「ドーン・オブ・ディスティニー」URカードの評価と考察

Pocket

2017/7/11に新パック「ドーン・オブ・ディスティニー」が追加されました。「ドーン・オブ・ディスティニー」収録のウルトラレアカードの評価と考察をしていきます。

スポンサーリンク


カード評価・考察

※カード名の横に()で点数をつけ、評価しています。(点数は1~10で、数字が高い程高評価です。カード単体の強さ、汎用性、他のカードとのシナジーやコンボ性、対人戦での強さ、CPU戦での周回に利用できるかといった点から評価しています。)

 

ネフティスの鳳凰神

「ネフティスの鳳凰神」(UR) (7.5)

<テキスト>
このカードがカードの効果によって破壊され墓地へ送られた場合、次の自分のスタンバイフェイズ時にこのカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚に成功した時、フィールド上の魔法・罠カードを全て破壊する。

最上級モンスターですが、専用サポートモンスター「ネフティスの導き手」で手札・デッキから特殊召喚できます。

また、「炎王獣 ヤクシャ」の被破壊時の効果や、「炎王の孤島」の(1)の効果で破壊することで、墓地を経由して特殊召喚できます。「炎王の孤島」の(2)の効果で手札から特殊召喚もできます。

重くなりますが、「陽炎獣 スピンクス」の効果による特殊召喚も狙えます。

攻守の合計が4000なので、自分ライフが4000の時、「魂のカード」でサーチできます。

効果破壊に耐性があり、次の自分のスタンバイフェイズとタイムラグがありますが、自己再生できます。そのため、「ボマー・ドラゴン」「黄泉を渡る船」「猪突猛進」「突撃指令」「道連れ」などに強いです。「王者の看破」等で召喚を無効にされても復活します。「天罰」等で自己再生効果を無効にされたら復活しませんが、魔法・罠を破壊する効果を無効にされたら復活します。「デストラクト・ポーション」「ジェネレーション・チェンジ」で好きなタイミングで破壊でき、回復や同名カードのサーチができます。

戦闘破壊には無力なので、「エネミー・コントローラー」「銀幕の鏡壁」等には弱いです。

自己再生時には強制効果で場の魔法・罠を全て破壊します。相手の伏せカードを一掃できるので、一気に攻め込めます。自分のカードも破壊するので、「荒野の大竜巻」等とコンボできる反面、「炎王の孤島」を巻き込むのでそのデメリットで再び破壊されてしまい、展開は遅れます。このカードの復活前に「炎王の孤島」を「炎王獣 ヤクシャ」で破壊したり、2枚目の「炎王の孤島」をセットできれば、展開の遅れは回避できます。
また、「銀幕の鏡壁」などの受動的なカードとの相性はあまり良くありません。

おもに「ネフティスの導き手」か「炎王の孤島」&「炎王獣 ヤクシャ」で特殊召喚を狙うことになります(もちろん両方も可)。「始皇帝の陵墓」もありますが、魔法・罠を破壊する効果と噛み合いません。

「ネフティスの導き手」は「マジカル・コンダクター」で蘇生したり、「クロス・ソウル」を併用することで簡単に条件を満たせますが、手札に来てしまった「ネフティスの鳳凰神」が死に札になりやすいのが難点です。

「炎王の孤島」「炎王獣 ヤクシャ」は「ネフティスの鳳凰神」と手札に揃えることから始まります。「魂のカード」「惑星探査車」等で素早く揃えると良いでしょう。「炎王の孤島」の(1)の効果での特殊召喚を狙う場合、展開が2ターン後になってしまいがちなのが難点です。

レベル8の炎属性モンスターなので、「燃え上がる大海」の発動条件を満たします。「怨念の魂 業火」や、「荒野の大竜巻」ともシナジーします。

効果の性質上、「悪魔の嘆き」やスキル「現世復帰の制約」には極端に弱いです。

サポートカードを駆使すれば強力で、専用デッキを組む価値があります。今後、効果破壊が増えれば、さらに強力になっていくでしょう。

死者への手向け

「死者への手向け」(UR) (7.5)

手札コストが必要ですが、裏表関係なくモンスターを除去できます。

普通に使うと2:1交換になってしまうので、タイミングを見極めたいところです。

上級モンスターや儀式モンスターなど、消費の多いモンスターを除去できれば、損失にはなりません。

「レッドアイズ」モンスター、「儀式魔人」モンスター、「コドモドラゴン」「ミンゲイドラゴン」「ハリマンボウ」「アマリリース」「サンダー・ドラゴン」などをコストにすれば、損失を抑えることができます。

レッドアイズなどのドラゴン族デッキや、手札が余りやすい「墓守」デッキ、「死霊の巣」「魔導雑貨商人」軸のデッキなどで活躍できそうです。「墓守」デッキにフル投入し、「墓守の石板」を採用する手もあります。

 

今回のミニパックは強力なカードが多く、おすすめです。次回はスーパーレアカードを考察していきます。それでは!

関連記事:
「ドーン・オブ・ディスティニー」SRカードの評価と考察 1/2
「ドーン・オブ・ディスティニー」SRカードの評価と考察 2/2
「ドーン・オブ・ディスティニー」R,N注目カードの評価と考察

スポンサーリンク





Pocket

あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. 2017年7月19日

    […] 関連記事: 「ドーン・オブ・ディスティニー」URカードの評価と考察 「ドーン・オブ・ディスティニー」SRカードの評価と考察 1/2 […]

  2. 2017年7月19日

    […] 関連記事: 「ドーン・オブ・ディスティニー」URカードの評価と考察 「ドーン・オブ・ディスティニー」SRカードの評価と考察 2/2 […]

  3. 2017年7月31日

    […] 関連記事: 「ドーン・オブ・ディスティニー」URカードの評価と考察 「ドーン・オブ・ディスティニー」SRカードの評価と考察 1/2 「ドーン・オブ・ディスティニー」SRカードの評価と考 […]

  4. 2017年9月10日

    […] 「ネフティスの鳳凰神」について詳しくは、「ドーン・オブ・ディスティニー」URカードの評価と考察の記事をご覧ください。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です