「合体魔神招来」スキル考察

Pocket

迷宮兄弟がLv.4で習得するスキル「合体魔神招来」の考察です。


スポンサーリンク


スキル「合体魔神招来」とは

合体魔神招来

迷宮兄弟がLv.4で習得するスキルです。

初期手札が「ゲートガーディアン」1枚になるので、20枚のデッキ構成ならデッキ20枚でデュエル開始となります。

ちなみに課題「モンスターゾーン収縮」の名もなき決闘者とのデュエルでも、問題なくスキル発動でき、3体の「魔神」モンスターが並びます。

 

スキル「合体魔神招来」考察

かなり大味なスキルで、いきなり「ゲートガーディアン」を特殊召喚できます。

必ずしも「ゲートガーディアン」を特殊召喚する必要はなく、「魔神」モンスターを壁として運用したり、「モイスチャー星人」などの最上級モンスターをアドバンス召喚したりできます。また、「魔神」モンスターを「亜空間物質点装置」などで一度場から離せば、攻撃と効果の発動ができるようになります。ただし初期手札が「ゲートガーディアン」のみなので、狙ったカードをドローするのは難しいです。

「ゲートガーディアン」や「魔人」モンスターを突破されるとほぼ負けに等しく、バーンカードや「銀幕の鏡壁」などにも弱いので、対人戦には不向きのスキルです。

モブ戦では回復せずに勝利すると少なくともデュエル評価「LPギリギリ」「逆転勝利」を得るので、最低3000点を獲得できます。また、初期手札が少ないので「疾風の暗黒騎士ガイア」「秒殺の暗殺者」「ナイトメア・テーベ」などが活きます。「ハネハネ」「爆風トカゲ」「死の4つ星てんとう虫」など相手の場を空けるモンスターを採用すれば、「ゲート・ガーディアン」による直接攻撃でデュエル評価「3000オーバーダメージ」を狙えます。ただし、「ゲート・ガーディアン」以外のモンスターの戦闘によるダメージで敗北する可能性がある点には、注意が必要です。

課題「初期手札~枚」「LP1000で開始」の名もなき決闘者とのデュエルでは、課題とスキルのデメリットが重複するのでいつもより有利に戦えます。

このスキルの真価は一部を除くレジェンドLv.40周回で発揮されます。このスキルによって確実に初手から攻撃力3750のモンスターを場に出せるので、事故もなく、安定して戦線維持ができます。あとは「ユニアタ従者」でも「軍隊ピラニア」でも、ハイスコア用のパーツを揃え楽にフィニッシュできます。また、初めからライフが500になるので、デュエルに勝利するとデュエル評価「LPギリギリ」「逆転勝利」を得ます。デッキ枚数が多い状態からのスタートになりますが、デッキ圧縮カードを大量に積めるので、問題ありません。

このスキルで周回できるレジェンドLv.40は、闇遊戯、真崎杏子、インセクター羽蛾、ダイナソー竜崎、リシドです。これらのレジェンドは確実にハイスコア周回ができます。その他のレジェンドは除去カードや直接攻撃モンスターなどを使用してくるので不安定になります。

あまり関係ないですが、攻撃と効果を封じられた「魔神」モンスターをそのままにしておくと、相手のAIは基本的に攻撃表示でモンスターを展開してきます。

 

次回は、「合体魔神招来」を使用したレジェンド周回デッキを紹介したいと思います。迷宮兄弟はドロップスキルがとても強力なので、どんどん周回してスキルのドロップを狙いたいですね。それでは!

スポンサーリンク





Pocket

あわせて読みたい

1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です