「エコーズ・オブ・サイレンス」URカードの評価と考察

Pocket

2017/8/31に新パック「エコーズ・オブ・サイレンス」が追加されました。「エコーズ・オブ・サイレンス」収録のウルトラレアカードの評価と考察をしていきます。




カード考察・評価

※カード名の横に()で点数をつけ、評価しています。(点数は1~10で、数字が高い程高評価です。カード単体の強さ、汎用性、他のカードとのシナジーやコンボ性、対人戦での強さ、CPU戦での周回に利用できるかといった点から評価しています。)

 

サイレント・マジシャン LV8

「サイレント・マジシャン LV8」(UR) (7)

<テキスト>
このカードは通常召喚できない。
「サイレント・マジシャン LV4」の効果でのみ特殊召喚できる。
(1):このカードは相手の魔法カードの効果を受けない。

「サイレント・マジシャン LV4」から進化する、攻撃力3500のモンスターです。

非常に高い攻撃力に加え相手の魔法カードの効果を受けないという強力な耐性を持ち、「死者への手向け」「クロス・ソウル」「エネミー・コントローラー」「猪突猛進」「呪魂の仮面」といったカードが効きません。相手次第では完封もあり得ます。

打点で負けることは滅多にありませんが、モンスター効果と罠には当然ながら無力です。
「クリボール」「イタクァの暴風」「銀幕の鏡壁」辺りは頻繁に遭遇するので、対策が必要です。
これらをまとめて対策できる「ハーフ・シャット」とは相性が良いです。「亜空間物質転送装置」「神の摂理」などで守るのも良いでしょう。あえて寝かせるカードを受け、「ガムシャラ」の発動に成功すれば、大ダメージを狙えます。

「溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム」「ダーク・ネクロフィア」「サクリファイス」「業火の重騎士」「X・E・N・O」「お家おとりつぶし」「荒野の大竜巻」辺りも相手のデッキによっては遭遇するので、警戒が必要です。

「サイレント・マジシャン LV4」の効果で特殊召喚できますが、「サイレント・マジシャン LV4」を維持しなければならず、「魔力掌握」などを使用しても非常に不安定です。そのため、「サイレント・マジシャン LV4」「レベルアップ!」を揃えて特殊召喚を狙うのが現実的です。
どちらもサーチ・リクルート手段に乏しいので、スキル「リスタート」や、ドロー加速系のカード、「打ち出の小槌」などの手札交換、「タイムカプセル」などを採用し、素早く手札に揃えるのが良いでしょう。
「ディープ・ダイバー」「マジシャンズ・サークル」も一考の余地があります。
「サイレント・マジシャン LV8」自体が手札に来ると邪魔になるため、デッキに戻せる「エア・サーキュレーター」「打ち出の小槌」「ゴブリンのやりくり上手」は特に相性が良いです。

場に出せれば制圧力の高いモンスターなので、専用デッキを組む価値は十分にあります。

ちなみに「レベル調整」は召喚条件を無視できても蘇生制限は無視できない(=一度正規の手順で場に出さないといけない)ため、「レベルアップ!」を前提とする「サイレント・マジシャン LV8」とは噛み合いません。


「スピア・ドラゴン」(UR) (6.5)

<テキスト>
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えていれば、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。
このカードは攻撃した場合、ダメージステップ終了時に守備表示になる。

1900と非常に高い攻撃力と貫通効果を持ちますが、攻撃すると守備表示になります。守備力は0なので、ほぼ戦闘破壊されてしまうデメリットとなります。

攻撃せずに1900の壁とするのも手です。

ドラゴン族のため「山」で攻撃力2100にまで上がり、「スタンピング・クラッシュ」「竜の転生」などのドラゴン族サポートを受けられます。

貫通効果を持つため、ドラゴン族デッキだけでなく、「フライング寄生」デッキへの採用も検討できます。

守備表示になることを利用し、「ガムシャラ」「悪夢の迷宮」を使う手もあります。

やや不安定なアタッカーですが、悪くないカードです。

 

次回はスーパーレアカードの考察をしていきます。
「天使の涙」で「サプライズスライム」ギミックを試してみましたが、無理でした! それでは!

 







Pocket

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2017年9月6日

    […] 詳しくは「サイレント・マジシャン LV8」の考察記事をご覧ください。 […]