【デュエルリンクス】「ギアギア」デッキ紹介

Pocket

豊富な防御カードで「ギアギア」モンスターを守り、毎ターンアドバンテージを得る「ギアギア」デッキを紹介します。

「ギアギア」デッキとは

サイクル・リバースによって毎ターン除去を行える「ギアギアタッカー」「ギアギアンカー」を主軸とし、これらを豊富な防御札で守るビートダウンデッキです。

「ギアギア」モンスターを並べることで毎ターン除去を行えるため、「同胞の絆」などの展開札も重要です。
機械族が中心なので、「パルス・ボム」が使えることも強みです。

反面、モンスターを効果などで除去されると脆く、特に「狡猾な落とし穴」を喰らうと致命的です。

かつての環境デッキ「ピエロスタチュー」の強化版のようなデッキで、動きも良く似ています。

 

 

ギアギアタッカー

テキスト
効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1900/守 100
このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。
このカードがリバースした時、このカード以外の自分フィールド上の「ギアギア」と名のついたモンスターの数まで、フィールド上の魔法・罠カードを選んで破壊できる。

 

 

 

 

「ギアギア」デッキ

バランスギアギア デュエルリンクス

※エクストラデッキは任意のカードです。

 

デッキ解説

スキル「バランス」によって初手に「ギアギア」モンスターと防御札を確保し、「同胞の絆」などで「ギアギア」モンスターを展開後、豊富な防御カードで守ります。

「ギアギア」モンスターさえ守れれば、それらの除去効果でアドバンテージを得るので、その流れで勝利できます。

スキルは環境メタの「墓所封印」や、「ギアギアタッカー」「ギアギアアンカー」の2体で1キルが可能になる「絆の力」、「同胞の絆」の初手率を高める「リスタート」も有力です。

 

各カード解説

 

「ギアギアーセナル」

アタッカーとして十分な攻撃力を持ち、状況によって「ギアギア」モンスターをリクルートできます。
リクルート効果を使う場合、自身は墓地に行くので「強化蘇生」などと高相性です。

リクルートは守備表示で行う点には注意が必要です。

 

「禁じられた聖杯」

「人造人間―サイコ・ショッカー」などの厄介な効果モンスター対策はもちろん、「ギアギアタッカー」「ギアギアンカー」の2体での攻撃時に使えば、総攻撃力4000を超えるようになります。

 

 

「万能地雷グレイモヤ」

1:1交換で扱いやすく、対象を取らない除去なので「マスクヒーロー」にも強いです。

 

「バージェストマ・カナディア」

汎用防御カードであり、モンスターの少ないこのデッキではアタッカーとしても活躍しやすいです。

 

「アヌビスの呪い」

フリーチェーンで、複数モンスターの攻撃を防ぐことができます。

 

 

 

 

 

今回採用を見送った相性の良いカード

 

 

エネミーコントローラー

「エネミー・コントローラー」

汎用性の高い強力なカードですが、同じくLIMIT2である「パルス・ボム」を優先しました。

 

死者への供物 デュエルリンクス

「死者への供物」

速攻魔法、フリーチェーンの除去カードなので、扱いやすいです。

ドロースキップのデメリットは大きいですが、モンスターを維持すれば毎ターンアドバンテージを得ることができるこのデッキなら、十分採用圏内です。

 

底なし落とし穴

「底なし落とし穴」

発動タイミングが限定されているものの、モンスター1体を半永久的に封じることができます。

 

イタクァの暴風

「イタクァの暴風」

複数モンスターの攻撃を防ぐことが可能な防御カードです。

 

 

一族の掟 デュエルリンクス

「一族の掟」

同じく複数モンスターの攻撃を防ぐことが可能な防御カードです。
コストさえ払えば毎ターン維持もできます。

「局所的ハリケーン」に強いのも利点です。

 

つり天井

「つり天井」

「ギアギアタッカー」「ギアギアンカー」は自身の効果で裏守備にできるので、表側表示モンスターを全破壊するこのカードと高相性です。

 

このデッキの弱点となるカード

狡猾な落とし穴

「狡猾な落とし穴」

モンスターを展開し、維持することが前提なこのデッキにとって大きな痛手となります。

このカードを筆頭に、戦闘を介さない除去には弱いです。

 

 

型にはまれば理不尽に圧倒できるのが最大の魅力だと思います。
相手によってどの防御カードを使うかが重要であり、プレイングに差が出るデッキですね。

それでは!

Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です