“祭り”の「ダイナソー竜崎」Lv.30の使用デッキと要注意カード

Pocket

2017/9/11~2017/9/19に行われているイベント「ダイナソー竜崎の恐竜祭り」で登場するダイナソー竜崎Lv.30の使用デッキ「恐竜祭り」の構成と各カードのテキスト、要注意カードを紹介します。




祭りのダイナソー竜崎

ダイナソー竜崎Lv.30「恐竜祭り」

ダイナソー竜崎Lv.30「恐竜祭り」のデッキ構成は、以下の通りです。

 

スキル:なし

「暗黒トリケラトプス」×3

「暗黒ブラキ」×3

「大くしゃみのカバザウルス」×3

「べビケラザウルス」×3

「化石調査」×2

「時空超越」×2

「アースクエイク」×2

「化石発掘」×2

 

計20枚

 

各カードの解説

「暗黒トリケラトプス」×3

レベル6、攻撃力2400、恐竜族の効果モンスターです。

テキスト
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、
このカードの攻撃力が守備表示モンスターの守備力を越えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。

 

「暗黒ブラキ」×3

レベル4、攻撃力1800、恐竜族の効果モンスターです。

テキスト
(1):このカードが召喚に成功した時、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを表側守備表示にする。

 

「大くしゃみのカバザウルス」×3

レベル4、攻撃力1700、恐竜族のバニラモンスターです。

 

「べビケラザウルス」×3

レベル2、攻撃力500、恐竜族の効果モンスターです。

テキスト
(1):このカードが効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
デッキからレベル4以下の恐竜族モンスター1体を特殊召喚する。

 

「化石調査」×2

通常魔法です。

テキスト
(1):デッキからレベル6以下の恐竜族モンスター1体を手札に加える。

 

「時空超越」×2

通常魔法です。

テキスト
(1):自分の墓地から恐竜族モンスターを2体以上除外して発動できる。
除外したモンスターのレベルの合計と同じレベルを持つ恐竜族モンスター1体を自分の手札・墓地から選んで特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。

 

「アースクエイク」×2

通常魔法です。

テキスト
フィールド上に表側表示で存在するモンスターを全て守備表示にする。

 

「化石発掘」×2

永続罠です。

テキスト
(1):手札を1枚捨て、自分の墓地の恐竜族モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
その恐竜族モンスターを特殊召喚する。
(2):このカードの(1)の効果で特殊召喚されたモンスターは、このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り効果が無効化され、このカードがフィールドから離れた時に破壊される。
そのモンスターが破壊された時にこのカードは破壊される。

 

ダイナソー竜崎Lv.30の要注意カード

「暗黒トリケラトプス」×3

貫通効果を持つダイナソー竜崎の主力カードです。
スキル「合体魔神招来」を使用する場合、下手にモンスターをセットすると、貫通ダメージを喰らう可能性が高く、注意が必要です。

 

「暗黒ブラキ」×3、「アースクエイク」×2

こちらのモンスターの表示形式を頻繁に変更してきます。
「薄幸の乙女」「魔導獣 ケルベロス」などでは周回しづらいです。

 

→ダイナソー竜崎は「化石調査」でデッキ圧縮をしてきます。そのため、ハイスコアを狙うならこちらも数枚デッキ圧縮する必要があります。

攻守2401/2400以上のモンスターを出せば、突破されません。
そのため、周回難易度は低いです。

スキル「合体魔神招来」なら、確実にハイスコア周回できます。

 

次回はハイスコア周回デッキを紹介します。それでは!

 







Pocket

あわせて読みたい