【デュエルリンクス】「マスクヒーロー(M・HERO)」デッキ紹介

Pocket

環境デッキの1つである「マスクヒーロー(M・HERO)」デッキを紹介します。

「マスクヒーロー(M・HERO)」デッキとは

「D-HERO」モンスターを主軸とし、「M・HERO 闇鬼」による1キルを狙うビートダウンデッキです。

「D-HERO ディバイン・ガイ」や「V・HERO ヴァイオン」、「D-HERO デッドリー・ガイ」の存在からサーチ・ドロー・デッキ圧縮に優れ、キーカードである「マスク・チェンジ」や伏せ除去を手札に引き込みやすいです。

「M・HERO 闇鬼」自身も「マスク・チェンジ」をサーチする効果を持ち、「M・HERO 闇鬼」を連続召喚することで一気に相手のライフを削り切れます。
「V・HERO トリニティー」も強力で、このカードの融合召喚から1キルを狙うことも多いです。

 

非常に攻撃的なデッキで、勝ち負けに関わらず試合時間が短いことが多く、ランク戦の勝利数稼ぎや、モブ狩りにも適したデッキです。

 

M・HERO 闇鬼

テキスト
融合・効果モンスター
星8/闇属性/戦士族/攻2800/守1200
このカードは「マスク・チェンジ」の効果でのみ特殊召喚できる。
「M・HERO 闇鬼」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは直接攻撃できる。
その直接攻撃で相手に与える戦闘ダメージは半分になる。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。
デッキから「チェンジ」速攻魔法カード1枚を手札に加える。

 

 

 

 

 

「マスクヒーロー(M・HERO)」デッキレシピ その1
”巨大決戦”型

遊戯王デュエルリンクス マスクヒーロー  M・HERO デッキレシピ

マスクヒーロー エクストラ

 

 

デッキ・プレイング解説

「巨大決戦」型のマスクヒーローです。

スキル「巨大決戦」の条件を満たしていれば、「M・HERO 闇鬼」の(1)の効果の戦闘ダメージ半減がスキルによって上書きされ、相手に5600ダメージを与えることができます。

初期ライフは通常4000なので、一度ダイレクトアタックに成功するだけで勝てます。

これによって1キルを狙うのがおもな戦術ですが、状況次第で「マスク・チェンジ」連打や「V・HERO トリニティー」によっても1キルします。

序盤は「V・HERO ヴァイオン」の召喚からスタートできると安定します。

「D-HERO デッドリー・ガイ」を融合召喚し、相手のエンドフェイズなどで「D-HERO デッドリー・ガイ」の効果で「D-HERO ディバイン・ガイ」を墓地に送ると、ドロー・デッキ圧縮が捗ります。

「マスク・チェンジ」と相手の伏せ対策カードが手札に来たら、1キルを狙います。

基本的には下級モンスターで攻撃し、相手の反応を見てから、バトルステップで「マスク・チェンジ」を発動することで、「クリボール」があるか否かを砂時計から判断できます。
「D-HERO ディバイン・ガイ」の表側表示の魔法を除去する効果を使ってから「マスク・チェンジ」を発動するのも基本的なプレイングです。

また、スキル「巨大決戦」の条件を満たすため、ライフ調整は気を使います。
「D-HERO ディアボリック・ガイ」や「D-HERO ドリーム・ガイ」を敢えて攻撃表示で特殊召喚し、相手の高ステータスモンスターに特攻してから「M・HERO 闇鬼」で直接攻撃を狙うのが一例です。

「コズミック・サイクロン」「禁じられた聖杯」は、不用意に伏せず、相手の伏せ除去を回避することも多いです。

「空牙団の叡智 ウィズ」が相手の場にいる時は、「融合」を発動して「空牙団の叡智 ウィズ」の効果を使わせ、その後「マスク・チェンジ」を通し、1キルを狙うのがおもな勝ち筋です。

今回は「巨大決戦」型ですが、スキルは「空牙団の叡智 ウィズ」を突破しやすい「粉砕!」や「ヴァンパイア」メタの「墓所封印」なども優秀です。

 

 

各カード解説

 

「D-HERO ディアボリック・ガイ」「D-HERO ドリームガイ」

「V・HERO ヴァイオン」「D-HERO デッドリーガイ」、「融合」から墓地へ送ります。
自身の効果や「D-HERO ドリルガイ」で攻撃表示で特殊召喚し、特攻してライフ調整することも多いです。

後者はミラーなどで1キル防止にもなります。

 

「コズミック・サイクロン」

伏せ除去、ライフ調整が行えます。
相手の伏せカードがなくても、「マスク・チェンジ」にチェーンし「マスク・チェンジ」を除外するなどすれば、ライフ調整が行えます。

「局所的ハリケーン」が効かない「アマゾネスの急襲」「銀幕の鏡壁」などに対して有効なメタとなります。

 

「禁じられた聖杯」

「ヴァンパイア」や「空牙団」などの初動を止めたり、ライフ調整、「M・HERO 闇鬼」の(1)の効果と組み合わせて3200ダメージを狙うことができます。

 

「M・HERO 闇鬼」

サーチ効果発動のためにはモンスターを墓地へ送る必要があり、自己再生した「バージェストマ・カナディア」や「ヴァンパイアの眷属」などを戦闘破壊しても、サーチできない点には注意が必要です。

 

 

 

今回採用を見送った相性の良いカード

デステニー・ドロー

「デステニー・ドロー」

ドロー・デッキ圧縮が行えますが、「空牙団の叡智 ウィズ」や「沈黙の魔術師―サイレント・マジシャン」に弱いのが難点です。

 

 

 

 

マスク・チャージ

「マスク・チャージ」

遅いカードですが、キーカード「マスク・チェンジ」をサルベージでき、1:2交換ができるので優秀です。

 

銀幕の鏡壁

「銀幕の鏡壁」

ライフ調整しやすい防御カードです。
「局所的ハリケーン」に強いのもメリットの1つです。

 

 

狡猾な落とし穴

「狡猾な落とし穴」

1:2交換ができる強力な除去罠です。
罠カードを入れるスペースがほとんどないこのデッキとは高相性です。

 

 

クリボール

「クリボール」

奇襲性の高い防御カードで、ライフ調整もしやすいです。
ただし、「D-HERO ディバイン・ガイ」のドロー効果と噛み合いません。

 

 

弱点となるカード

デュエルリンクス 空牙団の叡智 ウィズ

「空牙団の叡智 ウィズ」

「マスク・チェンジ」を封じられます。
守備力が高く、突破が難しいカードです。
「禁じられた聖杯」を絡めるか、「融合」で効果を消費させ、「マスク・チェンジ」から5600ダメージを狙うのが手っ取り早いです。

 

遊戯王デュエルリンクス「沈黙の魔術師―サイレント・マジシャン」

「沈黙の魔術師―サイレント・マジシャン」

「マスク・チェンジ」を封じられます。
後続も3500打点であり、突破が難しいカードです。
「空牙団の叡智 ウィズ」同様、「禁じられた聖杯」を絡めるか、「融合」で効果を消費させ、「マスク・チェンジ」から5600ダメージを狙うのが手っ取り早いです。

 

クリボール

「クリボール」

伏せ除去で対処できないため、要注意です。
上述のプレイングで、ある程度リスクを回避できます。

 

銀幕の鏡壁

「銀幕の鏡壁」

ダメージステップで発動されると「マスク・チェンジ」をチェーンできず、「局所的ハリケーン」も効かないので対処の難しいカードです。

 

サイファー・スカウター

「サイファー・スカウター」

戦士族メタカードです。
このカードに限らず、「D-HERO 闇鬼」の打点を超えるモンスターを処理するのはやや困難です。

 

スノーマン・イーター

「スノーマンイーター」

下級モンスターで突破できず、ダメージステップで効果を発動されると「マスク・チェンジ」をチェーンできません。

 

「マスクヒーロー(M・HERO)」デッキレシピ その2
「V・HERO ウィッチ・レイド」型

遊戯王デュエルリンクス マスクヒーロー  M・HERO デッキレシピ

マスクヒーロー エクストラ

 

 

デッキ・プレイング解説

最近流行している、「V・HERO ウィッチ・レイド」型のマスクヒーローです。
(個人的には「巨大決戦」型の方が好みです…)

スキル「サイバー流奥義」や罠カードから「V・HERO ウィッチ・レイド」を召喚し、相手に伏せカードを除去し、「マスク・チェンジ」連打を狙います。

現環境はガン伏せが比較的多く、「V・HERO ウィッチ・レイド」の効果が刺さります。

豊富な罠カードにより、往来の型よりも防御力が高いです。

 

基本的には「V・HERO ウィッチ・レイド」や下級モンスターで攻撃し、相手の反応を見てから、バトルステップで「マスク・チェンジ」を発動することで、「クリボール」があるか否かを砂時計から判断できます。
「D-HERO ディバイン・ガイ」の表側表示の魔法を除去する効果を使ってから「マスク・チェンジ」を発動するのも基本的なプレイングです。

 

 

各カード解説

「コズミック・サイクロン」

スキル「サイバー流奥義」と非常に相性が良いです。

「アマゾネスの急襲」に対して有効なメタとなります。

 

「銀幕の鏡壁」

ライフ調整しやすい防御カードです。
「局所的ハリケーン」に強いのもメリットの1つです。

維持コストを払えば「V・HERO ウィッチ・レイド」のリリース要員にもなります。

 

「M・HERO 闇鬼」

サーチ効果発動のためにはモンスターを墓地へ送る必要があり、自己再生した「バージェストマ・カナディア」や「ヴァンパイアの眷属」などを戦闘破壊しても、サーチできない点には注意が必要です。

 

 

今回採用を見送った相性の良いカード

デステニー・ドロー

「デステニー・ドロー」

ドロー・デッキ圧縮が行えますが、「空牙団の叡智 ウィズ」や「沈黙の魔術師―サイレント・マジシャン」に弱いのが難点です。

 

 

 

 

マスク・チャージ

「マスク・チャージ」

遅いカードですが、キーカード「マスク・チェンジ」をサルベージでき、1:2交換ができるので優秀です。

 

 

 

弱点となるカード

デュエルリンクス 空牙団の叡智 ウィズ

「空牙団の叡智 ウィズ」

「マスク・チェンジ」を封じられます。
守備力が高く、場に出されると突破が難しいカードです。

「バージェストマ・カナディア」で場に出させないようにしましょう。

 

遊戯王デュエルリンクス「沈黙の魔術師―サイレント・マジシャン」

「沈黙の魔術師―サイレント・マジシャン」

「マスク・チェンジ」を封じられます。
後続も3500打点であり、突破が難しいカードです。

各種罠カードで対処しましょう。

 

クリボール

「クリボール」

伏せ除去で対処できないため、要注意です。
上述のプレイングで、ある程度リスクを回避できます。

 

 

サイファー・スカウター

「サイファー・スカウター」

戦士族メタカードです。
このカードに限らず、「D-HERO 闇鬼」の打点を超えるモンスターを処理するのはやや困難です。

 

スノーマン・イーター

「スノーマンイーター」

下級モンスターで突破できず、ダメージステップで効果を発動されると「マスク・チェンジ」をチェーンできません。

 

 

 

試合に短さや連続攻撃が魅力的ですね。

それでは!

 

Pocket

あわせて読みたい