【デュエルリンクス】交換「堕天使」デッキ紹介

Pocket

スキル「光と闇の交換」で安定性を上げた「堕天使」デッキを紹介します。

「堕天使」デッキとは

墓地肥やしをし、蘇生から展開するハイビートです。

墓地肥やししつつ手札交換ができる「堕天使イシュタム」がキーカードで、墓地が肥えた後はおもに「堕天使の戒壇」から展開していきます。

「堕天使」モンスターの多くが墓地の「堕天使」魔法・罠カードの効果を適用できるため、墓地に「堕天使の戒壇」があれば蘇生、「神属の堕天使」があればモンスター効果無効&回復ができます。

総じて墓地肥やしが重要なデッキです。

ライフ回復&デッキ切れ防止を半永久的に行えるため、「ロックバーン」等に強く、「堕天使」モンスターのステータスの高さから打点の低いデッキにも強いです。

反面、「ブルーアイズ」「アンティーク」などの高打点デッキや、蘇生を封じるスキル「墓所封印」、チェーンブロックを作らず除去を行う「溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム」などには弱いです。
また、バック干渉しづらく、デッキの自由枠が少ないことも欠点となります。
 

交換「堕天使」デッキ紹介

堕天使 デッキレシピ デュエルリンクス

※エクストラデッキは任意のカードです。

デッキ解説

スキル「光と闇の交換」により、初手「堕天使イシュタム」率を上げた「堕天使」デッキです。

スキルには、

  • 「アルカナフォースEX-THE LIGHT RULER」↔「堕天使イシュタム」
  • 「The splendid VENUS」↔「堕天使スペルビア」

が対応します。

序盤は「堕天使イシュタム」「堕天使ユコバック」「ライトロード・ハンター ライコウ」で墓地肥やしをし、「堕天使の戒壇」で展開しつつ、耐久気味に戦います。

その後は相手次第ですが、場の「堕天使イシュタム」でいつでも墓地の「堕天使の戒壇」を使える状態にしてから攻めると、崩されにくいです。
 

各カード解説

「アルカナフォースEX-THE LIGHT RULER」

スキルで「堕天使イシュタム」になれる他、終盤では打点としても活躍します。
特に「アンティーク」などの高打点デッキに有効です。
 

「The splendid VENUS」

スキルで「堕天使スペルビア」になれます。
実質3300打点であり、「堕天使スペルビア」から蘇生させると強力です。
特に「アンティーク」などの高打点デッキに有効です。
 

「堕天使スペルビア」

「堕天使の戒壇」でこのカードを経由すれば、墓地の天使族モンスターを攻撃表示で蘇生できるのが魅力です。
「堕天使」モンスターで「堕天使の戒壇」を適用させると、このカードの効果はタイミングを逃す点には注意が必要です。
 

「ライトロード・ハンター ライコウ」

墓地肥やししつつ除去が行えます。
バック干渉でき、対象を取らないのも強力です。
リバースなので遅くて潰されやすく、現環境に破壊耐性持ちが多いのがやや難点です。

最後に

調整を重ねた自信作です!
「堕天使」デッキは墓地肥やしからの大量展開や相手ターンのモンスター効果発動が魅力ですね。

それでは!

Pocket

あわせて読みたい

1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です