「ギャラクティック・オリジン」URカードの評価と考察

Pocket

2017/11/7に新パック「ギャラクティック・オリジン」が追加されます。「ギャラクティック・オリジン」収録のウルトラレアカードの評価と考察をしていきます。




遊戯王デュエルリンクス ギャラクティック・オリジン

カードの評価・考察

※カード名の横に()で点数をつけ、評価しています。(点数は1~10で、数字が高い程高評価です。カード単体の強さ、汎用性、他のカードとのシナジーやコンボ性、対人戦での強さ、CPU戦での周回に利用できるかといった点から評価しています。)

 

遊戯王デュエルリンクス ならず者傭兵部隊

「ならず者傭兵部隊」(UR) (7)

自身をリリースすることで、場のモンスター1体を破壊できます。

召喚権を消費しますが、裏表関係なく、リリースするだけで単体除去ができます。
「暗黒の侵略者」「エレクトロ軍曹」等の制圧力の高いモンスターも、少ないリスクで除去できます。

戦士族モンスターなので、「無敗将軍 フリード」やスキル「戦力補充」でサーチでき、「戦士の生還」でサルベージできます。
「リミット・リバース」で蘇生すれば、召喚権を消費せず除去が行えます。

「機械天使」儀式モンスター(+「機械天使の儀式」)や「陽炎獣 スピンクス」などの耐性持ちも増えていて過信はできませんが、なかなか優秀なモンスターです。

 

遊戯王デュエルリンクス バーサーク・デッド・ドラゴン

「バーサーク・デッド・ドラゴン」(UR) (6)

「デーモンとの駆け引き」の効果でのみ特殊召喚できる、全体攻撃が可能なモンスターです。
自分のエンドフェイズ毎に弱体化します。

「デーモンとの駆け引き」
速攻魔法

テキスト
レベル8以上の自分フィールド上のモンスターが墓地へ送られたターンに発動する事ができる。
自分の手札またはデッキから「バーサーク・デッド・ドラゴン」1体を特殊召喚する。

 

「デーモンとの駆け引き」は速攻魔法であり、条件を満たせば、自分ターン・相手ターン問わず発動できるフリーチェーンなので、発動は比較的容易に行えます。
「バーサーク・デッド・ドラゴン」自身もレベル8なので、墓地へ送られれば条件を満たします。
ただし、「バーサーク・デッド・ドラゴン」自体は手札に来ると邪魔なので、採用枚数はよく吟味しましょう。

場に出せれば、高い攻撃力と全体攻撃効果を活かして攻めることができます。

レベル8のモンスターは、スキル「ダイスdeレベリング」や、「X・E・N・O」「幻獣機 ハムストラット」「D-HERO ダッシュガイ」「切り盛り隊長」「黄泉ガエル」「クロス・ソウル」「モンスターゲート」「始皇帝の陵墓」「早すぎた帰還」「ヒーロー見参!」「古代の機械城」などのサポートを使えば、容易に場に出せます。

加えて「ネフティスの鳳凰神」「冥王竜ヴァンダルギオン」「闇より出でし絶望」「青眼の白龍」「ダーク・ネクロフィア」「邪龍アナンタ」「サイバー・エンジェル―茶吉尼」「墓守の審神者」「姫葵マリーナ」、最上級デュアルモンスターなどは場に出しやすく、発動条件を満たしやすいです。

レベル8モンスター主体のデッキの隠し味として、「バーサーク・デッド・ドラゴン」「デーモンとの駆け引き」を採用できます。

ちなみに、「デーモンとの駆け引き」の条件は、場・墓地双方でのレベルを参照します。

 

遊戯王デュエルリンクス E・HERO ジ・アース

「E・HERO ジ・アース」(UR) (5)

融合召喚でしか特殊召喚できない融合モンスターです。
場の「E・HERO」モンスターをリリースすることで、自己強化できます。

自己強化をしても合計ダメージ量に変化はなく、このカードを場に出すためにカードを消費しているため、効果を発動する機会は少ないです。

融合素材はどちらも優秀なため、効果はおまけ程度で、無理なく採用できる攻撃力2500の融合モンスターという認識で良いでしょう。

 

 

遊戯王デュエルリンクス ネオフレムベル・サーベル

「ネオフレムベル・サーベル」(UR) (4.5)

相手の墓地のカード枚数で攻撃力が変動する下級モンスターです。

序盤なら攻撃力2100のモンスターとして扱えますが、中盤以降は中途半端な攻撃力となり、安定しません。
特に「機械天使」デッキなど、高速で墓地が肥えるデッキが相手の場合、序盤でも不安定です。

「炎帝近衛兵」の弾としては、採用の余地があります。

 

遊戯王デュエルリンクス 剣闘獣ヘラクレイノス

「剣闘獣ヘラクレイノス」(UR) (7)

「剣闘獣」モンスターであり、融合素材をデッキに戻して特殊召喚する召喚条件と、手札1枚をコストに魔法・罠を無効にする効果を持ちます。

「剣闘獣」の切り札であり、高い攻撃力と魔法・罠無効で制圧できます。
魔法・罠無効効果は同一チェーン上で複数回発動でき、ダメージステップにも対応してるので、非常に制圧力が高いです。

融合素材が3体と重いので、場に出すのはそれなりに大変ですが、「剣闘獣セクトル」の効果を使えば、一気に場に揃えることができます。

「融合」を必要としないので、とりあえずエクストラデッキに入れておいて損はありません。
一度正規召喚すれば、蘇生もできます。

「ハーフ・シャット」「攻撃の無敵化」などで「剣闘獣」モンスターの効果を発動しアドバンテージを取り、最終的にこのカードを出せれば理想的です。

 

  • 「剣闘獣」とは「剣闘獣」は戦闘を介することでデッキの「剣闘獣」と入れ替えることができ、それぞれの固有効果でアドバンテージを取っていくテクニカルなテーマです。
    融合モンスターは素材を場に揃えることで特殊召喚でき、「融合」を必要としません。
    柔軟な動きができ、「スレイブ・エイプ」などサポートカードも豊富です。
    「ハーフ・シャット」「攻撃の無敵化」を筆頭に、戦闘補助カードでサポートしながら戦うのが基本となります。
    メインフェイズ2がないデュエルリンクスでは融合体を出しにくく、動きにくいことも多い反面、「剣闘獣ベストロウリィ」「剣闘獣オクタビウス」で相手の魔法・罠を破壊する機会は多いです。
    また、OCGでは影の薄かった上級「剣闘獣」も活躍が期待できます。

 

遊戯王デュエルリンクス 無の煉獄

「無の煉獄」(UR) (7)

1ドローできる通常魔法です。
手札3枚以上の時しか発動できず、エンドフェイズに手札を全て捨てるデメリットを持ちます。

クセはありますが優秀なデッキ圧縮カードで、「魔力カウンター」や1ターンキル、「エクゾディア」などの特殊勝利と相性が良いです。
「暴走する魔力」も適用範囲を広げられるので高相性です。
レジェンド周回の終盤で使用するのも良いでしょう。

エンドフェイズのデメリットも、手札を全て場に出せば気になりませんが、2枚目の「無の煉獄」を発動しにくくはなります。
また、デュエルリンクスは場が狭いので、全て場に出せない可能性があります。
一応、墓地肥やしをするメリットと見ることもできます。

ちなみに手札から発動する場合、手札に他のカードが2枚以上あれば条件を満たします。

 


遊戯王デュエルリンクス 成金忍者

「成金忍者」(UR) (7.5)

「忍者」モンスターの1体で、手札の罠カードをコストに下級「忍者」モンスターをリクルートする効果を持ちます。

守備力がなかなか高く、壁としても機能します。

裏守備でもリクルートできるので、「赤い忍者」などの効果を狙えます。
同名カードもリクルートでき、コストがあれば「成金忍者」→「成金忍者」→下級「忍者」モンスターと大量展開もできます。

「覆面忍者ヱビス」と相性が良く、バウンス効果の枚数を増やせます。

「忍者」デッキの新戦力です。

 

遊戯王デュエルリンクス コズミック・サイクロン

「コズミック・サイクロン」(UR) (8.5)

1000ライフをコストに、魔法・罠1枚を除外する速攻魔法です。

裏表関係なく魔法・罠を除去でき、速攻魔法なので汎用性が非常に高いです。

破壊ではなく除外なので、再利用を防ぎ、「トゥーン・キングダム」+「カードガード」「マジック・ガードナー」なども容易に突破できます。
「機械天使の儀式」「祝祷の聖歌」にチェーンすれば、儀式召喚を無効にはできませんが、墓地の身代わり効果を防ぐことができます。
「ディメンション・ゲート」も、モンスターを帰還させずに除去できます。

相手のセットしたカードをそのターンのエンドフェイズに除去し、チェーンさせない使い方が基本となります。

ライフコスト1000はそれなりに重く、バーンデッキ相手には分が悪いです。
「三星降格」などデッキによっては採用すらできません。
逆に、ライフコストをスキル「ディスティニー・ドロー」「スリカエ」などを補助するメリットと捉えることもできます。
また、相手があまり伏せカードを使用しないデッキの場合、腐ってしまいがちです。

欠点もありますが、様々なデッキで活躍が期待できる「ギャラクティック・オリジン」要注目カードです。

 

遊戯王デュエルリンクス 竜姫神サフィラ

「竜姫神サフィラ」(UR) (7)

テキスト
「祝祷の聖歌」により降臨。
「竜姫神サフィラ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが儀式召喚したターンのエンドフェイズ及び、このカードがモンスターゾーンに存在し、手札・デッキから光属性モンスターが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分はデッキから2枚ドローする。
その後、手札を1枚捨てる。
●相手の手札をランダムに1枚選んで墓地へ捨てる。
●自分の墓地の光属性モンスター1体を選んで手札に加える。

 

レベル6の儀式モンスターで、特定の条件を満たしたエンドフェイズに、ドロー・ハンデス(手札破壊)・サルベージのうち1つを使用できます。

「祝祷の聖歌」
儀式魔法

テキスト
「竜姫神サフィラ」の降臨に必要。
(1):自分の手札・フィールドから、レベルの合計が6以上になるようにモンスターをリリースし、手札から「竜姫神サフィラ」を儀式召喚する。
(2):自分フィールドの儀式モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

 

専用儀式カードは破壊に対する身代わり効果があり、このカードを維持しやすく、強力です。
このカード以外の儀式モンスターの身代わりとすることもできます。

自分・相手エンドフェイズに発動する効果はどれもアドバンテージを得られる強力な効果ですが、儀式召喚したターン以外に発動する場合、手札コストを用いる、再度他のモンスターを儀式召喚するなどの工夫が必要です。
これを無理に狙わずとも十分強力です。
ちなみに相手のデッキ・手札から光属性モンスターが墓地へ送られた場合も発動します。

「サイバー・エンジェル―韋駄天―」「サイバー・エンジェル―弁天―」と組み合わせるのもありですが、事故率は高くなります。
専用儀式による身代わり効果を捨てることになりますが、儀式魔法「精霊の祝福」で全ての儀式モンスターに対応するのも良いでしょう。

「儀式魔人」モンスターで、さらに耐性を付けることもできます。

また、ドラゴン族なので、「スタンピング・クラッシュ」「バーストブレス」などに対応します。

エンドフェイズ前に相手に「エネミー・コントローラー」でコントロール奪取されると、自分は効果を使えず、相手に効果を利用されてしまうので、注意が必要です。

専用デッキを組む価値のある、なかなか強力なモンスターです。

 

遊戯王デュエルリンクス 機動要塞 トリケライナー

「機動要塞 トリケライナー」(UR) (5)

相手が大量展開した際に手札から特殊召喚出来る効果と、自身の効果で特殊召喚した場合、カードの効果を受けず毎ターン弱体化する効果を持ちます。

現状、自身の効果で特殊召喚できる場面は少なく、相手が「機械天使」「ナチュル」「創造の代行者 ヴィーナス」など、特殊召喚を繰り返すデッキの場合にしか特殊召喚できません。

特殊召喚できても毎ターン弱体化するため、何ターンも攻撃を防ぐことができず、このカード単体では対抗できません。
アドバンス召喚などに繋げられれば理想ですが、相手依存なので安定しません。

一応、「あまのじゃくの呪い」でカウンターを狙えます。
また、レベル6の割に守備力が高いので、通常召喚するのも悪くありません。

シンクロ・エクシーズが実装されてから本領発揮するので、それまで待ちましょう。

 

KCカップ前だからなのか、かなり早いペースでの新パック登場です。
個人的には「忍者」や遅延デッキに注目です。
次回はスーパーレアカード考察をする予定です。それでは!







Pocket

あわせて読みたい