レジェンドLv.40 8000点高速周回デッキ紹介

Pocket

時間効率を重視したため、安定性ではケルベロスデッキなどに比べやや劣りますが、3~4回目の自分ターンで評価8000点で勝利できます。


スポンサーリンク


レジェンド8000周回デッキ※エクストラデッキに「双頭のサンダー・ドラゴン」が1枚必要です。

 

 デッキ解説

城之内のドロップスキル「ラスト・ギャンブル」で高速でデッキ圧縮をし、「双頭のサンダー・ドラゴン」「重力の斧 グラール」で従者ユニアタ10000ダメージを狙います。ライフが100になるので、評価「LP超ギリギリ」をもらえます。

 プレイング注意点

スキル「ラスト・ギャンブル」は出た目の数より自分のデッキ枚数が少ないと負けとなるため、デッキ枚数が6枚になった時に発動するのがベストです。「強欲なカケラ」はスキル発動までに効果を発動できないと意味がないので、間に合いそうになければ発動せず、手札コストにします。一部のキャラは「双頭のサンダー・ドラゴン」さえ出せれば足止めできるので、スキル発動後にデッキが余ってしまってもターンが進められます。

 このデッキで8000周回できるレジェンド

真崎杏子、インセクター羽蛾、ダイナソー竜崎、梶木漁太:

割と安定します。梶木漁太の「水陸両用バグロスMk-3」による直接攻撃には注意が必要です。

闇遊戯、イシズ:
貫通モンスターがいるので、上記のキャラクターより不安定です。また、イシズは「墓守の審神者」で「デス・ハムスター」などが破壊されてしまうので、注意が必要です。更にイシズでは「財宝への隠し通路」を「流星の弓 シール」に変える必要があります。

海馬:
「ツイスター」で「重力の斧 グラール」を破壊されることがあるので、「フォース」などに変えると安定します。ユニアタ従者に「エネミー・コントローラー」は発動されないのでご安心を。

孔雀舞:
モンスターの攻撃力が高いので、押し負けることがあり、やや不安定です。

バンデット・キース:
「ツインバレル・ドラゴン」などで「デス・ハムスター」などが破壊されてしまうので、やや不安定です。

リシド:
「朽ち果てた武将」によるハンデス(手札破壊)に注意が必要です。

 

高速周回ができるので、周回が面倒な人や時間がない人におすすめです。それでは!

スポンサーリンク





Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です