【デュエルリンクス】「ジャンク・シンクロン」デッキ紹介

Pocket

スキル「墓地より芽吹くもの」+「ジャンク・シンクロン」を主軸にしたデッキの紹介です。

「ジャンク・シンクロン」デッキ紹介

デュエルリンクス ジャンク・シンクロン 墓地より芽吹くもの デッキ紹介
ジャンクロン エクストラデッキ

デッキ解説

スキル「墓地より芽吹くもの」でレベル2非チューナーである「ダーク・ヴァージャー」を墓地に用意し、「ジャンク・シンクロン」で吊り上げ、「幻層の守護者 アルマデス」をシンクロ召喚するのがメインの動きとなります。

「幻層の守護者 アルマデス」が戦闘時に相手の効果の発動を封じるので、
「D.D.アサイラント」や「スノーマンイーター」「クリボール」「万能地雷グレイモヤ」「波紋のバリア―ウェーブ・フォース」「分断の壁」「銀幕の鏡壁」などを気にせずに攻撃できます。

反面、「ジャンク・シンクロン」自体がスキル「墓所封印」や「バージェストマ・カナディア」などで妨害される可能性が非常に高く、伏せ対策をしてから展開するか、妨害されても立て直せるようにする必要があります。
また、現在のシンクロモンスターのカードプールでは高ステータスモンスターを突破しづらく、「ゲーテの魔導書」などで「ダーク・ヴァージャー」が除外されると致命的です。

現環境では「武神」「スタンダード」などに有利で、「青眼」「魔導」「バスター・ブレイダー」「空牙団」などに不利な印象です。

今後、強力なシンクロモンスターが増えればさらに強力なデッキになります。

各カード解説

「D.D.アサイラント」

「沈黙の魔術師―サイレント・マジシャン」を意識しています。
「マスクヒーロー」にも強く、幅広いデッキを見れます。

「ディストラクター」

「静寂のサイコ・ウィッチ」から展開し、「バージェストマ・カナディア」などのシンクロ妨害カードを処理します。

「静寂のサイコ・ウィッチ」

リクルート条件が緩く、戦線維持がしやすいです。
状況によって同名カード、「ディストラクター」「ゼンマイジャグラー」を使い分けます。
リクルートしたモンスターと「ジャンク・シンクロン」で様々なレベルのシンクロモンスターをシンクロ召喚できます。

「エネミー・コントローラー」

高打点モンスターを処理しやすく、汎用性も非常に高いカードです。
吊り上げた「ダーク・ヴァージャー」をコストにコントロール奪取し、シンクロ召喚に繋げられます。

「つり天井」

「ジャンク・シンクロン」が「バージェストマ・カナディア」で妨害された場合、条件を満たしやすいです。

「バージェストマ・カナディア」

自己再生後は「ジャンク・ウォリアー」の打点強化や、シンクロ素材にも使えます。

「もの忘れ」

「ヴァンパイア」「青眼」を意識しています。

「マジック・ディフレクター」

「エネミー・コントローラー」「コズミック・サイクロン」「マスク・チェンジ」「ゲーテの魔導書」「銀龍の轟砲」「ヴァンパイア帝国」「ヴァンパイアの領域」など、多くのカードを封じられるメタカードです。

特に苦手な「ゲーテの魔導書」を封じられるのは大きいです。

「スターダスト・ドラゴン」

「ユベル」を意識しています。
「静寂のサイコ・ウィッチ」+「ジャンク・シンクロン」でシンクロ召喚します。

「ジャンク・ウォリアー」

「バージェストマ・カナディア」がと組み合わせ、3500打点になるので「青眼」などの高打点対策に採用しています。

「鬼岩城」

「青眼」などの高打点対策です。
「静寂のサイコ・ウィッチ」でリクルートしたレベル4モンスター+「ジャンク・シンクロン」でシンクロ召喚します。

今回採用を見送った相性の良いカード

ジャンク・バーサーカー

「ジャンク・バーサーカー」

高打点対策として有用です。
「サイコ・エース」を同時に採用すると「静寂のサイコ・ウィッチ」のリクルートからシンクロ召喚しやすくなる他、「サイコ・エース」+「エネミー・コントローラー」のコンボができます。
「サイコ・エース」が「ダーク・ヴァージャー」を除外された場合の保険にもなります。


シンクロ召喚が手軽に行えるのがいいですね。
それでは!

Pocket

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2018年12月12日

    […] 汎用性が高く、今後も長く使えそうなカードです。→「ジャンク・シンクロン」デッキ紹介 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です