第2回KCカップ 上位を狙える環境デッキの紹介

Pocket

本日2017/11/9より、第2回KCカップが行われます。
上位入賞を狙えるポテンシャルを秘めた、現環境の主流デッキを紹介します。




環境最上位デッキ

  • 「機械天使」

    キーカード「機械天使の儀式」がLIMIT1に指定され弱体化しましたが、デッキパワーはそれ程変わらず、依然強力なデッキです。

    伏せカードに依存せず、切り札「サイバー・エンジェル―茶吉尼」で制圧・モンスター除去を行えるため、「アンティーク」「三星忍者」などの主流デッキに有利に戦えます。

    弱点は「超魔導剣士―ブラック・パラディン」などによる儀式魔法封じ、「エネミー・コントローラー」、ガン伏せデッキです。

    伏せカード対策に「撲滅の使徒」「心鎮壺」などが採用されている場合が多く、スキルは「肥大化」などを封じる「儀式の使い手2」や、「マインドスキャン」などが多いです。

 

  • 「三星忍者」

    スキル「三星降格」や、「忍法 変化の術」で「黒竜の忍者」「赤竜の忍者」を場に出し、制圧するデッキです。

    「黒竜の忍者」によるモンスター除去
    「黒竜の忍者」「忍法 変化の術」「忍法 分身の術」による連続攻撃
    「赤竜の忍者」「覆面忍者ヱビス」「赤い忍者」による伏せ除去

    が強みで、攻撃性能が非常に高いです。

    「隠密忍法帖」の登場で、「赤竜の忍者」のコスト確保や「機甲忍法ゴールド・コンバージョン」による手札交換がしやすくなり、安定感が増しました。

    「機械天使」などの伏せカードに依存しない高攻撃力デッキにはやや不利で、対策が必要です。
    また、最近登場した「コズミック・サイクロン」には非常に弱く、「忍法」カードにチェーンされるとアド損となり、致命的です。
    「マジック・ディフレクター」などの対策もありでしょうか。

 

  • 「剣闘獣」
     
    新パックで登場したカテゴリーです。

    場の「剣闘獣」を、戦闘を介することでデッキの「剣闘獣」と入れ替えることができ、それぞれの固有効果でアドバンテージを取っていくテクニカルなテーマです。

    「エネミー・コントローラー」を筆頭に、戦闘補助カードでサポートしながら戦うのが基本となります。
    「剣闘獣ムルミロ」「剣闘獣ベストロウリィ」によってアドバンテージを得たり、「剣闘獣」融合モンスターで打点補強をすることができ、非常に柔軟に戦えることが強みです。

    打点がやや低く伏せカードに依存するため、「赤竜の忍者」「エレクトロ軍曹」「心鎮壺」などの伏せ封じが弱点です。

 

  • 「アンデアイズ」

    「レッドアイズ・インサイト」「牛頭鬼」で「真紅眼の不死竜」を何度も場に出し、制圧するデッキです。

    「レッドアイズ・スピリッツ」がLIMIT2に指定されましたが、それ程弱体化していません。
    安定感と展開力が強みです。
    スキルは「粉砕!」の場合がほとんどです。

    大量展開を得意とするため、「分断の壁」には特に警戒が必要です。
    「機械天使」を意識し、「エネミー・コントローラー」を3枚採用しバックを多めにするのが主流です。

 

 

環境上位デッキ

  • 「アンティーク・ギア」

    攻撃時に魔法・罠の発動を封じる「古代の機械」モンスターを主軸にしたデッキです。

    「分断の壁」「銀幕の鏡壁」などの厄介な魔法・罠を封殺できるのが最大の利点です。
    また、「古代の機械獣」で戦闘破壊したモンスターの効果を無効にできます。
    「レアメタル化・魔法反射装甲」を採用できるため、「クロス・ソウル」「エネミー・コントローラー」などにも耐性があります。

    展開力に乏しいため、モンスター除去されると不利になりやすいです。
    伏せカードに依存せず、モンスター除去を行ってくる「機械天使」デッキは天敵です。

     

  • 「肥大化」ロック

    「肥大化」「分断の壁」「底なし落とし穴」などで相手モンスターをロックし、バーンカードで勝利するデッキです。
    「肥大化」「アマゾネスの剣士」のコンボで、一撃必殺を狙うこともできます。

    「赤竜の忍者」「エレクトロ軍曹」「心鎮壺」などの伏せ封じが弱点です。

 

  • 「デッキ破壊」

    スキル「デュエルスタンバイ」、「ウォーム・ワーム」「悪魔の偵察者」によるデッキデスを狙います。

    「攻撃の無敵化」により強化されました。
    「クリボーを呼ぶ笛」「ハネクリボー」も採用圏内でしょうか。

    「赤竜の忍者」「エレクトロ軍曹」「心鎮壺」などの伏せ封じが弱点です。
    「サイバー・エンジェル―茶吉尼」による貫通や「古代の機械獣」のモンスター効果封じも脅威となります。

 

  • 「磁石の戦士」

    「磁石の戦士δ」「電磁石の戦士β」を筆頭に、「磁石の戦士」モンスターで戦線維持し、「磁石の戦士マグネット・バルキリオン」「メガロック・ドラゴン」で制圧するデッキです。

    スタンダード寄りのデッキで、安定感が強みです。

    序盤のモンスターの攻撃力の低さが難点です。

 

  • 「ネフティスの鳳凰神」

    「炎王の孤島」「炎王獣ヤクシャ」で「ネフティスの鳳凰神」を展開し、制圧するデッキです。

    伏せカードに滅法強いのが利点で、「三星忍者」や「肥大化ロック」などに有利に戦えます。

    事故率がやや高いのと、伏せカードに依存しない「機械天使」デッキなどに弱いのが難点です。

 

  • 「サイキック」

    サイキック族モンスターを主力としたスタンダード寄りのデッキです。

    「最古式念導」により場のカード1枚を破壊できるのが最大の利点です。
    「エレキック・ファイター」で墓地のリソース除去兼デッキロックもできます。

    ライフコストを必要とするカードが多く、スキル「バンデット」「現世復帰の制約」と相性が良いです。デッキの性質上、バーンデッキに弱いです。

  •  

    • 「三星トゥーン」

      スキル「三星降格」で「トゥーン・リボルバー・ドラゴン」を召喚し、制圧するデッキです。

      「トゥーン・キングダム」「レアメタル化・魔法反射装甲」で耐性を付与でき、往来の「トゥーン」デッキと違い「トゥーン・キングダム」に依存しません。

      デッキの性質上、バーンデッキに弱いです。

     

    • 「サクリファイス」

      「サクリファイス」によるモンスター除去を行うデッキです。

      破壊ではない除去であり、「機械天使」デッキに有利に戦えることが最大のメリットです。

     

    • 「アロマスピンクス」

      スキル「香水戦術」で「陽炎獣スピンクス」の蘇生効果を確実に成功させるデッキです。

      「業火の重騎士」「エレクトロ軍曹」などで制圧します。
      スタンダード寄りのデッキで安定感があります。

      展開が遅いのがやや難点です。

     

    この他にも「リバースペイン」「黄泉帝」「スタチュー軍曹」「ナチュル」「ディスドロ始皇帝」「トゥーン」「デュアル」「青眼の白龍」「創造の代行者 ヴィーナス」「クロソ墓守」などのデッキがありますが、環境的にやや下火です。

     

    今回のKCカップで現環境の主流デッキが上位入賞するのか、それとも新しいデッキが上位入賞するのか気になります。
    前回と同じ方式なら上位を狙うのはなかなか大変ですが、報酬が楽しみですね。
    それでは!







    Pocket