「エレクトリック・オーバーロード」URカードの評価と考察 1/2

Pocket

2017/7/31に新パック「エレクトリック・オーバーロード」が追加されました。「エレクトリック・オーバーロード」収録のウルトラレアカードの評価と考察をしていきます。

スポンサーリンク


カードの評価・考察

※カード名の横に()で点数をつけ、評価しています。(点数は1~10で、数字が高い程高評価です。カード単体の強さ、汎用性、他のカードとのシナジーやコンボ性、対人戦での強さ、CPU戦での周回に利用できるかといった点から評価しています。)

 

「天界王 シナト」(UR) (5)

<テキスト>
「奇跡の方舟」により降臨。
このカードが戦闘によって相手の守備表示モンスターを破壊し墓地へ送った時、
破壊したモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。

天使族モンスターなので、「天空の宝札」などの天使族専用カードを使用できます。

ステータスは高いのですが、レベル8儀式モンスターなので重いです。耐性も持たないため、除去されると非常に苦しくなります。

効果はおまけ程度に考え、アタッカーとして使用するのが望ましいです。

現状、儀式モンスターで最高攻撃力を誇ります。周回用の「ユニアタ従者」デッキにおいて、「ユニオン・アタック」3枚に加え、このカードと「限定解除」だけで「墓守の従者」の攻撃力が10000を超えるのは、このカードならではの利点です。

 

創世神

「創世神」(UR) (6)

<テキスト>
このカードは墓地からの特殊召喚はできない。1ターンに1度、自分の墓地のモンスター1体を選択して発動できる。手札を1枚選んで墓地へ送り、選択したモンスターを墓地から特殊召喚する。

専用サポートの「創世者の化身」から特殊召喚すれば、高い守備力をより活かせます。また、雷族モンスターなので、「雷の裁き」「魔霧雨」などの雷族専用カードを使用できます。

墓地から特殊召喚できないため、手札から展開することとなります。「創世者の化身」や「始皇帝の陵墓」を併用すると、場に出しやすいです。「創世者の化身」は戦士族モンスターなので、スキル「戦力補充」を使う手もあります。城之内のスキル「ダイスdeレベリング」でリリース軽減するのも手です。

効果は強力で、蘇生させるモンスターのレベル・属性等を問いません。最上級モンスターなどの強力なモンスターを状況に合わせて展開できます。

手札を墓地へ送るのはコストでなく効果のため、「神の摂理」等で効果を無効にされても手札を失いません。その反面、墓地へ送ったモンスターをそのまま蘇生させることができません。

重いモンスターで、攻撃力が低いのがやや難点ですが、場に出せれば強力なモンスターです。

 

魔帝アングマール

「魔帝アングマール」(UR) (7.5)

<テキスト>
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した時、
自分の墓地の魔法カード1枚を除外して発動できる。
除外したその魔法カードの同名カード1枚をデッキから手札に加える。

今回の目玉カードの1つで、強力な「帝」モンスターの1体です。高い攻撃力に加え、召喚に成功した時点でアドバンス召喚の損失を回復できます。

墓地の魔法カードの同名カードをサーチできます。「クロス・ソウル」との相性は抜群で、このカードの召喚補助をしつつ後続の準備ができます。他には「エネミー・コントローラー」「猪突猛進」などの汎用カードも複数積みしやすいです。

「黄泉ガエル」を併用すれば、損失なしでアドバンス召喚できます。「黄泉ガエル」も「エネミー・コントローラー」とシナジーするので、優秀です。

 

賢者ケイローン

「賢者ケイローン」(UR) (7.5)

高い攻撃力に加え、不要な魔法カードをコストに魔法・罠を破壊できます。

フリーチェーンの多い現環境では、魔法カードを捨ててまで伏せ除去をしたい場面は限られますが、あって損はありません。

表側表示の魔法・罠除去もできるので、大変便利です。特に、「トゥーン・キングダム」を破壊できるのは大きいです。

獣戦士族モンスターなので、「ビーストライザー」や、「ピューマン」の召喚コストとして使えます。

アタッカーとして優秀なステータスと、魔法・罠除去の役割をこなせる汎用モンスターです。

 

雷電娘々

「雷電娘々」(UR) (6.5)

攻撃力1900のデメリットアタッカーです。

レベル4光属性の雷族モンスターなので、「Oniサンダー」でサーチでき、「Otoサンダー」「Okaサンダー」で手札から特殊召喚できます。また、「雷の裁き」「魔霧雨」などの雷族専用カードを使用できます。「ダーク・フレア・ドラゴン」の召喚コストにもなります。

光属性でデッキのモンスターの大半を占めれば、デメリットはほとんど気になりません。ただし、「フライング寄生」デッキが相手の場合、「寄生虫パラサイド」「溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム」でも自壊してしまうので、警戒が必要です。

光属性モンスターのアタッカーとしては、悪くありません。

 

 

ついに「闇帝ディルグ」以来初の「帝」モンスターの登場です。アドバンス召喚時に即リリースの損失を補える優秀なモンスター群ですね。それでは!

関連記事:
「エレクトリック・オーバーロード」URカードの評価と考察 2/2

スポンサーリンク





Pocket

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2017年8月8日

    […] 関連記事: ”「エレクトリック・オーバーロード」URカードの評価と考察 1/2 スポンサーリンク (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です