【デュエルリンクス】「ジェネクス海皇水精鱗(マーメイル)」デッキ紹介

Pocket

「海皇」と、相性の良い「水精鱗(マーメイル)」・「ジェネクス・ウンディーネ」を組み合わせたデッキを紹介します。

 

「ジェネクス海皇水精鱗(マーメイル)」デッキ

 

デュエルリンクス ジェネクス海皇水精鱗(マーメイル)デッキレシピ
デュエルリンクス ジェネクス海皇水精鱗(マーメイル)デッキレシピ2

 

デッキ解説

「海皇水精鱗(マーメイル)デッキ」はデッキ構築の幅が広く、人によって構築も大きく変わります。

このデッキは割と調整を重ねましたが、完成ではありません。

「ジェネクス・コントローラー」や 「水精鱗-リードアビス 」など、手札に来てほしくないカードがあり、初手で引きたいカードも特に無いので、30枚構築にしています。
一応、「隣の芝刈り」対策にもなりますね。

スキル「レベルコピー」は「深海のディーヴァ」1枚から「白闘気海豚」をシンクロ召喚したり、「フィッシュボーグ-ランチャー」から不意打ちで 「ブラック・ローズ・ドラゴン」 をシンクロ召喚できるので、非常に強力です。

先行で、相手が「アンティーク」以外なら 「白闘気海豚」 を狙うことも多いです。
(「六武派二刀流」警戒で棒立ちもありです。)

相手のバトルフェイズ終了時(バトルフェイズに入らなかったらメインフェイズ終了時)に「アビスフィアー」を発動し、「水精鱗- アビスリンデ」をリクルート、相手エンドフェイズに 「水精鱗- アビスリンデ」 自壊から「水精鱗- アビスパイク」をリクルートし、サーチを行う流れが強力です。

 

各カード解説

 

「ジェネクス・ウンディーネ」

コストでデッキから「海皇」モンスターや「フィッシュボーグ」モンスターを墓地へ送ることで、カード・アドバンテージを大幅に稼げます。

「水精鱗- アビスパイク」 でサーチが可能です。

 

「深海のディーヴァ」

下準備なしでこのカード1枚からシンクロ召喚が行えます。
スキル「レベルコピー」との相性も抜群です。

 

「水精鱗-リードアビス 」

「水精鱗- アビスリンデ」 「アビスフィア―」からリクルートできる最高打点であり、おもに「真六武衆-シエン」対策で採用しています。

「水精鱗- アビスリンデ」 単騎 の自爆特攻からリクルートすれば、「六武派二刀流」を掻い潜りつつ 「真六武衆-シエン」 を突破できます。
伏せが「星遺物を巡る戦い」だったら諦めましょう…

 

「裏ガエル」

このデッキは 除去手段を”対象に取る破壊”に頼っています。

破壊耐性・対象耐性を持つ「ネオス・フュージョン」「真六武衆―シエン」「真紅眼」などが苦手なため、このカードが重宝します。

 

「アビスフィアー」

上述の動きの他、バトルフェイズの追撃やシンクロ素材などにも使えます。

伏せ除去にチェーンすればリクルート効果を使え、状況に応じてモンスターをリクルートできるため、非常に強力です。

発動中は「エネミーコントローラー」(魔法カード)を使えない点、相手エンドフェイズに発動するとその次の相手ターンのエンドフェイズに自壊する点には注意が必要です。

「水精鱗- アビスパイク」 をリクルートした場合、サーチ効果は無効になりますが、コストは払えます。
そのため、「海皇」カードなどとのコンボが狙えます。
ちなみに「水精鱗- アビスパイク」 は”~時”の”任意効果”なので、チェーン2以降で「アビスフィアー」を発動した場合、タイミングを逃します。
(つまり、コストも払えません。)

 

最後に

構築の幅が広く、サーチ・展開(シンクロ)・除去を兼ね揃えた楽しいデッキです。

環境でも戦える強さがあり、パターンが豊富なので飽きずに楽しめると思います。

久々の投稿でした。それでは!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です