「エレクトリック・オーバーロード」SRカードの評価と考察

Pocket

2017/7/31に新パック「エレクトリック・オーバーロード」が追加されました。「エレクトリック・オーバーロード」収録のスーパーレアカードの評価と考察をしていきます。




カード考察・評価

※カード名の横に()で点数をつけ、評価しています。(点数は1~10で、数字が高い程高評価です。カード単体の強さ、汎用性、他のカードとのシナジーやコンボ性、対人戦での強さ、CPU戦での周回に利用できるかといった点から評価しています。)

 

火之迦具土

「火之迦具土」(SR) (6)

<テキスト>
このカードは特殊召喚できない。
召喚・リバースしたターンのエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
また、このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時に発動する。
次のターンのドローフェイズのドロー前に相手は手札を全て捨てる。

最上級スピリットモンスターで、強力なハンデス(=手札破壊)効果を持ちます。

特殊召喚できない最上級モンスターなので、場に出すまでが大変で、効果を発動するためには戦闘ダメージを与える必要があります。

スキル「ダイスdeレベリング」や、「始皇帝の陵墓」「迷える子羊」「炎を支配する者」「黄泉ガエル」「アマリリース」「クロス・ソウル」などの召喚サポートは必須です。「X・E・N・O」を1ターン守り抜く手もあります。

「嵐」「心鎮壺」「神の摂理」などを併用すれば、戦闘ダメージを与えやすくなります。

消費は多いですが、戦闘ダメージを与えることに成功すればゲームエンド級の効果を発動するため、狙う価値はあります。

また、守備力も高いので、裏側守備表示で出せば強固な壁になります。

重いモンスターなので、手札に戻ってしまうのはデメリットといえます。

 

氷結界の虎将 ガンターラ

「氷結界の虎将 ガンターラ(SR) (6)

<テキスト>
自分のエンドフェイズ時に発動できる。
自分の墓地から「氷結界の虎将  ガンターラ」以外の
「氷結界」と名のついたモンスター1体を選択して特殊召喚する。

自分エンドフェイズと発動が遅いのが難点ですが、同名カード以外の「氷結界」モンスターを蘇生できます。「氷結界の軍師」とは高相性です。

「氷結界の三方陣」擁する「氷結界」デッキでは、強力なアタッカーとなります。ただし、現在流行しているスキル「バランス」型は速攻型のデッキなので、効果はいまいち噛み合いません。

レベル7なので、スキル「三星降格」でリリースなしで召喚できます。場に維持できれば強力なので、このカードを軸に耐久型の「氷結界」デッキを組む手もあります。

 

「八俣大蛇」(SR) (6.5)

<テキスト>
このカードは特殊召喚できない。
召喚・リバースしたターンのエンドフェイズ時に持ち主の手札に戻る。
このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
自分の手札が5枚になるまでデッキからカードをドローする。

最上級スピリットモンスターで、強力なドロー効果を持ちます。

特殊召喚できない最上級モンスターなので、場に出すのに工夫が必要で、効果を発動するためには戦闘ダメージを与える必要があります。

「火之迦具土」と違いレベル7なので、スキル「三星降格」でリリースなしで召喚できます。比較的安定して場に出せるので、この差は大きいです。

他には「始皇帝の陵墓」「ミンゲイドラゴン」「迷える子羊」「炎を支配する者」「黄泉ガエル」「アマリリース」「クロス・ソウル」などの召喚サポートを使用したり、「X・E・N・O」を1ターン守り抜く手もあります。

「嵐」「心鎮壺」「神の摂理」などを併用すれば、戦闘ダメージを与えやすくなります。

消費はやや多いですが、戦闘ダメージを与えることに成功すれば強力な効果を発動するため、狙う価値はあります。ただし、効果の発動に成功しても相手に全く干渉しない点には注意が必要です。

守備力は「火之迦具土」以上に高いので、裏側守備表示で出せば強固な壁になります。

重いモンスターなので、手札に戻ってしまうのはデメリットといえます。

 

A・ジェネクス・パワーコール

「A・ジェネクス・パワーコール」(SR) (6)

<テキスト>
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
このカードと同じ属性を持つ、このカード以外の自分フィールド上の
モンスターの攻撃力は500ポイントアップする。

通常は自身以外の闇属性モンスターの攻撃力を強化できます。「ダークゾーン」と違い、自分のモンスターのみを強化できます。

しかし、自身は強化されないため、このカードから先に処理されてしまいがちです。

機械族モンスターなので、スキル「シークレット・ドロー」や「重力砲」「マシンデベロッパー」「レアメタル化・魔法反射装甲」などの強力な機械族サポートを使用できます。

機械族モンスターとしてはなかなか優秀なので、機械族デッキに入れる手もあります。

 

創世の預言者

「創世の預言者」(SR) (6)

手札の不要なカードを捨て、最上級モンスターをサルベージできます。

最上級ドラゴン族デッキでは、「コドモドラゴン」を捨て最上級ドラゴン族モンスターを回収することで、回収したモンスターを即座に場に出せます。

「神竜 アポカリプス」と役割はほぼ同じですが、こちらは攻撃力が1800あり、アタッカーとしても機能します。しかし、ドラゴン族ではないため「ミンゲイドラゴン」の効果を阻害するなどのデメリットがあります。

他には特殊召喚できる最上級儀式モンスター、「溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム」「ダーク・ネクロフィア」「冥王竜ヴァンダルギオン」「ダーク・ボルテニス」、融合素材となる「バスター・ブレイダ―」「ブラック・マジシャン」、簡単に場に出せる「疾風の暗黒騎士ガイア」「ネフティスの鳳凰神」などのモンスターとは相性が良いです。

「創世神」も手札の最上級モンスターを墓地へ送れるので、相性が良いです。

 

忍者マスター SASUKE

「忍者マスター SASUKE」(SR) (8)

今回の目玉カードの1つです。

高い攻撃力に加え、表側守備表示モンスターを破壊できる効果を持ちます。

「クリボール」「エネミー・コントローラー」などの寝かせるカードが主流の現環境では効果の発動機会が多く、相手が最上級モンスターであろうと一方的に破壊できます。「銀幕の鏡壁」を無視して破壊できるのも利点です。

「忍者」デッキでは必須カードで、「白い忍者」とはサポートカードを共有できます。

また、光属性モンスターなので、「ダーク・フレア・ドラゴン」の召喚コストになります。

「猪突猛進」同様、戦闘破壊できる状態で効果を発動すれば、「トゥーン・キングダム」下の「トゥーン」モンスターをバグで破壊できます。(ver.1.9.0.で修正予定)

 

マシンナーズ・ピースキーパー

「マシンナーズ・ピースキーパー」(SR) (5)

<テキスト>
フィールド上のこのカードが破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
デッキからユニオンモンスター1体を手札に加える。
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に装備カード扱いとして
自分フィールド上の機械族モンスターに装備、
または装備を解除して表側攻撃表示で特殊召喚する事ができる。
(1体のモンスターが装備できるユニオンは1枚まで。
装備モンスターが破壊される場合、代わりにこのカードを破壊する。)

ユニオン共通の効果と、ユニオンモンスターをサーチする効果を持ちます。

現状、サーチしたい強力なユニオンモンスターはいないので、扱いは難しいです。「XYZ」デッキなら、採用の余地はあります。

サーチ効果は装備された状態で破壊されても発動します。また、任意効果のため、タイミングを逃す可能性があります。

 

ダークゾーン

「ダークゾーン」(SR) (5)

闇属性モンスターを全体強化するフィールド魔法です。

悪魔族デッキや「墓守」デッキなど、闇属性主体のデッキなら採用の余地はあります。

相手モンスターも強化してしまうので、注意が必要です。闇属性モンスターには「真紅目の不死竜」「サクリファイス」「ダーク・ネクロフィア」「トゥーン・デーモン」「トゥーン・ブラック・マジシャン・ガール」など、採用率の高いカードも多いです。

 

シャインスパーク

「シャインスパーク」(SR) (5)

「ダークゾーン」と対になる、光属性モンスターを全体強化するフィールド魔法です。

「創造の代行者 ヴィーナス」や「XYZ」、「グラディウス」、「豊穣のアルテミス」パーミッションなど、光属性主体のデッキなら採用の余地はあります。

相手モンスターも強化してしまうので、注意が必要です。「忍者マスター SASUKE」「創造の代行者 ヴィーナス」「ミラージュ・ドラゴン」などは採用率も高いです。

 

ダブルマジックアームバインド

「ダブルマジックアームバインド」(SR) (6.5)

相手モンスター2体を奪える強力な効果を持ちますが、自分・相手の場に2体のモンスターを要求するので、発動するのはやや大変です。

「マジカルシルクハット」や「クラスター・ペンデュラム」「幻獣機 ハムストラット」「迷える仔羊」、「黄泉ガエル」などでコスト軽減が出来ます。

自分エンドフェイズまでコントロールを奪えるので、相手ターンに発動し、自分ターンでとどめを刺すか、リリースしてしまうのが理想です。

 

 

魂の転身

「魂の転身」(SR) (7)

<テキスト>
「魂の転身」は1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
(1):自分フィールドに特殊召喚されたモンスターが存在しない場合、
自分フィールドの通常召喚された表側表示のレベル4モンスター1体をリリースして発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

特殊召喚を多用するデッキでは使いづらいので、おもに下級ビートで使用することになります。

サクリファイス・エスケープすればアドバンテージを得ます。他には「センジュゴッド」などの召喚成功時に効果を発動するモンスターや、「白い忍者」「ウェポンサモナー」などのリバースモンスター、「魔道化リジョン」「真紅目の飛竜」などの墓地で効果を発動するモンスターをリリースすれば、アドバンテージを得ます。

特殊召喚に制約があり、ボード・アドバンテージを損失するので使いづらいカードですが、2ドローは魅力的です。

 

雷の裁き

「雷の裁き」(SR) (5)

雷族のサポートカードです。

「蘇りし魂」でも使用しない限り、発動は自分ターンとなります。効果はモンスターか魔法・罠、裏表を問わないので強力ですが、破壊するタイミングを選べず、罠カードなので遅いので使いづらいです。

現状、雷族モンスターの種類が少なく、「ONiサンダー」シリーズか「雷電娘々」くらいしかまともなモンスターがいません。今後のカードプールに期待です。

 
 

「ダブルマジックアームバインド」は使い方が難しいですが、トリッキーで面白そうですね。それでは!







Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です