【デュエルリンクス】「剣闘獣(グラディアルビースト)」デッキ紹介

Pocket

戦闘を行うことで効果を発動し、アドバンテージを得る「剣闘獣(グラディアルビースト)」デッキの紹介です。

「剣闘獣(グラディアルビースト)」デッキとは

戦闘を行うことで効果を発動し、アドバンテージを得る「剣闘獣」モンスターを主軸としたコントロール寄りのビートダウンデッキです。

場面に適した「剣闘獣」モンスターをリクルートできるため、様々な状況に対応できます。

反面、戦闘を行えないと持ち味を活かせず、一度劣勢になると切り返しが難しいデッキです。

 

 

剣闘獣ラクエル

 

 

「剣闘獣(グラディアルビースト)」デッキ

遊戯王 デュエルリンクス「剣闘獣(グラディアルビースト)」デッキ

遊戯王 デュエルリンクス「剣闘獣(グラディアルビースト)」デッキ エクストラ

 

デッキ解説

スキルは環境メタである「墓所封印」を採用しています。
苦手な「魔導」にも強いスキルです。

「バランス」「フライング寄生」「スリカエ」「終わらない罠地獄」「マインドスキャン」辺りも相性が良く、有力です。

豊富な表示形式変更カード・コンバットトリックを駆使して戦闘を行い、アドバンテージを得ていきます。

 

各カード解説

 

「剣闘獣ダリウス」

「剣闘獣ラクエル」に次いで高い打点を持ち、吊り上げ効果は融合召喚などに使えます。

吊り上げ効果の効果処理時にこのカードが場に存在しなければ、吊り上げた「剣闘獣」モンスターの効果は無効化されません。
「エネミー・コントローラー」などでこのカードを場から離せば、吊り上げた「剣闘獣」の効果を使えることは、覚えておいて損はありません。

 

「剣闘獣ムルミロ」

表側表示のモンスターしか破壊できない点には注意が必要です。

 

 

「エネミー・コントローラー」

汎用性が高く、苦手な「人造人間サイコ・ショッカー」にも有効です。
ミラー戦では奪った相手の「剣闘獣」を戻しつつ、自分のデッキから「剣闘獣」モンスターをリクルートしたり融合召喚ができます。

 

「万能地雷グレイモヤ」

対象を取らないので流行りの「マスクヒーロー」に強く、ミラー戦でも活躍します。

 

「剣闘獣エセダリ」

「剣闘獣エセダリ」Aを素材に「剣闘獣エセダリ」Bを融合召喚することで、自分のデッキ枚数が減りません。
場が硬直していれば、相手のデッキ切れを狙えます。

 

 

 

 

今回採用を見送った相性の良いカード

 

 

剣闘獣アウグストル

「剣闘獣アウグストル」

高打点モンスターであり、手札に来てしまった「剣闘獣ムルミロ」などを特殊召喚して、その効果を発動しつつデッキに戻せます。

しかし、このカード自身が手札に来てしまうと処理に困るため、採用を見送りました。

 

猪突猛進

「猪突猛進」

ミラー戦や苦手な「人造人間サイコ・ショッカー」に強いです。

 

ハーフ・シャット

「ハーフ・シャット」

複数の相手モンスターから「剣闘獣」モンスターを守ったり、コンバットトリックとして使えます。
自分の攻撃時に使え、相手の「銀幕の鏡壁」などの対処しにくいカードに合わせて使えるのも便利です。

 

 

 

 

このデッキの弱点となるカード

狡猾な落とし穴

「狡猾な落とし穴」

このカードを筆頭に、戦闘を介さない除去には弱いです。

 

猪突猛進

「猪突猛進」

 

デュエルリンクス 万能地雷グレイモヤ

「万能地雷グレイモヤ」

 

デュエルリンクス アマゾネスの急襲

「アマゾネスの急襲」

 

潜海奇襲

「潜海奇襲」

 

局所的ハリケーン

「局所的ハリケーン」

伏せカードに依存するため、このカードや「人造人間サイコ・ショッカー」は苦手です。

 

剣闘調教

「剣闘調教」

ミラーマッチ専用ですが、絶大な威力を発揮します。

 

呪言の鏡

「呪言の鏡」

現状、ほぼ「剣闘獣」専用メタカードです。

 

地道にアドバンテージを得ていくデッキです。
低レアリティが多く、比較的組みやすいデッキですね。
状況に応じたモンスターをリクルートできることが最大の魅力だと思います。

それでは!

Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です