【デュエルリンクス】”揺れる想い”の「明日香」LV.40 ハイスコア安定周回デッキ

Pocket

2019/7/26の13:59まで行われているイベント「”揺れる想い”の「明日香」出現!」で登場する天上院明日香Lv.40を安定して8000点周回できるデッキを紹介します。

 

デュエルリンクス 天上院明日香 揺れる想い イベント

今回紹介するデッキ  その1「D-HERO Bloo-D」ロック

揺れる想いの明日香40 ハイスコア安定周回デッキ デュエルリンクス
揺れる想いの明日香40 ハイスコア安定周回エクストラデッキ デュエルリンクス

※シャインカード4枚でデュエル評価8000点を超えます。

 

使用デッキ・プレイング解説

 

「D-HERO Bloo-D」で制圧するユニアタ従者デッキです。
後述の「ユベル」ロックよりも安定します。

序盤は「D-HERO Bloo-D」の特殊召喚を目指します。
リクルーターで戦線維持しつつ1800以上のダメージを受け、スキル「戦力補充」で「D-HERO Bloo-D」をサーチします。

その後は「クラスター・ペンデュラム」「闇・道化師のぺーテン」「ガスタ」モンスターで場にモンスター3体を並べ、「D-HERO Bloo-D」を特殊召喚、効果で相手の高攻撃力モンスターを吸収します。

その後、「ガーディアンの力」または「生け贄封じの仮面」で 「D-HERO Bloo-D」 を相手の儀式モンスターによる戦闘破壊から守ります。
「生け贄封じの仮面」 を発動すると 「D-HERO Bloo-D」 を特殊召喚できなくなる点には注意が必要です。

その後は自分のデッキ枚数が0枚になる前に、「ガスタ・ガルド」で適当な高打点シンクロモンスターをシンクロ召喚します。

「D-HERO Bloo-D」(+「ガーディアンの力」) 、シンクロモンスターで攻撃力の合計が4650を超える必要があるため、相手の儀式モンスターによる戦闘破壊には注意が必要です。
早めに「ガーディアンの力」を引いていれば、攻撃力を上げ続け、引いていなければシンクロモンスターを終盤でシンクロ召喚するのが安全です。

シンクロ召喚はデュエル評価・打点稼ぎなので、両方足りていれば必要ありません。

自分のデッキ枚数が0枚になったら、「局所的ハリケーン」発動後、「墓守の従者」を召喚、ユニアタ従者のギミックでとどめを刺します。

「闇・道化師のぺーテン」などをセットすると反射ダメージを与えてしまう可能性があるため、状況に合わせて方が召喚・セットを選んだ方が良いです。

 

各カード解説

「D-HERO Bloo-D」

主力モンスターです。

スキル「戦力補充」でサーチします。

 

「ガスタ」モンスター

「D-HERO Bloo-D」のリリース素材、デッキ圧縮 、シンクロ素材を担います。
「ガスタ・ガルド」は 「サイバー・エンジェル―茶吉尼―」の除去にも対応します。

 「アサルト・ガンドッグ」「軍隊竜」などの類似カード(戦士族以外)でも代用可能です。

 

「闇・道化師のぺーテン」

「D-HERO Bloo-D」のリリース素材、デッキ圧縮を担います。
類似カードと違い手札からも同名カードを展開でき、「サイバー・エンジェル―茶吉尼―」の除去にも対応します。

守備力が1200あるため、反射ダメージを与えないよう、通常召喚時は攻撃表示にする場合もあります。

「アサルト・ガンドッグ」「軍隊竜」などの類似カード (戦士族以外) でも代用可能です。

 

「クラスター・ペンデュラム

「D-HERO Bloo-D」のリリース素材を担います。
なければ「幻銃士」などでも代用できます。

 

「ガーディアンの力」「生贄封じの仮面」

「D-HERO Bloo-D」 、シンクロモンスター を相手儀式モンスターによる戦闘破壊から守ります。

前者は打点も担えます。
後者は 「D-HERO Bloo-D」 の特殊召喚も不可になるので注意が必要です。

「次元幽閉」などでも代用可能です。

 

「局所的ハリケーン」

「八式対魔法多重結界」対策です。

  

各種シンクロモンスター

レベル5・6の高打点なら何でも構いません。

 

今回紹介するデッキ  その2「ユベル」ロック

揺れる想いの明日香40 ハイスコア安定周回デッキ デュエルリンクス

※シャインカード4~8枚程でデュエル評価8000点を超えます。

 

使用デッキ・プレイング解説

 

「ネフティス」モンスターや「炎王獣 ヤクシャ」で「ユベル」を破壊し、特殊召喚した「ユベル-Das Abscheulich Ritter」で戦線維持するデッキです。

「サイバー・エンジェル-茶吉尼-」で 「ユベル-Das Abscheulich Ritter」 を除去される可能性があるため、「ユベル」カードを増やしています。

「炎王の孤島」は 「サイバー・エンジェル-伊舎那-」 で除去される可能性があるため、不採用です。

「サイバー・エンジェル-茶吉尼-」で 「ユベル-Das Abscheulich Ritter」 を除去された場合、再び「ユベル」を破壊し、墓地の 「ユベル-Das Abscheulich Ritter」 を蘇生します。

「ユベル-Das Abscheulich Ritter」を守備表示で場に出せれば成功です。
(攻撃表示だと「サイバー・ジムナティクス」で除去される可能性があります。)
デッキ圧縮しつつターンを進めます。

自分のデッキ枚数が1枚になったら、 「炎王獣 ヤクシャ」を場に出し、エンドフェイズに 場の「ユベル-Das Abscheulich Ritter」 を 「ユベル-Das Extremer Traurig Drachen」 に進化させます。

自分のデッキ枚数が0枚になったら、
「局所的ハリケーン」を発動、
「ユベル」カード3枚(レベルの高いカードを優先)をコストに「モンタージュ・ドラゴン」を(「ドゥーブルパッセ」対策のため)守備表示で特殊召喚、
「シエンの間者」を発動、「モンタージュ・ドラゴン」を送りつけ、
「ユベル-Das Extremer Traurig Drachen」で「モンタージュ・ドラゴン」を攻撃し、とどめを刺します。

スキルは「我が名はユベル」「リスタート」がおすすめです。

シャインカードが足りない場合、「ジャンク・シンクロン」+「スケル・エンジェル」でシンクロ召喚を取り入れるなどして、デュエル評価を水増ししましょう。

 

各カード解説

 

「ユベル」 「ユベル-Das Abscheulich Ritter」 「ユベル-Das Extremer Traurig Drachen」

戦線維持、「モンタージュ・ドラゴン」の打点を担います。

枚数が足りなければ他の高レベルモンスターで代用できますが、安定性は下がります。

 

「局所的ハリケーン」

「八式対魔法多重結界」対策です。

 

→2つのデッキを紹介しましたが、 他には、「ラーの翼神竜」+罠ロック、「雲魔物」などでも周回できます。

 

“揺れる想い”の「明日香」LV.40 デッキ構成

 

☆メインデッキ (20枚)

 

「サイバー・エンジェル-茶吉尼-」×1

儀式・効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻2700/守2400
「機械天使の儀式」により降臨。
(1):このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。
相手は自身のフィールドのモンスター1体を墓地へ送らなければならない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分の儀式モンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
(3):自分エンドフェイズに自分の墓地の、
儀式モンスター1体または「機械天使の儀式」1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。


「サイバー・エンジェル-伊舎那-」×2

儀式・効果モンスター
星8/光属性/天使族/攻2500/守2600
「機械天使の儀式」により降臨。
(1):このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。
相手は自身のフィールドの魔法・罠カード1枚を墓地へ送らなければならない。
(2):このカードの攻撃で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。
このカードはもう1度だけ続けて相手モンスターに攻撃できる。
(3):1ターンに1度、自分フィールドの「サイバー・エンジェル」儀式モンスターを対象とする相手の効果が発動した時に発動できる。
自分の墓地の儀式モンスター1体を選んでデッキに戻し、
相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。


「サイバー・エンジェル-弁天-」×2

儀式・効果モンスター
星6/光属性/天使族/攻1800/守1500
「機械天使の儀式」により降臨。
(1):このカードが戦闘でモンスターを破壊し墓地へ送った場合に発動する。
そのモンスターの元々の守備力分のダメージを相手に与える。
(2):このカードがリリースされた場合に発動できる。
デッキから天使族・光属性モンスター1体を手札に加える。


「サイバー・エンジェル-韋駄天-」×2

儀式・効果モンスター
星6/光属性/天使族/攻1600/守2000
「機械天使の儀式」により降臨。
(1):このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から儀式魔法カード1枚を選んで手札に加える。
(2):このカードがリリースされた場合に発動できる。
自分フィールドの全ての儀式モンスターの攻撃力・守備力は1000アップする。


「サイバー・ジムナティクス」×1

効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻 800/守1800
(1):1ターンに1度、手札を1枚捨て、
相手フィールドの表側攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。
その相手の表側攻撃表示モンスターを破壊する。 


「ヂェミナイ・エルフ」×2

通常モンスター
星4/地属性/魔法使い族/攻1900/守 900


「慈悲深き機械天使」×2

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の手札・フィールドの「サイバー・エンジェル」儀式モンスター1体をリリースして発動できる。
自分はデッキから2枚ドローし、その後手札を1枚選んでデッキの一番下に戻す。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は儀式モンスターしか特殊召喚できない。


「機械天使の儀式」×1

儀式魔法
「サイバー・エンジェル」儀式モンスターの降臨に必要。
(1):レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、
自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、
手札から「サイバー・エンジェル」儀式モンスター1体を儀式召喚する。
(2):自分フィールドの光属性モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。


「機械天使の絶対儀式」×2

儀式魔法
「サイバー・エンジェル」儀式モンスターの降臨に必要。
(1):レベルの合計が儀式召喚するモンスターと同じになるように、
自分の手札・フィールドのモンスターをリリース、
またはリリースの代わりに自分の墓地から天使族または戦士族のモンスターをデッキに戻し、
手札から「サイバー・エンジェル」儀式モンスター1体を儀式召喚する。


「精霊の祝福」×2

儀式魔法
光属性の儀式モンスターの降臨に必要。
(1):レベルの合計が儀式召喚するモンスターと同じになるように、
自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、
手札から光属性の儀式モンスター1体を儀式召喚する。


「祝福の教会-リチューアル・チャーチ」×1

フィールド魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。
デッキから光属性の儀式モンスター1体または儀式魔法カード1枚を手札に加える。
(2):自分の墓地の魔法カードを任意の数だけデッキに戻し、
デッキに戻した数と同じレベルを持つ、自分の墓地の天使族・光属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。


「ドゥーブルパッセ」×1

通常罠
(1):相手モンスターが自分フィールドの表側攻撃表示モンスターに攻撃宣言した時に発動できる。
攻撃対象モンスターの攻撃力分のダメージを相手に与え、
その相手モンスターの攻撃を自分への直接攻撃にする。
その自分のモンスターは、次の自分ターンに直接攻撃できる。


「八式対魔法多重結界」×1

カウンター罠
次の効果から1つを選択して発動する。
●フィールド上のモンスター1体を対象にした魔法の発動と効果を無効にし、
そのカードを破壊する。
●手札から魔法カード1枚を墓地に送る事で魔法の発動と効果を無効にし、
そのカードを破壊する。

 

最後に

新規報酬のカードは2枚とも「サイバー・エンジェル」関連です。
規制が厳しい「サイバー・エンジェル」ですが、今後規制が解除されることに期待したいですね!

それでは!

Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です