迷宮兄弟のドロップカード考察

Pocket

現在行われているイベント「扉の番人 迷宮兄弟!」で登場する迷宮兄弟からドロップする新SRカードの考察です。


スポンサーリンク


迷宮兄弟SRドロップカード

迷宮壁―ラビリンス・ウォール―

「迷宮壁―ラビリンス・ウォール―」(SR)

攻撃力0守備力3000の上級バニラモンスターです。「ウォール・シャドウ」の特殊召喚に必要なモンスターでもあります。

守備力が3000あるので強固な壁になります。しかし、表示形式変更カードに弱く、裏守備表示でアドバンス召喚しても、現在のカードプールだとこのカードであると警戒されます。

「ネオアクア・マドール」の方が攻撃力が高いので、2枚目以降の「ネオアクア・マドール」として使用するか、後述の「ダメージ・ゲート」と併用したり、岩石族であることを活かす必要があります。

 

エクストラゲート

「エクストラゲート」(SR)

レベルを宣言し、相手のエクストラデッキから宣言したレベルのモンスター1体を除外する速攻魔法です。宣言したレベルのモンスターが無い場合、自分の手札を1枚捨てます。

速攻魔法なので、相手の融合召喚に合わせて発動すれば、融合を阻止できる可能性があります。しかし、相手が同名カードを複数採用していると阻止できないため、確実性に欠けます。

自分の手札を捨てるために利用するのも手ですが、このカードと合わせて2枚のディスアドバンテージを負うので、そこまでの価値があるかどうか疑問です。

また、相手のエクストラデッキや自分の手札が0枚の時には発動できないので、非常に使いにくいカードです。

今後、レジェンドで融合召喚を主軸にするキャラクターが現れれば、メタカードとして機能する可能性はあります。

 

DNA定期健診

「DNA定期健診」(SR)

通常罠で、自分の場の裏側表示モンスター1体を選択し、相手が属性を2つ宣言します。そのモンスターが宣言された属性なら相手が、違った場合は自分が2枚ドローできます。

2枚ドローできる可能性のあるユニークなカードです。属性は現在6種類なので、単純に考えるならほぼ2/3の確率で2枚ドローできます。しかし、属性を当てられると相手が2枚ドローするので、なかなかハイリスクです。また、罠なので遅く、裏守備モンスターが何であるかバレてしまうデメリットがあります。

このカードを採用するならば、デッキがバレていると属性を当てられやすいので、できるだけ序盤で発動したり、デッキのモンスターの属性をばらけさせる必要があります。

逆に相手に発動された場合、何の属性を宣言するか悩ましいところです。「墓守の召喚師」(闇)、「魔導雑貨商人」(光)、「死の4つ星てんとう虫」(風)、「ガーディアン・スタチュー」(地)、「水晶の占い師」(水)、「炎の女暗殺者」(炎)等、全属性が考えられるので、相手の使用キャラや使用カードから判断すると良いでしょう。

 

ダメージ・ゲート

 

「ダメージ・ゲート」(SR)

通常罠で、自分が戦闘ダメージを受けた時に、そのダメージの数値以下の攻撃力を持つモンスターを、自分の墓地から蘇生します。

貴重な蘇生カードであり、今回のドロップカードでは2番目に当たりだと思います。

「迷宮壁―ラビリンス・ウォール―」は攻撃力が0なので、このカードと相性が良いです。「激昂のムカムカ」や、「カオス・ネクロマンサー」も、蘇生後に攻撃力が上昇するので高相性です。

「ウォーム・ワーム」を蘇生できるので、デッキ破壊では強力なカードになります。

ディメンション・ゲート

「ディメンション・ゲート」(SR)

永続罠で、自分の場のモンスター1体を除外します。相手モンスターの直接攻撃宣言時にこのカードを墓地へ送れ、このカードが墓地へ送られた場合に、このカードの効果で除外したモンスターを特殊召喚できます。

今回の1番の目玉カードです。「亜空間物質転送装置」と似た動きができ、基本的には自分のモンスターを相手の除去や戦闘から守るために使用します。さらに相手の直接攻撃時に除外したモンスターを呼び戻せるので、直接攻撃も妨害できます。

「亜空間物質転送装置」と違い特殊召喚するので、特殊召喚成功時に効果を発動するモンスターと相性が良いです。ダメージステップ中にも特殊召喚する効果を発動でき、「〜場合」なのでタイミングを逃す心配もありません。

一時的に場を空けられるので、「魔導ギガサイバー」と相性が良いです。

攻撃を終えたモンスターをこのカードで除外し、「ツイスター」等でこのカードを破壊すれば、 再びそのモンスターで攻撃できます。

「エネミー・コントローラー」や「X・E・N・O」でコントロール奪取したモンスターをこのカードで除外すれば、永続的にコントロール奪取できます。

「嵐」とも相性が良く、このカードを巻き込みながら相手の魔法・罠を除去でき、除外したモンスターなどで一気に攻め込めます。

「サクリファイス」からもモンスターを守れ、「サクリファイス」が吸収効果を使えないタイミングで呼び戻せるので、非常に心強いです。

ただし、墓地に送られる必要があるため、たとえば「ポルターガイスト」でバウンスされるとモンスターは戻ってきません。また、除外したモンスターを、攻める時などの呼び戻したいタイミングで呼び戻せない可能性があることは、留意すべきです。

小回りの利く非常に便利なカードなので、3枚集めておくことをオススメします。

 

迷宮兄弟のイベントは期間が短めですが、頑張って周回したいですね。それでは!

スポンサーリンク





Pocket

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2017年8月23日

    […] 」で登場する迷宮兄弟からドロップする新カードの考察です。 「ディメンション・ゲート」などの既存のドロップカードの考察は迷宮兄弟のドロップカード考察の記事をご覧ください。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です