「デストラクト・ポーション」など迷宮兄弟の新ドロップカード考察

Pocket

2017/8/14~2017/8/22に行われているイベント「扉の番人 迷宮兄弟!」で登場する迷宮兄弟からドロップする新カードの考察です。
「ディメンション・ゲート」などの既存のドロップカードの考察は迷宮兄弟のドロップカード考察の記事をご覧ください。





迷宮兄弟の新ドロップカード

※カード名の横に()で点数をつけ、評価しています。(点数は1~10で、数字が大きい程高評価です。カード単体の強さ、汎用性、他のカードとのシナジーやコンボ性、対人戦での強さ、CPU戦での周回に利用できるかといった点から評価しています。)

 

デストラクト・ポーション

「デストラクト・ポーション」(SR) (7)

自分のモンスターを破壊し、表側表示ならその攻撃力分ライフを回復できます。

「X・E・N・O」などで相手モンスターを奪いこのカードで破壊したり、サクリファイス・エスケープすると無駄が少ないです。

「神秘の中華鍋」と比べると、罠カードなので遅く、守備力分の回復を選べない分、普通に使う分にはやや劣ります。このカードは”リリース”ではなく”破壊”なので、その点を活かしていきましょう。

「ジェネレーション・チェンジ」同様、破壊をトリガーとする「ネフティスの鳳凰神」「炎王」モンスター、「ウォーム・ワーム」「キックファイア」などとは相性が良いです。
特に「ネフティスの鳳凰神」との相性は抜群で、戦闘破壊されそうな時や相手の魔法・罠を除去したい時など、好きなタイミングで「ネフティスの鳳凰神」を破壊できます。「ジェネレーション・チェンジ」と比べると、サーチができない反面、同名カードがデッキに存在する必要がなく、ライフ回復することによって場が空くことのリスクを軽減できます。

ちなみに破壊できないと回復もできません。また、このカードに「エネミー・コントローラー」をチェーンされ対象のモンスターを奪われても、破壊できます(動作未確認)。

「ネフティスの鳳凰神」デッキ注目の1枚です。

 

サモン・ゲート

「サモン・ゲート」(R) (1)

現環境で融合モンスターを4回以上特殊召喚することはありません。

 

ヒロイック・ギフト

「ヒロイック・ギフト」(R) (5)

非常に厳しい条件で2ドローできるカードです。

条件を満たす状況なら、そのまま攻めた方が早いです。

同一チェーン上で複数枚発動することもできず、回復ではないので「シモッチによる副作用」とのコンボも不可です。

扱いずらいカードですが、スキル「巨大決戦」を使えば、デメリットを軽減できます。

相手のライフを8000にするので、闇マリクなど、勝手にライフを減らしてくるレジェンドの周回や、「ミレニアム・スコーピオン」など相手のライフを削りながらターンを進められるデッキによる周回に使える可能性があります。

 

皆さん「デストラクト・ポーション」は集まりましたか?

今回はゲート式なので、比較的集めやすかったですね。それでは!







 

Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です