「氷炎の双竜」デッキの紹介

Pocket

海馬モクバの新ドロップカード「氷炎の双竜」を主軸にしたデッキを紹介します。





「氷炎の双竜」とは

「氷炎の双竜」

<テキスト>
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の水属性モンスター2体と炎属性モンスター1体を
ゲームから除外した場合のみ特殊召喚できる。
1ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。
フィールド上のモンスター1体を選択して破壊する。

召喚コストに墓地の水属性モンスターと炎属性モンスターを要求する、特殊召喚モンスターです。

特殊召喚するための下準備が大変ですが、手札1枚をモンスター除去に変換できる強力な効果を持ちます。

 

「氷炎の双竜」デッキ紹介

「氷炎の双竜」デッキ

※エクストラデッキは任意のモンスターです。

 

デッキ解説

リバースモンスターや「悪魂邪苦止」で手札を整えつつ、スキル「ラスト・ギャンブル」の発動を狙います。スキル「ラスト・ギャンブル」発動後、「嵐」と「ビッグバン・シュート」「盗人の煙玉」のコンボで相手の場と手札の防御カードを除去し、「氷炎の双竜」と下級1800打点で1キルを狙うビートダウンデッキです。

 

 

各カード解説

「氷炎の双竜」

このデッキのキーカードです。事故防止のため、採用枚数は2枚にしています。

 

「クリボール」

手札誘発なので、除去されにくい防御カードです。使う必要がなかったらスキル「ラスト・ギャンブル」の手札コストにもなります。「嵐」と相性が良く、汎用性の高い「エネミー・コントローラー」とは一長一短です。

 

「氷結界の武士」

水属性の高打点アタッカーです。攻撃表示から守備表示にすることでドロー加速もできます。攻撃力を重視するなら、「ガガギゴ」もおすすめです。

 

「名工 虎鉄」

炎属性モンスターで、状況に合わせて「ビッグバン・シュート」「盗人の煙玉」をサーチできます。

 

「悪魂邪苦止」

水属性モンスターで、スキル「ラスト・ギャンブル」の手札コスト、デッキ圧縮を担います。

 

「ビッグバン・シュート」

おもに相手に装備し、「嵐」とのコンボでモンスター除去をします。

 

「盗人の煙玉」

「嵐」とのコンボで「クリボール」や相手のキーカードをハンデスします。

 

いわゆるラスギャン嵐デッキの派生です。新しく手に入れたカードでデッキを考えるのは楽しいですね。それでは!







Pocket

あわせて読みたい