闇バクラのドロップカード考察(ミニイベント)

Pocket

ミニイベントの闇バクラからドロップする新カードの考察です。


スポンサーリンク


闇バクラからドロップする新カード

 

ダーク・ボルテニス

「ダーク・ボルテニス」(SR)

自分がカウンター罠を発動した場合に、闇属性モンスター1体をリリースし、手札から特殊召喚でき、更に場のカード1枚を破壊します。

攻撃力が2800もあり、貴重な除去効果を持つ強力なカードです。しかし、闇属性モンスター、発動条件を満たすカウンター罠、このカードと必要なカードが3枚あり、場に出すのは見た目より難しいです。また、スキル「ハーピィの狩場」が流行しているので、カウンター罠が使いにくいのも弱点といえます。

「ゴブリンゾンビ」「魔道化リジョン」「墓守の召喚師」「冥界の使者」はリリース要員となり、カウンター罠の手札コストも確保しやすく相性が良いです。カウンター罠は「マジック・ドレイン」「天罰」「フォース・フィールド」がオススメです。

破壊効果は強制効果なので、相手の場にカードがなければ自分のカードが破壊されます。また、ダメージステップには特殊召喚できないため、例えばダメージステップに「トラップ・ジャマー」で「銀幕の鏡壁」を無効にしても、このカードを特殊召喚できないので注意が必要です。

トランス・デーモン

「トランス・デーモン(SR)

悪魔族を手札から捨ててターン終了時まで自身の攻撃力を上げる効果と、場のこのカードが破壊され墓地へ送られた時に除外された自分の闇属性モンスター1体を手札に加える効果を持ちます。

「次元合成師」と似た効果を持ちます。「ダーク・ネクロフィア」や「儀式魔人」モンスター、「死霊の巣」、「忍び寄る闇」、「決戦の火蓋」などと相性が良く、攻撃力も1500とそこそこあり、優秀です。

魔界発冥界行きバス

「魔界発冥界行きバス」(SR)

リバース時に光・闇属性以外の悪魔族モンスターをサーチできます。

今のところ「ディスクライダー」が最有力でしょうか。「X・E・N・O」や、属性が噛み合いませんが「デザート・ツイスター」もサーチできます。

タルワール・デーモン

「タルワール・デーモン」(R)

守備力が高いので、「デーモンの召喚」より扱いやすいです。「死霊操りしパペット・マスター」で蘇生できます。

魔界発現世行きバス

魔界発現世行きバス」(R)

墓地へ送られた時、墓地のモンスター1体をデッキに戻します。

どこから墓地へ送られてもよく、強制効果なのでタイミングを逃さないのが強みです。モンスターの再利用や、墓地にいると厄介なモンスターをデッキに戻すことができます。スキル「闇のウィジャ盤」対策に使えそうです。

ダーク・ジェノサイド・カッター

「ダーク・ジェノサイド・カッター」(R)

条件下で場の表側カード1枚を除外します。

効果は強力ですが、条件が厳しく、事故の元になります。「墓守」デッキなら採用できますが、有利な時に更に有利になるカードは個人的に微妙です。

 

「ダーク・ボルテニス」「トランス・デーモン」が当たりですね! それでは!

スポンサーリンク





Pocket

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です