【デュエルリンクス】「磁石の戦士」デッキレシピ

Pocket

環境上位デッキの1つである「磁石の戦士」デッキを紹介します。





「磁石の戦士」デッキの概要

 

「磁石の戦士」モンスターを中心としたビートダウンデッキです。

墓地を肥やしつつ、「磁石の戦士マグネット・バルキリオン」などの大型モンスターの特殊召喚を狙います。
大きく分けて「隣の芝刈り」を採用する型と、採用しない型の2通りがあります。
前者は爆発力があり、後者は安定性があります。

特別苦手とするデッキが無く、どのデッキ相手にも安定して戦えるのが強みです。
必須カードにパック産のカードが少なく、デッキ構築難易度が低いのも利点です。

 

「磁石の戦士」デッキ紹介

磁石の戦士 デッキ

※エクストラデッキは任意のモンスターです。

 

デッキ解説

「隣の芝刈り」不採用型です。

スキルは「リスタート」を採用していますが、「墓場の一丁目」「ラスト・ギャンブル」もおすすめです。

序盤はビートしつつ「磁石の戦士δ」「ダウンビート」から「電磁石の戦士β」に繋げ、墓地を肥やします。
中盤以降は隙を見て「地球巨人ガイア・プレート」「磁石の戦士マグネット・バルキリオン」の特殊召喚を狙っていき、「嵐」「エネミー・コントローラー」などを絡めて1キルも視野に入れます。

 

 

各カード解説

「地球巨人ガイア・プレート」

大型モンスターで打点が高く、自身の効果により、戦闘ではほぼ負けません。
「銀幕の鏡壁」などを無視できる場合も多く、強力な切り札です。
墓地コストを毎ターン要求するため、基本的には十分墓地が肥えてから特殊召喚します。

 

「磁石の戦士マグネット・バルキリオン」

第2の切り札です。
「磁石の戦士δ」の効果で特殊召喚します。

 

「磁石の戦士δ」

主力モンスターです。

墓地肥やし効果は基本的に「マグネット・ウォリアー」バニラモンスターを落としますが、手札に「強化蘇生」があれば「電磁石の戦士β」を落としたり、墓地に「磁石の戦士δ」以外の「マグネット・ウォリアー」モンスターが3体以上いれば「磁石の戦士δ」を落とし「磁石の戦士マグネット・バルキリオン」の特殊召喚をすることもできます。

 

「電磁石の戦士β」

サーチ効果とリクルート効果でアドバンテージを稼ぎつつ、高速で墓地肥やしができる非常に優秀なモンスターです。
基本的にはサーチ効果・リクルート効果共に「磁石の戦士δ」を選びますが、「磁石の戦士δ」がデッキにいた方が都合が良い時もあり、状況次第です。

「ダウンビート」で出来るだけこのカードを序盤から出し、「強化蘇生」で使いまわせれば、有利に進められます。

 

「ブロック・ゴーレム」

「ダウンビート」からリクルートでき、墓地が肥えていればモンスターの複数展開が可能です。
「地球巨人ガイア・プレート」や「エネミー・コントローラー」と絡めて1キルが狙えます。

 

「磁石の戦士γ」

守備力が比較的高く、状況次第で壁になるため、1枚採用しています。

特に、スキル「墓場の一丁目」を採用した「アンデアイズ」やミラーマッチで壁として活躍できます。

 

「コズミック・サイクロン」

汎用性の高い魔法・罠除去です。
ライフコストがやや重いですが、「潜海奇襲」デッキを意識し、採用しています。

 

「エネミー・コントローラー」

汎用性の高い速攻魔法で、コントロール奪取からの1キル、防御など、状況に応じて効果を使い分けられます。
「サフィラ機械天使」デッキへのメタとなります。

 

「ダウンビート」

下級「マグネット・ウォリアー」モンスターから、キーカードである「電磁石の戦士β」にアクセスできます。
状況次第で、「ブロック・ゴーレム」をリクルートします。

 

「嵐」

魔法・罠を複数除去できます。
場に残りやすい「強化蘇生」と高相性です。

主に「ロックバーン」デッキを意識して採用しています。

 

「強化蘇生」

「磁石の戦士δ」「電磁石の戦士β」を使いまわせます。
展開手段として非常に優秀であり、墓地肥やしが得意なこのデッキと相性抜群です。

 

「分断の壁」

強力な防御カードで、「サフィラ機械天使」「陽炎獣」デッキに特に有効です。

 

「アヌビスの呪い」

優秀な防御カードで、フリーチェーンなのが利点です。
「マグネット・ウォリアー」バニラモンスターが効果を受けないので、扱いやすいです。

 

今回採用を見送ったカード

同胞の絆

「同胞の絆」

「マグネット・ウォリアー」下級モンスターを大量展開できます。
しかし、ライフコスト・デメリットが重い点、デッキ構築が縛られる点、序盤でないと腐りやすい点から、採用を見送りました。

強力なカードなので、このカードを軸にしても面白そうです。
スキル「ディスティニー・ドロー」とも高相性です。

 

スナイプストーカー

「スナイプストーカー」

手札の不要なカードを除去に変換できます。
「磁石の戦士δ」は手札コストでも効果を発動できるため、高相性です。

効果が不安定な点、「ブロックゴーレム」と相性が悪い点から、採用を見送りました。

 

ライトロード4・マジシャン ライラ

「ライトロード・マジシャン ライラ」

魔法・罠除去と墓地肥やしが行えます。

このカードに頼らずとも墓地肥やしができ、「ブロックゴーレム」とも相性が悪いため、採用を見送りました。

 

封魔の矢

「封魔の矢」

「嵐」と似た役割を持ち、「潜海戦術」にも対応できます。

「嵐」と迷いましたが、今回は「心眼の祭殿」型「ロックバーン」を意識し、「嵐」を採用しました。
両方とも優秀です。

 

ムーン・スクレイパー

永続的に魔法・罠除去が行えます。
遅いカードなので、今回は採用を見送りました。

 

隣の芝刈り

「隣の芝刈り」

大量墓地肥やしが行えますが、今回は安定性を重視し、採用を見送りました。

 

古代遺跡の目覚め

「古代遺跡の目覚め」

墓地が肥えていれば除去や蘇生が行えますが、「地球巨人ガイア・プレート」で十分な場合が多く、今回は採用を見送りました。

 

「磁石の戦士」デッキは対応力が高く、構築難易度も低いのでおすすめです。
墓地肥やしがクセになります。

それでは!







Pocket

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2018年6月8日

    […] 」などで制圧するデッキです。スタンダード寄りのデッキで、安定感が強みです。 「ダウンビート」「強化蘇生」などで「電磁石の戦士β」へと繋ぎます。→「磁石の戦士」デッキレシピ […]