イシズ・イシュタールLv.40 8000点安定周回デッキ

Pocket

イシズLv.40を安定して8000点周回できるデッキを紹介します。


スポンサーリンク


イシズ周回デッキ※エクストラデッキに「双頭のサンダー・ドラゴン」が1枚必要です。「薄幸の乙女」を2枚しか所持していないので、「RAI-MEI」を1枚採用しています。

 デッキ解説

イシズLv.40の使用するデッキは「墓守の審神者」やプレイヤー未実装カード「王家の眠る谷-ネクロバレー」などを採用した強力な墓守デッキで、非常に攻撃力が高く、レジェンドの中でもかなり強力です。モンスターは「墓守」モンスターのみなので、魔法使い族で統一されています。

この記事で紹介するデッキでは、「薄幸の乙女」ロックをかけ、ユニアタ従者で10000ダメージを出し、8000点を叩き出します。「ユニオン・アタック」を3枚採用していますが、高確率で「エネミー・コントローラー」で高打点の「墓守」モンスターを奪えるため、2枚でも大丈夫な場合が多いです。また、「ユニオン・アタック」を1枚所持していれば「魔法再生」や「マジック・キャプチャー」でも代用可能です。「薄幸の乙女」ロックについての詳しい説明は、カード考察「薄幸の乙女」の記事をご覧ください。

 各カード解説

「サンダー・ドラゴン」「双頭のサンダー・ドラゴン」

デッキ圧縮兼ユニアタの打点です。

「流星の弓-シール」

「王家の眠る谷-ネクロバレー」や「墓守の巫女」で「墓守の従者」の攻撃力が1000を上回ってしまうため、「財宝への隠し通路」が使えないので採用しています。

「エネミー・コントローラー」

「薄幸の乙女」でロックをかけた後も、「墓守の審神者」などの高攻撃力モンスターが攻撃してくることがあるので、防御札となります。また、「墓守の審神者」で「薄幸の乙女」の攻撃力を下げられると、10000ダメージに届かなくなるので、ラストターンにこのカードで相手モンスターをコントロール奪取します。

 「魔法除去」

イシズがたまに発動してくる「ネクロバレーの祭殿」対策です。「ネクロバレーの祭殿」が場に存在すると「双頭のサンダー・ドラゴン」を融合召喚できなくなります。「荒野の大竜巻」や「ツイスター」でも代用できますが、「ツイスター」は評価「ノーダメージ」を狙えなくなるので注意が必要です。

 「マジシャンズ・サークル」

イシズのモンスターは魔法使い族で統一されているため、相手モンスターの攻撃宣言時に「薄幸の乙女」をリクルートできます。より安定させるために採用していますが、必須ではありません。

 

イシズのドロップカードは「墓守」デッキに必須ですね。「墓守の長」「クロス・ソウル」軸の「墓守」デッキは一線級だと思います。それでは!

スポンサーリンク





Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です