【デュエルリンクス】「光隣のトビウオ」デッキレシピ

Pocket

環境上位デッキの1つである「光隣のトビウオ」デッキを紹介します。


スポンサーリンク


「光隣のトビウオ」デッキの概要

 

「光隣のトビウオ」の強力な除去効果を中心としたビートダウンデッキです。

「光隣のトビウオ」は場の魚族モンスターをコストに、場のカード1枚を破壊できます。
1ターンに1度の制限がなく、モンスター・魔法・罠、裏表を問いません。
コストさえ確保できれば非常に強力で、特に「オイスター・マイスター」とは相性が良いです。

必然的に魚族モンスター中心となり、「光鱗のトビウオ」を最大限に活かすため防御カードや展開補助カードも多めに採用します。
魚族専用サポートカードの「フィッシャーチャージ」も強力です。

比較的入手しやすいカードで構成されているので、デッキを組みやすいのも利点です。

 

 

デュエルリンクス 光鱗のトビウオ

 

 

「光隣のトビウオ」デッキ紹介

遊戯王デュエルリンクス 光鱗のトビウオデッキ

※エクストラデッキは任意のモンスターです。

 

デッキ解説

スキルは「リスタート」を採用していますが、打点強化の「海の伝説」もおすすめです。

スキル「リスタート」は、「光鱗のトビウオ」を引き込みやすくするのが目的です。

豊富な防御カードで「光鱗のトビウオ」を場に維持しつつ、展開札で魚族モンスターを展開し、攻めます。
必要に応じて「光鱗のトビウオ」の除去効果を使用します。

動きがシンプルなので、扱いやすいです。

 

 

各カード解説

「ハンマー・シャーク」

アタッカー、展開要員です。

 

「鰤っ子姫」

状況に合わせて好きな魚族モンスターをリクルートできます。
基本的には「光鱗のトビウオ」「オイスター・マイスター」の内、手札・場にない方をリクルートします。

 

「オイスター・マイスター」

リリース時に魚族トークンを生成するので、「光鱗のトビウオ」の発動コストを2回分確保できます。
準アタッカーとしても使用できます。

自身・トークン共に「フィッシャーチャージ」「エネミーコントローラー」のコストにも適しています。

 

「光鱗のトビウオ」

キーカードです。
「鰤っ子姫」やスキル「リスタート」で手札に引き込みます。

「オイスター・マイスター」とのコンボが特に強力です。

 

「猪突猛進」

能動的に使え、「シーステルス」や「陽炎獣」デッキにも有効な防御カードで、現環境に適しています。

 

「エネミーコントローラー」

汎用性の高い防御カードです。
リリース要員を確保しやすいこのデッキでは、コントロール奪取効果も有効に使えます。

 

「底なし落とし穴」

「竜姫神サフィラ」「エーリアン・テレパス」などの厄介なモンスターを、効果発動前に封じることができます。

 

「フィッシャーチャージ」

魚族専用サポートです。
サクリファイス・エスケープ(チェーン2以降でモンスターをリリースし、相手のモンスター除去などを回避すること)することで、アドバンテージを得ることができます。

普通に使用しても2:2交換ができ、フリーチェーンなので非常に優秀です。

 

「強化蘇生」

バトルフェイズ中の追撃や壁などに使えるのはもちろん、「光鱗のトビウオ」やそのリリース要員を展開できるので、このデッキでは非常に重要なカードです。

 

 

 

今回採用を見送ったカード

鏡像のスワンプマン

「鏡像のスワンプマン」

実質、魚族の特殊召喚モンスターのような感覚で使えます。
「強化蘇生」と似た動きができ、採用が検討できます。

「強化蘇生」と違い、墓地にモンスターがいなくても発動できるのが最大の利点です。
相手がスキル「恐竜王国」なら”恐竜族”を宣言し、2100打点アタッカーにする、といった使い方もできます。

 

 

 

 

分断の壁

「分断の壁」

汎用性の高い防御カードです。
「森羅」や「シーステルス」「エーリアン」などのデッキ相手では、発動できなかったり、発動しても意味がない状況も少なくないので、今回は採用を見送りました。
防御カードには他にも「クリボール」「禁じられた聖杯」「銀幕の鏡壁」「アヌビスの呪い」「イタクァの暴風」など優秀なカードが多いので、お好みで良いと思います。

 

 

 

デッキが組みやすくシンプルな動きですが、幅広いデッキに対応できる強力なデッキです。

それでは!

スポンサーリンク





Pocket

あわせて読みたい