海馬瀬戸LV.40 8000点安定周回デッキ

Pocket

海馬瀬戸Lv.40を安定して8000点周回できるデッキを紹介します。

スポンサーリンク


デュエルリンクス 海馬瀬戸 40

海馬瀬戸LV.40のデッキ構成

 

「青眼の白龍」×1

テキスト
通常モンスター
星8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守2500

 

「エメラルド・ドラゴン」×1

テキスト
通常モンスター
星6/風属性/ドラゴン族/攻2400/守1400

 

「ブラッド・ヴォルス」×3

テキスト
通常モンスター
星4/闇属性/獣戦士族/攻1900/守1200

 

「ミノタウルス」×3

テキスト
通常モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻1700/守1000

 

 

「ケンタウロス」×2

テキスト
通常モンスター
星4/地属性/獣族/攻1300/守1550

 

「ドル・ドラ」×1

テキスト
効果モンスター
星3/風属性/ドラゴン族/攻1500/守1200
このカード名の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):フィールドのこのカードが破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードの攻撃力・守備力は1000になる。

 

「異次元の戦士」×3

テキスト
効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1200/守1000
このカードがモンスターと戦闘を行った時、そのモンスターとこのカードをゲームから除外する。

 

「コストダウン×2

テキスト
通常魔法
(1):手札を1枚捨てて発動できる。
このターン、自分の手札のモンスターのレベルを2つ下げる。

 

「エネミーコントローラー」×2

テキスト
速攻魔法
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その相手の表側表示モンスターの表示形式を変更する。
●自分フィールドのモンスター1体をリリースし、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その表側表示モンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。

 

「ツイスター」×2

テキスト
速攻魔法
500ライフポイントを払って発動できる。
フィールド上に表側表示で存在する魔法・罠カード1枚を選択して破壊する。

 

 

計20枚

 

海馬瀬戸LV.40の要注意カード

「青眼の白龍」×1

最上級モンスターですが、「ドル・ドラ」「コストダウン」などの召喚補助が海馬のデッキにあります。
攻撃力が3000と高く、高打点モンスターで制圧する場合は注意が必要です。


「異次元の戦士」×3

戦闘を介する必要があるものの、モンスター除去効果を持つため、非常に厄介です。

 

「エネミーコントローラー」×2

モンスターの表示形式変更とコントロール奪取効果を持つ、おなじみの汎用カードです。
非常に厄介ですが、「マジック・ディフレクター」「八式対魔法多重結界」「フォースフィールド」などで対策できます。

 

「ツイスター」×2

表側表示の魔法・罠の除去効果を持ちます。
「マジック・ディフレクター」などで対策できますが、永続系のカードは採用しない方が無難です。

 

 

 

→強力なカードが多く、周回難易度はやや高めです。

「異次元の戦士」「エネミーコントローラー」に強い「肥大化」ロック(+「カタパルト・タートル」「クロス・ソウル」または+「ラーの翼神竜」)が最有力です。
他には、「城塞クジラ」「潜海奇襲」+場に水属性モンスター1体でもロックが可能です。

 

 

 

今回紹介するデッキ

海馬瀬戸40 ハイスコア安定周回

 

※エクストラデッキに必要なカードはありません。
シャインカードなしで8000点を超えます。

 

 

使用デッキ解説

各種罠カードで相手モンスターを封じ、回復カードで「ラーの翼神竜」の打点を上げ、とどめを刺すデッキです。

序盤は「精神寄生体」「黄金の天道虫」で回復しつつ、罠カードで相手モンスターを封じていきます。
「分断の壁」はギリギリまで温存した方が、ロックをしやすいです。

「ラーの翼神竜」で相手攻撃表示モンスターを攻撃したら1万以上の戦闘ダメージを与えられるまでライフを回復させつつ、ターンを進めます。

自分のデッキ残り枚数が0枚になる前のターン、「黄金の天道虫」「精神寄生体」をセットし、相手モンスターの攻撃を誘います。
(相手モンスターを攻撃表示にしておくためです。)

自分のデッキ残り枚数が0枚になったら、「クラスター・ペンデュラム」を召喚し、トークンを2体生成、さらに「二重召喚」から「ラーの翼神竜」を召喚・効果発動させます。
バトルフェイズ開始時に「封魔の矢」を発動し、「ラーの翼神竜」で相手攻撃表示モンスターを攻撃し、とどめを刺します。

スキルはなしでも行けますが、「リスタート」がおすすめです。

ちなみにバトルフェイズ開始時に「封魔の矢」を発動し忘れた場合、他の行動をしていなければ、アプリを再起動することで「封魔の矢」を発動し直すことができます。

 

 

各カード解説

「精神寄生体」「黄金の天道虫」

「ラーの翼神竜」の打点を上げる回復カードです。
「精神寄生体」は、「肥大化」と組み合わせることで大きな効果を得ますが、「ツイスター」に注意が必要です。
「ドレイン・シールド」もおすすめです。

 

「ラーの翼神竜」

キーカードです。
ライフを十分に回復した状態なら、1万以上のダメージを与えることができます。
他に、プレミアム加工、「神召喚」「アドバンス召喚成功」「LP超ギリギリ」と、多くのデュエル評価を得ます。

 

「クラスター・ペンデュラム」「二重召喚」

「ラーの翼神竜」召喚のリリース要員です。
「二重召喚」は「ホーリーライフバリアー」(「クラスター・ペンデュラム」「ホーリーライフバリアー」がデッキボトムにあるリスク有、「ゴブリンのやりくり上手」との併用がおすすめ)でも代用できます。

 

「封魔の矢」

「エネミーコントローラー」対策です。

「マジック・ディフレクター」「フォースフィールド」「八式対魔法多重結界」(デッキボトムにあるリスク有)、「局地的ハリケーン」などでも代用できます。

 

各種罠カード

相手モンスターを封じる防御カードです。

「ドレイン・シールド」「イタクァの暴風」「アヌビスの呪い」「攻撃の無敵化」なども採用の余地があります。
各種カードの採用枚数はお好みで良いです。

 

報酬には汎用性の非常に高い「エネミーコントローラー」があります。
初期からずっと環境にいる数少ないカードの1つです。
それでは!

 

スポンサーリンク





Pocket