【デュエルリンクス】2018年6月のスキル仕様変更・リミットレギュレーション考察

Pocket

2018年6月18日~26日の間に仕様変更されるスキルと、2018年6月26日に適用されるリミットレギュレーションの考察です。

スポンサーリンク


 

 

仕様変更されるスキル考察

万丈目準「ドラゴニックフュージョン」

ドラゴニック・フュージョン

デッキに加えた「龍の鏡」を、ライフが1800減った後に、狙ってドローできるようになりました。

終盤の切り札として安定して狙えるようになり、このスキルを主軸にデッキを組みやすくなりました。

 

イシズ・イシュタール「墓地封印」

スキル 墓地封印

かなり扱いやすい墓地メタとして使える強力なスキルになりました。

デュエル中1度ですが、好きなタイミングで発動でき、スキルなので「強化蘇生」などのフリーチェーンカードのチェーンも許しません。(ドローフェイズ・スタンバイフェイズの先打ちは可)

現環境でも「ゲーテの魔導書」「アマゾネスの意地」「空牙団の烈風」「D-HERO ディバイン・ガイ」「デーモンの呼び声」「強化蘇生」や「武神器」カードなど、このスキルで封じることができるカードは多いです。

 

ゴースト骨塚「這いよるゾンビ軍団」

スキル 這いよるゾンビ軍団

こちらもかなり扱いやすく強力な種族メタスキルになりました。

「コズミック・サイクロン」などと相性が良く、現環境でも「ゲーテの魔導書」「デーモンの呼び声」や、「聖剣」カード、「武神器」カードなどに有効です。

「真紅眼の不死竜」「地獄の門番イル・ブラッド」「闇竜の黒騎士」などのアンデット族に関する効果を持ったカードとシナジーします。

 

孔雀舞「ハーピィの遺志」

ハーピィの遺志

現状、使い勝手はあまり変わりません。
今後「ハーピィ」カードが増えれば有用性は増します。

 

真崎杏子「デュエルスタンバイ」

デュエルスタンバイ

最初の自分のターンにカードの効果が使えない制約が付き、かなり弱体化しました。

「サイレント・ソードマン」「暗黒界」などの1キルのお供だったので仕方ないですね。

低速の特定のコンボを狙うデッキや、レジェンド周回などでまだまだ使えそうです。

 

「リスタート」

リスタート

スキルを使用するとドロースキップという大きなデメリットが追加されました。
代わりに手札を公開するデメリットが無くなっています。

今まではどのデッキでも使える強力な汎用スキルでしたが、今後は特定のカードを初手に引き込まなければいけないデッキでしか活躍できそうにありません。

「隣の芝刈り」を狙う「魔導書」や、「アマゾネス王女」が主力の「アマゾネス」など、幅広いデッキに影響を与えそうです。

 

「バランス」

スキル バランス

こちらも汎用スキルでしたが、モンスター・魔法・罠がデッキに6枚以上入っていないと適用されなくなり、大幅に弱体化しました。

モンスター・魔法・罠がデッキに6枚以上入っていると、初手にそれぞれ1枚ずつが確定に来るようになり、初手4枚のうち残りの1枚は比率に応じてではなく、ランダムに来るようです。

現環境では特に「聖騎士」デッキへの影響が大きいです。
また、「狡猾の落とし穴」との併用がほぼできなくなったのも大きいです。

 

「根性」

根性

発動が確率ではなくなり、発動条件が追加されました。
また、ライフ1未満にならないのがターン中ではなく、1度だけになり、デュエル中1度しか発動しなくなりました。

かなり弱体化されており、序盤の1キル対策としてはやや不安なスキルとなりました。
今後、一撃で終わらせる1キルデッキが流行すれば、再び日の目を浴びそうです。

 

万丈目準「行けおジャマ!」
闇遊戯「ディスティニー・ドロー」
ペガサス・J・クロフォード「増刷」

行けおジャマ! ディスティニー・ドロー 増刷

いずれもロック系のデッキで回復カードと組み合わせ、何度も発動を狙うスキルでしたが、デュエル中1度の制限が加わりました。

これによりロック系のデッキは大幅に弱体化し、これからはこれらのスキルはデッキ問わず、(回復カードと組み合わせるのではなく、)普通に使うことになりそうです。

 

リミットレギュレーション考察

LIMIT1

リミットレギュレーション 2018・6

「肥大化」

ロック系のデッキはこのカードの規制、スキル変更も併せて大幅に弱体化しました。

周回デッキにも影響を与えそうです。
「底なし落とし穴」「ゴーストリックの雪女」などが代わりに増えそうです。

 

LIMIT2、リミット解除

LIMIT2 エネミーコントローラーLIMIT2 薔薇恋人LIMIT2 アマゾネスの急襲LIMIT2 ディバイン・ガイ

「財宝への隠し通路」
「アサルト・アーマー」

「サイレント・ソードマン」1キルへの規制です。
スキル「デュエルスタンバイ」弱体化もあり、「サイレント・ソードマン」1キルは実質消滅となりそうです。

 

「エネミーコントローラー」

汎用カードとして圧倒的な採用率を誇ったカードがついに規制されました。

同時に「薔薇恋人」「アマゾネスの急襲」「パルス・ボム」「D-HERO ディバイン・ガイ」もLIMIT2に入っており、これらを採用する「森羅」「アマゾネス」「ギアギア」「マスクHERO」などで、「エネミーコントローラー」を採用することが難しくなりました。
対戦する時にこのカードを意識せずに済めば、プレイングにも違いが出てきます。

このカードが苦手な「デーモン」などのデッキには追い風となります。

 

「カップ・オブ・エース」
「悪魔の偵察者」

デッキ破壊で使われるカードですが、規制されました。
試合時間が長くなるデッキは規制する流れのようです。
(登場したばかりの「魔導書」はスルーのようです。)

 

「薔薇恋人」
「森羅の水先 リーフ」

手軽で強力だった「森羅」デッキの規制です。
どちらもデッキの要だったので、大幅な弱体化となります。
スキル「根性」の弱体化、「エネミーコントローラー」の規制もあり、環境上位から退きそうです。

 

「アマゾネスの急襲」

「アマゾネス」デッキのキーカードですが、規制が入りました。
「アマゾネス王女」からサーチできるのでそれ程弱体化はしませんが、「エネミーコントローラー」を採用できなくなることや、スキル「リスタート」「バランス」の弱体化により、デッキの見直しが必要です。

→規制後の「アマゾネス」デッキレシピ

 

「サイバー・プチ・エンジェル」

「機械天使」デッキへの規制ですが、「機械天使」デッキは既に環境最上位から退いていたため、何故規制されたのか分かりません。

「機械天使の儀式」「サイバー・エンジェル―茶吉尼」もLIMIT2なので、このカードの枠が無くなりそうですが、そうすると「機械天使の絶対儀式」で「サイバー・エンジェル―茶吉尼」を儀式召喚する時のレベル合わせが困難になります。

「リチュア・チェイン」「センジュ・ゴッド」「ソニックバード」の枚数を増やせば何とか回せるでしょうか…

 

「パルス・ボム」

「ギアギア」への規制です。
「ギアギア」など機械族中心のデッキは多少弱体化しました。

特に「ギアギア」はスキル「リスタート」「バランス」の弱体化もあり、デッキの見直しが必要です。

 

「D-HERO ディバイン・ガイ」

「マスクHERO」への規制です。
このカードが2枚になってもそれ程影響はありませんが、同じくLIMIT2に追加された「エネミーコントローラー」をほぼ採用できなくなったことが大きいです。

 

「レッドアイズ・スピリッツ」

リミット解除されました。
元々2枚しか採用されないことも多いカードでしたが、ようやく緩和されました。

このカードを軸に「真紅眼の黒刃竜」デッキを組むのも面白そうです。

 

スキル変更の方針についての文章はユーモアがあって面白いですね。
良い改訂ではないでしょうか。
環境の変化、特に新しいスキルの台頭が楽しみです。
それでは!

スポンサーリンク





Pocket

あわせて読みたい