしたカードが速攻魔法であれば即座に発動することで条件を満たせますが、そこまでする価値はあまりないでしょう。

アンデット族なので、「牛頭鬼」で墓地へ落とせます。

 

ランク戦報酬がかなり豪華になりましたね。「シャーク・ザ・クルー」を交換するのが得策だと思います。それでは!

 

関連記事:ランク戦 チケット報酬の8月追加カード考察

スポンサーリンク





Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です