【デュエルリンクス】「マスクヒーロー(M・HERO)」デッキ紹介

Pocket

環境デッキの1つである「マスクヒーロー(M・HERO)」デッキを紹介します。

「マスクヒーロー(M・HERO)」デッキとは

「D-HERO」モンスターを主軸とし、「M・HERO 闇鬼」による1キルを狙うビートダウンデッキです。

「D-HERO ディバイン・ガイ」や「デステニー・ドロー」の存在からサーチ・ドロー・デッキ圧縮に優れ、キーカードである「マスク・チェンジ」や伏せ除去を手札に引き込みやすいです。

「M・HERO 闇鬼」自身も「マスク・チェンジ」をサーチする効果を持ち、「M・HERO 闇鬼」を連続召喚することで一気に相手のライフを削り切れます。

非常に攻撃的なデッキで、勝ち負けに関わらず試合時間が短いことが多く、ランク戦の勝利数稼ぎや、モブ狩りにも適したデッキです。

 

M・HERO 闇鬼

テキスト
融合・効果モンスター
星8/闇属性/戦士族/攻2800/守1200
このカードは「マスク・チェンジ」の効果でのみ特殊召喚できる。
「M・HERO 闇鬼」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは直接攻撃できる。
その直接攻撃で相手に与える戦闘ダメージは半分になる。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。
デッキから「チェンジ」速攻魔法カード1枚を手札に加える。

 

 

 

 

 

「マスクヒーロー(M・HERO)」デッキレシピ その1
”巨大決戦”型

遊戯王デュエルリンクス マスクヒーロー  M・HERO デッキレシピ

マスクヒーロー エクストラ

 

 

デッキ・プレイング解説

「巨大決戦」型のマスクヒーローです。

スキル「巨大決戦」の条件を満たしていれば、「M・HERO 闇鬼」の(1)の効果の戦闘ダメージ半減がスキルによって上書きされ、相手に5600ダメージを与えることができます。

初期ライフは通常4000なので、一度ダイレクトアタックに成功するだけで勝てます。

これによって1キルを狙うのがおもな戦術です。

「マスク・チェンジ」と相手の伏せ対策カードが手札に来たら、1キルを狙います。

基本的には下級モンスターで攻撃し、相手の反応を見てから、バトルステップで「マスク・チェンジ」を発動することで、「クリボール」があるか否かを砂時計から判断できます。

また、スキル「巨大決戦」の条件を満たすため、ライフ調整は気を使います。
「銀幕の鏡壁」は状況次第で自分のドローフェイズに発動し、維持コストを払うことでスキル「巨大決戦」の条件を満たします。

「コズミック・サイクロン」は、不用意に伏せず、相手の伏せ除去を回避することも多いです。

 

 

各カード解説

「コズミック・サイクロン」

伏せ除去、ライフ調整が行えます。
相手の伏せカードがなくても、「マスク・チェンジ」にチェーンし「マスク・チェンジ」を除外するなどすれば、ライフ調整が行えます。

「局所的ハリケーン」が効かない「銀幕の鏡壁」などに対して有効なメタとなります。

 

「M・HERO 闇鬼」

サーチ効果発動のためにはモンスターを墓地へ送る必要があり、自己再生した「バージェストマ・カナディア」や「ヴァンパイアの眷属」などを戦闘破壊しても、サーチできない点には注意が必要です。

 

 

 

今回採用を見送った相性の良いカード

D-HERO ディバイン・ガイ

「D-HERO ディバイン・ガイ」

ドロー効果、表側表示の魔法破壊、ともに優秀です。
今回は「局所的ハリケーン」を優先しました。

 

V・HERO ヴァイオン

「V・HERO ヴァイオン」

「D-HERO ディバイン・ガイ」「D-HERO ディアボリック・ガイ」「D-HERO ドリーム・ガイ」などを墓地に送れます。

「融合」「V・HERO トリニティ―」「D-HERO デッドリー・ガイ」も組み込むことができます。

 

V・HERO ウィッチ・レイド

「V・HERO ウィッチ・レイド」

魔法・罠を全破壊しつつ、「マスク・チェンジ」から「M・HERO 闇鬼」に繋ぐことができます。
「銀幕の鏡壁」「強化蘇生」などと高相性です。

 

マスク・チャージ

「マスク・チャージ」

遅いカードですが、キーカード「マスク・チェンジ」をサルベージでき、1:2交換ができるので優秀です。

 

狡猾な落とし穴

「狡猾な落とし穴」

1:2交換ができる強力な除去罠です。
罠カードを入れるスペースがほとんどないこのデッキとは高相性です。

 

 

クリボール

「クリボール」

奇襲性の高い防御カードで、ライフ調整もしやすいです。
ただし、「D-HERO ディバイン・ガイ」のドロー効果と噛み合いません。

 

 

このデッキの弱点となる対策カード

 

デュエルリンクス 万能地雷グレイモヤ

「万能地雷グレイモヤ」

対象を取らないため、「マスク・チェンジ」でサクリファイス・エスケープできません。

 

波紋のバリア -ウェーブ・フォース-

「波紋のバリア -ウェーブ・フォース-」

同じく対象を取らないため、「マスク・チェンジ」でサクリファイス・エスケープできません。

 

マジック・ディフレクター

「マジック・ディフレクター」

「マスク・チェンジ」を無効化されます。

 

デュエルリンクス 空牙団の叡智 ウィズ

「空牙団の叡智 ウィズ」

「マスク・チェンジ」を封じられます。
守備力が高く、突破が難しいカードです。
「マスク・チェンジ」連打から5600ダメージを狙うのが手っ取り早いです。

 

遊戯王デュエルリンクス「沈黙の魔術師―サイレント・マジシャン」

「沈黙の魔術師―サイレント・マジシャン」

「マスク・チェンジ」を封じられます。
後続も3500打点であり、突破が難しいカードです。
「空牙団の叡智 ウィズ」同様、「マスク・チェンジ」連打から5600ダメージを狙うのが手っ取り早いです。

 

クリボール

「クリボール」

伏せ除去で対処できないため、要注意です。
上述のプレイングで、ある程度リスクを回避できます。

 

銀幕の鏡壁

「銀幕の鏡壁」

ダメージステップで発動されると「マスク・チェンジ」をチェーンできず、「局所的ハリケーン」も効かないので対処の難しいカードです。

 

サイファー・スカウター

「サイファー・スカウター」

戦士族メタカードです。
このカードに限らず、「D-HERO 闇鬼」の打点を超えるモンスターを処理するのはやや困難です。

 

スノーマン・イーター

「スノーマンイーター」

下級モンスターで突破できず、ダメージステップで効果を発動されると「マスク・チェンジ」をチェーンできません。
「D.D.アサイラント」「ゼンマイジャグラー」も有力です。

 

「マスクヒーロー(M・HERO)」デッキレシピ その2
「バランスマスク」型

バランスマスク デュエルリンクス

マスクヒーロー エクストラ

 

 

デッキ・プレイング解説

スキル「バランス」型のマスクヒーローです。

初手が安定し、他の型に比べ高確率で「マスク・チェンジ」+「HERO」モンスターが初手に揃うことが最大のメリットです。

豊富な罠カードにより、往来の型よりも防御力が高いです。

「マスク・チェンジ」のドロー確率を最大限に上げるため、魔法カードの採用枚数は6枚がベストです。

 

 

各カード解説

 

「M・HERO 闇鬼」

サーチ効果発動のためにはモンスターを墓地へ送る必要があり、自己再生した「バージェストマ・カナディア」や「ヴァンパイアの眷属」などを戦闘破壊しても、サーチできない点には注意が必要です。

 

「万能地雷グレイモヤ」「波紋のバリア―ウェーブ・フォース―」

対象を取らないので、ミラーに強いです。

 

 

今回採用を見送った相性の良いカード

D-HERO ディバイン・ガイ

「D-HERO ディバイン・ガイ」

ドロー効果、表側表示の魔法破壊、ともに優秀です。
今回は「局所的ハリケーン」を優先しました。

 

このデッキの弱点となる対策カード

デュエルリンクス 空牙団の叡智 ウィズ

「空牙団の叡智 ウィズ」

「マスク・チェンジ」を封じられます。
守備力が高く、場に出されると突破が難しいカードです。

「バージェストマ・カナディア」で場に出させないようにしましょう。

 

遊戯王デュエルリンクス「沈黙の魔術師―サイレント・マジシャン」

「沈黙の魔術師―サイレント・マジシャン」

「マスク・チェンジ」を封じられます。
後続も3500打点であり、突破が難しいカードです。

各種罠カードで対処しましょう。

 

クリボール

「クリボール」

伏せ除去で対処できないため、要注意です。
上述のプレイングで、ある程度リスクを回避できます。

 

 

サイファー・スカウター

「サイファー・スカウター」

戦士族メタカードです。
このカードに限らず、「D-HERO 闇鬼」の打点を超えるモンスターを処理するのはやや困難です。

 

スノーマン・イーター

「スノーマンイーター」

下級モンスターで突破できず、ダメージステップで効果を発動されると「マスク・チェンジ」をチェーンできません。

「D.D.アサイラント」「ゼンマイジャグラー」も有力です。

 

 

 

試合に短さや連続攻撃が魅力的ですね。

それでは!

 

Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です