「炎霊神パイロレクス」などの「異次元の塔 -炎の章‐」新カード考察

Pocket

2017/9/19~2017/9/28に行われているイベント「異次元の塔 -炎の章‐」のフロアクリア報酬・異次元BOXで手に入る新カードの考察です。





「異次元の塔 -炎の章‐」のフロアクリア報酬・異次元BOXで手に入る新カード

※カード名の横に()で点数をつけ、評価しています。(点数は1~10で、数字が大きい程高評価です。カード単体の強さ、汎用性、他のカードとのシナジーやコンボ性、対人戦での強さ、CPU戦での周回に利用できるかといった点から評価しています。)

 

炎霊神パイロレクス

「炎霊神パイロレクス」(UR) (6)

テキスト
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の炎属性モンスターが5体の場合のみ特殊召喚できる。
このカードが特殊召喚に成功した時、相手フィールド上のモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターを破壊し、お互いに破壊したモンスターの元々の攻撃力の半分のダメージを受ける。
「炎霊神パイロレクス」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
このカードがフィールド上から離れた場合、次の自分のターンのバトルフェイズをスキップする。

 

自分の墓地の炎属性モンスターが5体の場合のみ特殊召喚できる特殊召喚モンスターです。
5体丁度必要なため、オーバーしたら「紅蓮魔闘士」などで調整する必要があります。

5体というのはかなりの数で、「魔導雑貨商人」「針虫の巣窟」「犬タウルス」「紅炎の騎士」「炎王獣 キリン」「ポケドラ」「E・HERO フレイム・ブラスト」などを使用して積極的に墓地肥やししなければ、条件をなかなか満たせません。

条件を満たせれば高い攻撃力と除去効果&バーン効果を持ち、非常に強力です。
ただし、バーン効果はお互いにダメージを受けるため、自分ライフが少ないと除去効果&バーン効果を使用できない可能性がありあす。

場を離れるとバトルフェイズをスキップするデメリットを持ちますが、このカードで勝負を決めてしまえば気になりません。

ちなみにバーン効果はテキストに記載されている攻撃力を参照します。

現状、墓地に5体の炎属性モンスターを貯めるのはかなり大変で、専用構築が求められます。
このカードは1枚しか入手できず、「ディープ・ダイバー」「タイムカプセル」くらいでしかサーチできないため、デッキ構築難易度は必然的に高くなります。

 

 

サラマンドラ

「サラマンドラ」(SR) (4.5)

炎属性モンスター専用の装備魔法で、攻撃力が700上昇します。

上昇値は「一角獣のホーン」と同じですが、こちらはデッキトップに戻るデメリットがない反面、守備力が上がらないので一長一短です。

全体強化できる「バーニングブラッド」の存在もあり、立ち位置の微妙なカードです。

 

炎帝近衛兵

「炎帝近衛兵」(SR) (6.5)

テキスト
このカードが召喚に成功した時、自分の墓地に存在する炎族モンスター4体を選択して発動する。
選択したモンスターをデッキに加えてシャッフルする。
その後、自分のデッキからカードを2枚ドローする。

 

1700とまずまずの攻撃力と、条件を満たせば召喚成功時に2ドローできる強力な効果を持つ下級アタッカーです。

炎属性でなく炎族モンスターを墓地に4体要求するため、いかに条件を満たすかがカギとなります。
墓地肥やしのためにカードを大量消費しては本末転倒なので、墓地肥やしで使えるのはスキル「代償」「負の連鎖」「ラストギャンブル」や、「E・HERO フレイム・ブラスト」に融合召喚、「魔導雑貨商人」「針虫の巣窟」くらいのものです。

炎族モンスターはこのカードの他に、「火炎木人18」「E・HERO ザ・ヒート」「陽炎獣 ヒッポグリフォ」「火口に潜むもの」などがいますが、種類が少ないのが現状です。

効果自体はかなり優秀なので、今後カードプールが増えれば、化ける可能性は十分にあります。
また、効果の性質上、デッキ破壊には強いです。

 

 

炎の剣豪

「炎の剣豪」(R) (3)

バニラモンスターのため省略。

 

逆巻く炎の精霊

「逆巻く炎の精霊」(R) (5.5)

テキスト
このカードは相手プレイヤーに直接攻撃できる。
このカードが直接攻撃によって相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、このカードの攻撃力は1000ポイントアップする。

 

ダイレクトアタッカーで、自己強化する効果を持ちます。

2つの効果は噛み合っていて、直接攻撃の度に攻撃力が増していきます。
しかし、複数回の直接攻撃に成功しなければダメージ総量は僅かであり、数ターン場に維持しなければなりません。

「因幡之白兎」など、優秀なダイレクトアタッカーは他にもいるので、しっかりと場に維持できる構築にし、差別化を図りましょう。

 

暗黒火炎龍

「暗黒火炎龍」(N) (3)

効果なし融合モンスターのため、現状使い道がありません。

種族・属性が優秀なため、「簡易融合」「突然変異」などが実装されれば、日の目を見るかもしれません。

 

炎を喰らう大亀

「炎を喰らう大亀」(N) (3)

バニラモンスターのため省略。

 

イベント期間が1日延長されましたね。ミッション達成にはスキル「迷宮作成」が重宝します。
「ポケドラ」が可愛いですね。それでは!







Pocket

あわせて読みたい

1件の返信

  1. 2017年11月30日

    […] ードについては、「炎霊神パイロレクス」などの「異次元の塔 -炎の章‐」新カード考察の記事をご覧ください。 […]