【デュエルリンクス】「聖騎士」デッキレシピとその対策

Pocket

環境上位デッキである「聖騎士」デッキを紹介します。


スポンサーリンク


「聖騎士」デッキの概要

「聖騎士」モンスターと「聖剣」装備カードを中心としたビートダウンデッキです。

「聖騎士」モンスターは装備魔法に関する効果を持つカードが多く、「聖剣」装備魔法を駆使し、アドバンテージを稼ぐデッキです。

「聖騎士モルドレット」の展開力、「聖騎士トリスタン」「聖剣アロンダイト」の除去効果が特に強力です。
「聖騎士トリスタン」はデッキの要であり、サポートカードと組み合わせ、自分・相手ターン両方での除去を狙っていきます。

デッキの大半が「聖騎士」「聖剣」カードで占められるので、構築の幅がやや狭い点、メインボックスの高レアリティカードが中心なので構築難易度が高い点がやや難点です。

弱点は

  • 「ゲーテの魔導書」「狡猾な落とし穴」「バージェストマ・カナディア」などの起点となる「聖騎士」モンスターを処理するカード
  • 「聖剣」カードを除外する「コズミック・サイクロン」
  • 「陽炎獣」モンスターなどの破壊や対象を取る効果に耐性を持つカード
  • 「DNA改造手術」などの種族変更カード

などがあります。

「聖騎士」デッキ対策カードについては後述します。

 

聖騎士モルドレッド

聖騎士トリスタン

聖剣アロンダイト

栄光の聖騎士団

 

 

「聖騎士」デッキ紹介

 

デュエルリンクス 聖騎士 デッキレシピ

※エクストラデッキは任意のモンスターです。

 

デッキ解説

スキルは「バランス」を採用していますが、「リスタート」もおすすめです。

基本的には「聖騎士トリスタン」または「聖騎士モルドレット」「同胞の絆」から「聖騎士トリスタン」を特殊召喚し、「聖剣」カードを装備し、除去しつつビートダウンします。

「聖騎士へディヴィエール」「栄光の聖騎士団」「旗鼓堂々」で相手ターンに装備魔法を装備すれば、相手ターンに除去が行えます。

 

各カード解説

「聖騎士モルドレット」

「聖騎士トリスタン」等をリクルートできます。

このカードに「聖剣アロンダイト」を装備し、「聖剣アロンダイト」の効果を発動後、このカードの効果で「聖騎士トリスタン」をリクルートし「聖剣アロンダイト」を破壊、破壊された「聖剣アロンダイト」を「聖騎士トリスタン」に装備すれば、最大で3枚ものカードを除去できます。

 

「聖騎士トリスタン」

キーカードです。
装備された時に表側表示のカードを除去する強制効果を持ちます。
強制効果ですが、相手の場に対象とするカードがなければ「聖剣」カードを破壊し、再装備すれば良いので、ほとんど気になりません。

「聖騎士モルドレット」「同胞の絆」からリクルートでき、「聖騎士へディヴィエール」「栄光の聖騎士団」「旗鼓堂々」で相手ターンに装備魔法を装備すれば、相手ターンに除去が行えます。

(1)の効果は他のモンスターを守れますが、おまけ程度に考えた方が良いでしょう。
このカードに「天命の聖剣」を装備していれば、強固な耐性となります。

 

 

「聖騎士へディヴィエール」

場に表側表示で存在する限り1度だけ、「聖剣」装備カードを移し替える効果を持ちます。

相手ターンでも発動でき、「聖騎士トリスタン」と強力なシナジーがあります。
「聖剣ガラティーン」を装備したモンスターの攻撃後に「聖剣ガラティーン」を移し替え、高打点で押し切るといったこともできます。

「聖剣」カードをデッキから墓地へ送れるので、「旗鼓堂々」と高相性です。

 

「同胞の絆」

上記の3体を一気に展開できます。
特に「聖騎士トリスタン」「聖騎士へディヴィエール」を並べられることが大きいです。

苦手な「ゲーテの魔導書」などのフリーチェーン除去や、バーンなどに弱くなるので、採用するかは好みだと思います。

 

「旗鼓堂々」「栄光の聖騎士団」

「聖剣ガラティーン」によるコンバットトリックや、相手ターンに「聖騎士トリスタン」に装備魔法を装備できます。

「旗鼓堂々」のデメリットも、「聖剣」カードなら問題ありません。
「栄光の騎士団」は「聖剣」以外のカードも装備でき、スキル「戦士たちの草原」+「魔導師の力」で大幅攻撃力アップ、なども狙えます。

 

「聖剣アロンダイト」

「聖剣」カードの中でも特に強力で、カード消費なしで伏せ除去が行えます。
場を離れれば1ターンに複数回効果を狙えます。

相手の戦士族モンスターにも装備でき、弱体化と伏せ除去を行えます。

 

「聖剣ガラティーン」

打点を大幅強化できます。
「聖騎士へディヴィエール」で移し替える有力候補です。

 

「天命の聖剣」

耐性付与ができます。
軸となる「聖騎士トリスタン」を守れます。

 

「狡猾な落とし穴」

フリーチェーンで1:2交換ができる強力な除去罠です。
罠カードを入れるスペースがほとんどないこのデッキと高相性です。

 

 

 

今回採用を見送った相性の良いカード

聖騎士伝説の終幕

「聖騎士伝説の終幕」

墓地にカードが揃っていれば強力なカードです。

発動条件から序盤に使いづらく、「同胞の絆」と相性が悪い点、現環境では「ゲーテの魔導書」「コズミック・サイクロン」「アマゾネスの急襲」といった除外カードが流行していて墓地にカードが揃いにくい点から、採用を見送りました。

 

 

ダブル・サイクロン

「ダブル・サイクロン」

「聖剣」カードを巻き込めば、1:1交換ができます。
「聖騎士」トリスタン」がいれば相手ターンでも追加で除去が行えるため、強力です。

 

 

「聖騎士」対策カード

デュエルリンクス ゲーテの魔導書

 

「ゲーテの魔導書」

2枚、3枚の効果で、「聖剣」カードの発動や装備魔法を装備する効果にチェーンし、装備対象のモンスターを裏守備または除去すれば、大幅に有利になります。
「聖騎士トリスタン」も発動させません。

「魔導書」デッキの専用カードですが、このカードの存在から、「魔導書」デッキは「聖騎士」デッキに強いです。

 

バージェストマ・カナディア

「バージェストマ・カナディア」

こちらは汎用カードで、「ゲーテの魔導書」と同じ使い方ができます。

 

死者への供物

「死者への供物」

こちらも汎用カードで、「ゲーテの魔導書」と同じ使い方ができます。

 

コズミック・サイクロン

「コズミック・サイクロン」

「聖剣」カードを除外でき、再利用させません。
「聖剣」カード発動時にチェーンすれば、「聖騎士トリスタン」の効果も発動されません。

 

アンデット・ワールド DNA改造手術

「アンデット・ワールド」「DNA改造手術」

戦士族以外にすれば、「聖剣」カードを装備できなくなります。

 

陽炎獣 スピンクス

「陽炎獣 スピンクス」

このカードを含む「陽炎獣」モンスターは対象に取られないので、「聖騎士トリスタン」で除去されません。

 

城塞クジラ

「城塞クジラ」

「聖騎士トリスタン」の除去効果を無効にし、破壊できます。

 

 

構築難易度が高く、明確な弱点もありますが、強力なデッキです。
装備魔法が行ったり来たりするトリッキーな動きが面白いですね。
イラストアドも高いです。

それでは!

スポンサーリンク





Pocket

あわせて読みたい

2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です