「ドーン・オブ・ディスティニー」R,N注目カードの評価と考察

Pocket

2017/7/11に新パック「ドーン・オブ・ディスティニー」が追加されました。「ドーン・オブ・ディスティニー」収録のレアカード、ノーマルカードの中から注目カードをピックアップし、評価と考察をしていきます。


スポンサーリンク


カードの評価・考察

※カード名の横に()で点数をつけ、評価しています。(点数は1~10で、数字が高い程高評価です。カード単体の強さ、汎用性、他のカードとのシナジーやコンボ性、対人戦での強さ、CPU戦での周回に利用できるかといった点から評価しています。)

 

炎王獣 ヤクシャ

「炎王獣 ヤクシャ」(R) (7)

<テキスト>
自分フィールド上に表側表示で存在する
「炎王」と名のついたモンスターがカードの効果によって破壊された場合、このカードを手札から特殊召喚できる。
また、このカードが破壊され墓地へ送られた場合、
自分の手札・フィールド上のカード1枚を選んで破壊できる。
「炎王獣 ヤクシャ」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

「炎王」モンスターなので、「炎王の孤島」でサーチできます。

攻撃力が1800と高く、破壊され墓地へ送られた場合、自分の手札・フィールド上のカード1枚を選んで破壊できます。

「ネフティスの鳳凰神」との相性は抜群で、このカードの効果で手札の「ネフティスの鳳凰神」を破壊し、復活させることができます。他にも「炎王の孤島」を「ネフティスの鳳凰神」復活前に破壊し展開を早めたり、「荒野の大竜巻」などの破壊をトリガーとするカードとコンボできます。

1つ目の効果によって、自身がカードの効果で破壊され墓地へ送られた場合に、同名カードを手札から特殊召喚できます。あまり発動機会はありませんが、あって損はない効果です。

 

紅炎の騎士
炎王獣 キリン

「紅炎の騎士」(R) (6)

<テキスト>
このカードがフィールド上に表側表示で存在する場合に
炎属性モンスターが破壊され自分の墓地へ送られた時、
デッキから炎属性モンスター1体を墓地へ送る。
また、このカードが破壊され墓地へ送られた時、
デッキから炎属性モンスター1体を墓地へ送る。
「紅炎の騎士」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

「炎王獣 キリン」(N) (6)

<テキスト>
自分フィールド上に表側表示で存在する
「炎王」と名のついたモンスターがカードの効果によって破壊された場合、このカードを手札から特殊召喚できる。
また、このカードが破壊され墓地へ送られた場合、
デッキから炎属性モンスター1体を墓地へ送る事ができる。

どちらも炎属性モンスターをデッキから墓地へ送れます。

「炎王獣 キリン」は「炎王」モンスターなので、「炎王の孤島」でサーチできます。

現状は「陽炎獣 スピンクス」の蘇生先や、デュアルデッキの「フェニックス・ギア・フリード」を落とす手段として使えるくらいです。

炎属性モンスターなら何でもいいので、今後カードプールが増えれば化ける可能性があります。

 

 

ナチュル・マロン
ナチュル・パンプキン
ナチュル・スタッグ
ナチュル・ハイドランジー

「ナチュル・マロン」(R) (6)

<テキスト>
このカードが召喚に成功した時に発動できる。
自分のデッキから「ナチュル」と名のついたモンスター1体を墓地へ送る。
また、1ターンに1度、自分の墓地に存在する「ナチュル」と名のついたモンスター2体を選択して発動できる。選択したモンスターをデッキに戻し、自分のデッキからカードを1枚ドローする。

「ナチュル・パンプキン」(N) (6.5)

<テキスト>
相手フィールド上にモンスターが存在する場合にこのカードが召喚に成功した時、
手札から「ナチュル」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する事ができる。

「ナチュル・スタッグ」(N) (6)

<テキスト>
1ターンに1度、このカードが攻撃を行うバトルステップ時からダメージ計算前までに相手が魔法・罠・効果モンスターの効果を発動した時、自分の墓地の「ナチュル」モンスター1体を選択して発動できる。選択したモンスターを墓地から特殊召喚する。

「ナチュル・ハイドランジー」(N) (6.5)

新規追加された「ナチュル」モンスター群で、それぞれの効果がシナジーしており、この4種だけで強力な「ナチュル」デッキが組めます。

「ナチュル」デッキは展開力があるのが特徴で、スキル「粉砕」を採用すれば打点不足も補えます。上級モンスターを多用するので、スキル「インチキドロー」との相性も良いです。

1ターンキルを狙いやすいデッキなので、魔法・罠を封じる「封魔の矢」や専用サポート「エクストリオの牙」の採用を検討できます。ただし、「クリボール」には注意が必要です。

低レアリティのカードばかりなので、デッキを組みやすいのも利点です。

 

ネフティスの導き手

「ネフティスの導き手」(R) (6.5)

「ネフティスの鳳凰神」専用サポートです。、「マジカル・コンダクター」「クロス・ソウル」や次パックの「黄泉ガエル」などと組み合わせることで、比較的簡単に効果を発動できます。

「ネフティスの鳳凰神」の展開手段には「炎王の孤島」「炎王獣 ヤクシャ」もあるので、両方、もしくはデッキに合った方を選びましょう。

 

炎王の孤島

「炎王の孤島」(R) (6.5)

<テキスト>
「炎王の孤島」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分メインフェイズにこの効果を発動できる。
自分の手札・フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、
デッキから「炎王」モンスター1体を手札に加える。
(2):自分フィールドにモンスターが存在しない場合にこの効果を発動できる。
手札の鳥獣族・炎属性モンスター1体を特殊召喚する。
(3):フィールドゾーンの表側表示のこのカードが、
墓地へ送られた場合または除外された場合に発動する。
自分フィールドのモンスターを全て破壊する。

フィールド魔法なので「惑星探査車」でサーチできます。

(1)の効果で、不要なカードを「炎王獣 ヤクシャ」にしたり、「キックファイア」のトリガーとすることができます。

また、手札の「ネフティスの鳳凰神」を破壊し、復活させることができます。その場合、(3)の効果で展開が遅れるので、このカードを「ネフティスの鳳凰神」復活前に「炎王獣 ヤクシャ」で破壊するなど、工夫したいところです。

(2)の効果で、「ネフティスの鳳凰神」や「赤竜の忍者」などを手札から展開できます。

「ネフティスの鳳凰神」の展開手段として便利なカードです。

 

「リボーン・パズル」(R) (6)

おもに「ウォーム・ワーム」とコンボすることで、デッキ破壊できます。

「本陣急襲」「ジェネレーション・チェンジ」などで「ウォーム・ワーム」を破壊し、このカードで蘇生することで、能動的にデッキ破壊していけます。

 

 

ゴブリンのやりくり上手

「ゴブリンのやりくり上手」(R) (7)

手札交換カードで、墓地の同名カードの数だけドロー枚数を増やせます。

複数積みが前提で、1枚目の発動は1枚の損失となります。そのため、1枚目は手札コストにしたり、「モンスターゲート」「マジカルシルクハット」などでデッキから墓地へ送ったりするのも手です。

「サンダー・ドラゴン」や、デッキにいた方が都合の良いモンスターと組み合わせれば、損失もあまり気になりません。

このカードの発動にチェーンし、「ツイスター」等でこのカードを破壊すれば、ドロー枚数を1枚増やせます。「ツイスター」等が実質「強欲な瓶」に変わるので、悪くありません。

レジェンド周回などで、パーツをデッキボトムに送れるので、手札枚数制限の負担を軽減でき、さらにキーカードの罠カードやリバースモンスターがデッキボトムにあるリスクを回避できるので、非常に便利です。

 

ヴァンパイア・ドラゴン

「ヴァンパイア・ドラゴン」(N) (6.5)

「ゴブリンゾンビ」でサーチできます。

上級モンスターですが、場から墓地へ送られると後続をサーチできるので、アド損しにくいです。攻撃力も2400と高めなので、なかなか優秀です。

サーチ効果の対象は広範囲なので、状況に合ったモンスターや、サーチしにくいモンスターをサーチできます。ただし、~時の任意効果なので、タイミングを逃しやすい点には注意しましょう。

 

魂のカード

「魂のカード」(N) (6)

厳しい条件のサーチカードですが、初期ライフで「ネフティスの鳳凰神」「秒殺の暗殺者」などをサーチできます。

ライフ増減系のスキルを使用すれば、初期ライフでサーチできるモンスターが変わるので、今後のカードによっては、特定のカードを初手に加える手段として使えるかもしれません。

ダメージを受けるとサーチが不安定で機能しなくなる可能性が高く、初動特化のカードといえます。

 

少々長くなってしまいました。「ドーン・オブ・ディスティニー」は良パックですね。それでは!

関連記事:
「ドーン・オブ・ディスティニー」URカードの評価と考察
「ドーン・オブ・ディスティニー」SRカードの評価と考察 1/2
「ドーン・オブ・ディスティニー」SRカードの評価と考察 2/2

スポンサーリンク





Pocket

あわせて読みたい

3件のフィードバック

  1. 2017年7月31日

    […] 「ドーン・オブ・ディスティニー」R,N注目カードの評価と考察 […]

  2. 2017年7月31日

    […] 「ドーン・オブ・ディスティニー」R,N注目カードの評価と考察 […]

  3. 2017年9月3日

    […] 関連記事: 「ドーン・オブ・ディスティニー」URカードの評価と考察 「ドーン・オブ・ディスティニー」SRカードの評価と考察 1/2 「ドーン・オブ・ディスティニー」R,N注目カードの評価と考察 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です