「ギャラクティック・オリジン」SRカードの評価と考察

Pocket

2017/11/7に新パック「ギャラクティック・オリジン」が追加されます。「ギャラクティック・オリジン」収録のスーパーレアカードの評価と考察をしていきます。




遊戯王デュエルリンクス ギャラクティック・オリジン

カードの評価・考察

※カード名の横に()で点数をつけ、評価しています。(点数は1~10で、数字が高い程高評価です。カード単体の強さ、汎用性、他のカードとのシナジーやコンボ性、対人戦での強さ、CPU戦での周回に利用できるかといった点から評価しています。)

 

遊戯王デュエルリンクス 突進

「突進」(SR) (7.5)

一時的な単体強化を行う速攻魔法です。

似たようなカードの「鼓舞」に比べ、相手モンスターにも使用でき、手札からも発動可能なので使い勝手が良いです。
反面、速攻魔法なので「暗黒の侵略者」「マジック・ディフレクター」などに弱いです。

700という上昇値はなかなか大きく、不意打ちでとどめに使ったり、モンスター同士の戦闘補助に使えます。
「分断の壁」「銀幕の鏡壁」などと比べ、カバーできる範囲は劣りますが、攻撃時にも能動的に使えます。

相手モンスターに使用し、「ヘル・テンペスト」や「アマゾネスの剣士」とコンボを狙うのも良いでしょう。

 

 

遊戯王デュエルリンクス 凶暴化の仮面

「凶暴化の仮面」(SR) (6)

攻撃力を1000上げ、守備力を1000下げる装備魔法です。

攻撃力の上昇値は他の装備カードに比べ大きいですが、維持コストが必要です。
加えて、(装備魔法共通の弱点ですが、)装備モンスターが破壊されるとディスアドバンテージが大きいので、やや不安定です。
ただし、維持コストを利用し、スキル「スリカエ」などと組み合わせる手はあります。

相手モンスターに装備し、守備力を下げることもできます。
「エネミー・コントローラー」などで寝かせる機会も多いので、役に立つときもあるかもしれません。
「モーム」や「バーストブレス」の範囲を広げることができますが、効率的ではありません。
リスキーですが、相手モンスターの攻撃力を上げ、「アマゾネスの剣士」「ヘル・テンペスト」とコンボできます。

装備魔法なので、「名工―虎鉄」でサーチでき、「騎士デイ・グレファー」「ヴァイロン・オーム」「泉の精霊」でサルベージできます。

レジェンド周回では、ライフ調整する際にかなり便利です。

 

 

スフィンクス・アンドロジュネス

「スフィンクス・アンドロジュネス」(SR) (3)

テキスト
このカードは通常召喚できない。
このカードの効果で特殊召喚できる。
自分フィールド上の表側表示の「アンドロ・スフィンクス」と「スフィンクス・テーレイア」が同時に破壊された時、500ライフポイントを払って発動できる。
手札またはデッキからこのカードを特殊召喚する事ができる。
このカードが特殊召喚に成功した時、500ライフポイントを払って発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで3000ポイントアップする。

 

条件を満たした時に自身をデッキから特殊召喚する効果と、大幅な自己強化効果を持ちます。

召喚条件から、ほぼ「光のピラミッド」が必須となります。
このカードを特殊召喚するためには、「アンドロ・スフィンクス」と「スフィンクス・テーレイア」、「光のピラミッド」、「光のピラミッド」を破壊するカードの4枚が必要であり、場に出すのは非常に困難です。
幸い、このカード自身はデッキにいても構いません。
いわゆるロマンカードです。

ライフコストが必要ですが、攻撃力6500にもなります。
ただし、このカードを特殊召喚し、効果を発動する過程でほとんどの場合、合計2000ライフを払うことになるため、発動はなかなか厳しいです。

一度特殊召喚できれば、蘇生や帰還ができます。

ちなみに、条件を満たしても同時に複数の「スフィンクス・アンドロジュネス」をデッキから特殊召喚することはできません。

 

ユーフォロイド・ファイター

「ユーフォロイド・ファイター」(SR) (6)

融合素材モンスター2体の元々の攻撃力の合計をステータスとする、融合モンスターです。

融合する際に融合素材代用モンスターを使えないため、「ユーフォロイド」は必須となります。
そのため、「ユーフォロイド」の攻撃力1200+αがステータスとなります。

「ユーフォロイド」は低攻撃力の上級モンスターで扱いづらく、ほぼ融合素材としての役割しか果たせません。
サーチ手段も現状、各種ドロースキルや「タイムカプセル」「ディープ・ダイバー」くらいしかないのが難点です。
「ユーフォロイド」をいかに早く手札に加えるかが鍵となりそうです。

「ゲート・ガーディアン」を融合素材にすれば、攻守4950にもなります。
2体を融合素材とする融合モンスターとしては破格のステータスとなり、なかなか強力です。
他にも「聖戦士カオス・ソルジャー」「フェニックス・ギア・フリード」「E・HERO ネオス」など、実戦級の高ステータスの戦士族モンスターは多く、これらと組み合わせれば、それ程無理なく融合召喚が狙えます。

ただ、それ以外に効果を持っていないので、除去されると非常に厳しいです。
「封魔の矢」「心鎮壺」などで、確実に攻撃を通していきましょう。

スキル「合体魔神招来」を採用したレジェンド周回用ユニアタ従者デッキでは、このカードと「融合」「ユーフォロイド」を採用することで、「ユニオン・アタック」2枚で「墓守の従者」の攻撃力が10000を超えるようになります。
(「ユーフォロイド」「ゲート・ガーディアン」を素材にした「ユーフォロイド・ファイター」の攻撃力は4950)
デュエル評価「融合召喚成功」も得るので、おすすめです。

 

E・HERO フォレストマン

「E・HERO フォレストマン」(SR) (6.5)

自分スタンバイフェイズに「融合」1枚を手札に加える効果を持つ「E・HERO」モンスターです。

タイムラグがあるのが難点ですが、融合召喚を狙うデッキにおいて重要な「融合」を手札に加えられます。

ただし、攻撃力が低いので召喚すると効果発動までに破壊されやすく、守備表示でセットすると攻撃される必要が出てくるもどかしさがあります。

また、融合をサーチするカードには、即効性のある「E・HERO ブレイズマン」が存在します。

とはいえ、場に維持すれば毎ターン効果を使え、守備力の高さからそれなりに場持ちも良いのでこちらも優秀です。
「リミット・リバース」とは相性が良く、相手エンドフェイズ~自分スタンバイフェイズの間に蘇生させることで、安全にサルベージ効果を使用できます。

「E・HERO ジ・アース」の融合素材でもあります。

 

 

剣闘獣ラクエル

「剣闘獣ラクエル」(SR) (7.5)

「剣闘獣」モンスターの1体で、「剣闘獣」モンスターの効果で特殊召喚された場合、元々の攻撃力が2100となります。

「剣闘獣」下級モンスターの中では攻撃力が高く、メインアタッカーとなります。
「剣闘獣ヘラクレイノス」の融合素材でもあります。

「ビーストライザー」「炎舞―「天枢」」「炎舞―「天権」」などの獣戦士族サポートを受けられますが、「剣闘獣」モンスターは種族がバラバラなので、あまりおすすめできません。

 

  • 「剣闘獣」とは「剣闘獣」は戦闘を介することでデッキの「剣闘獣」と入れ替えることができ、それぞれの固有効果でアドバンテージを取っていくテクニカルなテーマです。
    融合モンスターは素材を場に揃えることで特殊召喚でき、「融合」を必要としません。
    柔軟な動きができ、「スレイブ・エイプ」などサポートカードも豊富です。
    「ハーフ・シャット」「攻撃の無敵化」を筆頭に、戦闘補助カードでサポートしながら戦うのが基本となります。
    メインフェイズ2がないデュエルリンクスでは融合体を出しにくく、動きにくいことも多い反面、「剣闘獣ベストロウリィ」「剣闘獣オクタビウス」で相手の魔法・罠を破壊する機会は多いです。
    また、OCGでは影の薄かった上級「剣闘獣」も活躍が期待できます。

 


剣闘獣アンダル

「剣闘獣アンダル」(SR) (6.5)

「剣闘獣」モンスターの1体で、攻撃力1900のバニラモンスター(=通常モンスター)です。

各種「剣闘獣」モンスターの効果で特殊召喚できますが、流れが止まってしまいます。
各種「剣闘獣」モンスターの効果で特殊召喚する場合は「剣闘獣ラクエル」で良い場合多く、現状、活躍の場はそれ程多くありません。

とはいえ単純に攻撃力が高いので悪くなく、バニラサポートを受けられるのは他の「剣闘獣」モンスターにはない利点です。
今後、他の「剣闘獣」モンスターの攻撃力で倒せない厄介なモンスターが流行すれば、さらに評価が上がります。

また、「ブラッド・ヴォルス」同様「ミノケンサテュロス」からリクルートできます。
「ビーストライザー」「炎舞―「天枢」」「炎舞―「天権」」の恩恵も受けるので、「剣闘獣」デッキ以外でも活躍できそうです。

 

 

E・HERO ストーム・ネオス

「E・HERO ストーム・ネオス」(SR) (5)

テキスト
「E・HERO ネオス」+「N・エア・ハミングバード」+「N・アクア・ドルフィン」
自分フィールド上の上記のカードをデッキに戻した場合のみ、エクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」魔法カードは必要としない)。
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時にフィールド上の魔法・罠カードを全て破壊できる。
また、エンドフェイズ時、このカードはエクストラデッキに戻る。
この効果によってこのカードがエクストラデッキに戻った時、フィールド上のカードを全て持ち主のデッキに戻す。

 

「E・HERO」モンスターの1体で、コンタクト融合体共通の効果と、場の魔法・罠を全て破壊できる効果、自身の効果でエクストラデッキに戻った時、場のカードを全てデッキに戻す効果を持ちます。

最上級モンスターを含む特定のモンスター3体を場に揃えなければならず、非常に召喚難易度が高いです。
幸い、素材となるモンスターはいずれもそこそこ有用です。

魔法・罠を全て破壊する強力な効果を持ちますが、起動効果のため、「底なし落とし穴」を発動されると効果の発動ができません。

エンドフェイズにはエクストラデッキに戻り、場のカード全てをデッキに戻します。
この効果は強制効果であり、強力な効果ですが、自分の場もがら空きで相手ターンとなってしまいます。
劣勢時にはこのカードをまず場に出せず、このカードを場に出せる状況でこの強制効果の発動はデメリットの方が大きいです。

「ネオスペース」を使えば、エクストラデッキに戻さないで済みます。
相手ターンのエンドフェイズにエクストラデッキに戻し、場をがら空きの状態にして攻めることもできます。
しかし、必要枚数がさらに増え、安定させるのは至難の業です。

現状、場に出す難易度の割にリターンが少なく、扱いが難しいカードです。

 

攻撃の無敵化

「攻撃の無敵化」(SR) (8)

バトルフェイズに発動可能な罠で、モンスター1体の破壊を防ぐか、自分への戦闘ダメージを防ぐことができます。

状況に応じて2つの効果を使い分けることができ、汎用性が高く、今回のパックの注目カードの1枚です。

前半の効果はモンスターを戦闘・カードの効果による破壊から守ることができます。
同パックの「剣闘獣」との相性は抜群です。
他にも、場に維持する価値の高い「邪龍アナンタ」「破壊竜ガンドラ」「化合獣カーボン・クラブ」「化合獣ハイドロン・ホーク」や、「ガーディアン・スタチュー」「ワーム・リンクス」などのサイクル・リバースモンスターなどとは高相性です。
攻撃時、被攻撃時両方使えるため、非常に便利で、特に効果の性質上「猪突猛進」に強いです。
相手モンスターに使用し、サンドバッグにする使い方もできます。

後半の効果は自分への戦闘ダメージを0にします。
延命でき、いざという時に役に立ちます。
スキル「リバースペイン」を用いたダイレクトアタッカーデッキや、デッキ破壊、特殊勝利デッキなどは自分の場が空きやすいため、高相性です。
これらのデッキでは前半の効果もかなり有用で、活躍が期待できます。

強力なカードですが、バトルフェイズにしか発動できないため、伏せ除去などには弱いです。

 

威炎星―ヒエンシャク

「威炎星―ヒエンシャク」(SR) (7)

テキスト
このカードは自分フィールド上に表側表示で存在する「炎舞」と名のついた魔法・罠カード3枚を墓地へ送り、手札から特殊召喚できる。
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、デッキから「炎舞」と名のついた罠カード1枚を選んで自分フィールド上にセットできる。
「威炎星-ヒエンシャク」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
また、このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、自分フィールド上の獣戦士族モンスターは相手のカードの効果の対象にならない。

 

「炎舞」カードを墓地へ送り特殊召喚できる召喚ルール効果、召喚・特殊召喚時に「炎舞」罠カードをデッキから場にセットできる効果、獣戦士族モンスターが相手の効果の対象にならなくなる効果を持ちます。

「炎舞」カードは現在「炎舞―「天枢」」「炎舞―「天権」」の2枚しかなく、自身の効果で特殊召喚できる機会は滅多にありません。
魔法・罠ゾーンを空けつつ特殊召喚できますが、損失が大きく、今後も滅多に使うことはないでしょう。
通常召喚も可能なので、おまけ程度に考えた方が良さそうです。

召喚・特殊召喚時に「炎舞」罠カード(現在、「炎舞―「天権」」のみ)をデッキから場にセットできるので、アドバンス召喚の損失をカバーできます。
下級「炎星」モンスターに「トランスターン」を使うのも悪くありません。
スキル「三星降格」や「始皇帝の陵墓」「クロス・ソウル」などを使えば、カードアドバンテージを得ます。

「炎舞―「天権」」により、「炎舞―「天権」」発動ターンのメインフェイズ限定でカードの効果を受けなくなる耐性を得られ、その後永続的に自身を含む獣戦士族モンスターの攻撃力を300上げることができます。
罠なのでタイムラグはありますが、強固な耐性と実質攻撃力2300も持つモンスターとなります。

さらに、自身を含む自分の獣戦士族モンスターが相手の効果の対象にならなくなる効果を持ちます。
「黒竜の忍者」「ガーディアン・スタチュー」「クロス・ソウル」「エネミー・コントローラー」「肥大化」などの対象を取る効果に耐性を得るので、非常に場持ちが良いです。

「ミノケンサテュロス」「犬タウルス」「ビーストライザー」と並び、獣戦士族でデッキを組む大きな意義となります。

 

剣闘獣ネロキウス

「剣闘獣ネロキウス」(SR) (6)

テキスト
「剣闘獣」モンスター×3
自分フィールドの上記カードをデッキに戻した場合のみ、エクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
(1):このカードは戦闘では破壊されず、このカードが戦闘を行う場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
(2):このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時にこのカードをエクストラデッキに戻して発動できる。
デッキから「剣闘獣」モンスター2体を特殊召喚する。

 

「剣闘獣」融合モンスターの1体で、戦闘で破壊されず、戦闘時に相手の効果を封じる効果、戦闘後に自身をエクストラデッキに戻すことで「剣闘獣」モンスター2体をリクルートできる効果を持ちます。

場に3体の「剣闘獣」モンスターを並べる必要があり、「剣闘獣 ヘラクレイノス」の存在もあることから、召喚機会は滅多にないです。
打点が2800と高いので、「剣闘獣ラクエル」がいない場合に高打点を目的に特殊召喚する場合がほとんどでしょう。

戦闘時には効果を封じるので、安心して攻撃できます。
しかし、「底なし落とし穴」などには無力であり、ややリスクが大きいです。

戦闘後は分離できるので、状況に応じて使い分けられます。

レジェンド周回では、場に3体の「剣闘獣」モンスターを並べるだけで出せる戦闘破壊耐性付きモンスターであり、役に立つかもしれません。

 

救護部隊

「救護部隊」(SR) (5.5)

バニラモンスターをサルベージする効果、バニラモンスターの戦闘破壊時に罠モンスターとして自己再生する効果を持ちます。

バニラモンスターをサルベージできますが、大抵の場合「正統なる血統」「蘇りし魂」で蘇生した方が良いです。
後半の自己再生効果で差別化していきましょう。

自己再生効果は相手のバニラモンスターを戦闘破壊した時も使えます。
ただし、守備表示で特殊召喚されるので追撃はできません。

「ハーピィ・レディ」をサルベージできるので、「ハーピィの狩場」デッキの選択肢の1つとなりそうです。

 

KCカップ前だからなのか、かなり早いペースでの新パック登場です。
「攻撃の無敵化」は遅延デッキや「剣闘獣」デッキで大活躍しそうですね。
それでは!







Pocket

あわせて読みたい