【デュエルリンクス】「炎王ネフユベル」デッキ紹介

Pocket

現環境の一角である「炎王ネフユベル」デッキを紹介します。

「炎王ネフユベル」デッキとは

「ネフティス」下級モンスターや「炎王の孤島」「炎王獣 ヤクシャ」で「ユベル」「ネフティスの鳳凰神」を破壊し、全体除去効果で場を一掃しながら攻めていくビートダウンデッキです。

「ユベル-Das Abscheulich Ritter」と「ネフティスの鳳凰神」を場に揃えられれば、毎ターン、場のモンスターと魔法・罠を除去できます。

コンボ色が強く、隙の多さ、「ユベル」進化形態に対する除外、など弱点も多く、相手のデッキとの相性が出やすいですが、うまくハマれば相手を圧倒できる強力なデッキです。

ユベル-Das Abscheulich Ritter

「ユベル-Das Abscheulich Ritter
星11/闇属性/悪魔族/攻 0/守 0
このカードは通常召喚できない。
「ユベル」の効果でのみ特殊召喚できる。
このカードは戦闘では破壊されず、このカードの戦闘によって発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
フィールド上に表側攻撃表示で存在するこのカードが相手モンスターに攻撃された場合、そのダメージ計算前に攻撃モンスターの攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。
また、自分のエンドフェイズ時、このカード以外のフィールド上のモンスターを全て破壊する。
このカードがフィールド上から離れた時、自分の手札・デッキ・墓地から「ユベル-Das Extremer Traurig Drachen」1体を特殊召喚できる。  

ネフティスの鳳凰神

「ネフティスの鳳凰神」
星8/炎属性/鳥獣族/攻2400/守1600
(1):このカードが効果で破壊され墓地へ送られた場合、次の自分スタンバイフェイズに発動する。
このカードを墓地から特殊召喚する。
(2):このカードの(1)の効果で特殊召喚に成功した場合に発動する。
フィールドの魔法・罠カードを全て破壊する。  

炎王の孤島

「炎王の孤島」
「炎王の孤島」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分メインフェイズにこの効果を発動できる。
自分の手札・フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、デッキから「炎王」モンスター1体を手札に加える。
(2):自分フィールドにモンスターが存在しない場合にこの効果を発動できる。
手札の鳥獣族・炎属性モンスター1体を特殊召喚する。
(3):フィールドゾーンの表側表示のこのカードが、墓地へ送られた場合または除外された場合に発動する。
自分フィールドのモンスターを全て破壊する。  

「炎王ネフユベル」デッキ

デュエルリンクス 炎王ネフユベルデッキ レシピ

※エクストラデッキは任意のカードです。

デッキ解説

一般的な構築だと思います。

スキルは事故を軽減できる「我が名はユベル」が最有力です。
ただし、ユベルを使用キャラにするとデッキが読まれやすいため、「ネフティスの鳳凰神」などの除去効果が薄くなる可能性があります。
敢えて別のキャラを使用し、デッキを読まれにくくするのも手です。

基本的には「ネフティスの祈り手」「炎王の孤島」「炎王獣 ヤクシャ」で「ユベル」「ネフティスの鳳凰神」を破壊し、除去を狙います。
特に「ネフティスの祈り手」始動は強力で、 「ユベル-Das Abscheulich Ritter」 の全体除去に巻き込めば、次のターンの「ネフティスの蒼凰神」儀式召喚の準備が整います。

「ネフティスの鳳凰神」は「炎王の孤島」の(2)の効果でも特殊召喚できます。

「ネフティスの鳳凰神」自己再生時に表側表示の「炎王の孤島」を破壊すると、再び「ネフティスの鳳凰神」が破壊され、自己再生はさらに次のターンとなります。

これは「炎王の孤島」の(1)の効果で「ネフティスの鳳凰神」破壊後、2枚目の「炎王の孤島」を側表示で出すことで回避できます。
同様に「ユベル」をいきなり最終形態にできるので、覚えておいて損はありません。

各カード解説

「ユベル」

手札から破壊されても進化できます。
「ネフティスの鳳凰神」も同様です。

「クリボール」

手札誘発なので「ネフティスの鳳凰神」に巻き込まれず、1キル等を防げます。

モンスターカードなので腐ったら「炎王の孤島」の(1)の効果に使えます。

「ネフティスの祈り手」「炎王獣 ヤクシャ」「炎王の孤島」

「ユベル」「ネフティスの鳳凰神」を破壊するキーカードです。

今回採用を見送った相性の良いカード

ザ・カリキュレーター

「ザ・カリキュレーター」

お手軽高打点モンスターになります。

タスケルトン

「タスケルトン」

墓地で効果が発動するため、「炎王の孤島」などと高相性です。

「ADチェンジャー」 「エア・サーキュレーター」など、墓地で発動するカードや破壊された時に発動するカードは採用の余地があります。

歯車街

手札から破壊されても発動し、「古代の機械熱核竜」を特殊召喚できます。

アンティ勝負

「アンティ勝負」

高レベルモンスターの枚数が多く、ミラー以外では成功率が高いです。

このデッキの弱点となるカード

スターダスト・ドラゴン

「スターダスト・ドラゴン」

「ユベル-Das Abscheulich Ritter」「ユベル-Das Extremer Traurig Drachen」の除去効果を無効にされます。

「ユベル-Das Extremer Traurig Drachen」 は守備表示なら突破されません。

エネミーコントローラー

「エネミー・コントローラー」などのコントロール奪取カード

コントロール奪取には弱いです。
「ユベル-Das Abscheulich Ritter」をコントロール奪取されアドバンス召喚のリリース等されると、タイミングを逃し、後続を呼べません。

デュエルリンクス ゲーテの魔導書

「ゲートの魔導書」などのフリーチェーンの除去カード

これらの除去カードをチェーン2以降で発動されると、「ユベル-Das Abscheulich Ritter」の効果はタイミングを逃し、後続を呼べません。

それでは!

Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です